サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

草彅剛主演ドラマ「スペシャリスト 第9話」あらすじ・ネタバレ

      2016/03/17

過去に罪を犯したにも関わらず、司法の裁きを受けなかった8人が、最後の1人になるまで互いに殺しあう「殺人トーナメント」が行われていた。裏で糸を引いていたのは、「犯罪脚本家」こと佐神稚洋(上川隆也)であると考えられた。

裏サイトの最後に現れた、クイーンの駒に書かれたアナグラムは、宅間の元妻・室町美也子(紺野まひる)であると判明。すぐさま宅間は美也子のもとへ向かう。彼女は、滞在中のホテルで、何者かに有機系の毒を盛られてしまっていた。

彼女は、人工呼吸器に繋がれ、予断を許さない状況だった。「脳に損傷がみられ、意識が戻るかどうか分からない」と医師に告げられてしまう。宅間は、佐神を逮捕すべく動き始める。

ホテルのボーイ用の制服が盗まれており、犯人はボーイになりすまして侵入したと思われた。殺人トーナメントを勝ち抜いた安西桂子(井上和香)が、警察に逮捕されて勾留中であるため、佐神自らが動いたと考えられた。だが、ホテルの防犯カメラ映像を見直すが、ボーイに扮した犯人の顔は写っていなかった。

宅間は、佐神が自分に「再戦」を挑んだのかと思われたが、なぜ自分ではなく、美也子がターゲットになったのか疑問に思う。佐神を逮捕することで、宅間はその理由を問おうと動き出す。

安西桂子は、トーナメントへ参加した経緯を語り出す。彼女に、裏サイトへのURLとパスワードが書かれており、そこに自らの過去の犯罪が書かれており、「このゲームに参加しなければ、この事実を公表する」と言われ、参加せざるを得なかったのだという。さらに、「裏サイトの管理人は恐らく男ね。頭が凄く切れる。そして、犯罪が好きで好きで仕方ないって感じだったわ」と明かす。

宅間と我妻真里亜(夏菜)は、殺人トーナメントについて洗い直し始める。最初の事件の第一発見者である交番の巡査・岸田(神谷まこと)を尋ねるが、すでに岸田は、何者かに毒殺されていた。さらに、拳銃が奪われていた。

野次馬の中に、不審な男を見つけた宅間は追跡する。その男は、死んだはずの真里亜の父・公昭だった。さらに、姉小路千波(南果歩)らは、ホテルの監視カメラ映像で、公昭が犯人の様子を見ていたと判明する。

公昭の遺体検案書では、DNA鑑定などがなされておらず、遺体は別人のものと考えられた。公昭は、爆殺されることを予見し、あえてその計画に乗る形で自らの死を偽装。公安も事件を隠蔽したのだった。

掃除夫に扮した佐神から、宅間宛てに展覧会の招待状が届く。千波は止めるが、宅間は「何か事件解決のヒントを得られるかもしれない」と、1人で向かおうとする。「どうして、そんなに強くいられるの?」と千波に言われ、宅間は自分が冤罪で投獄された際のことを語る。

「泣いて叫んで、傷ついて…そうすることで廃人になったら、それこそ”奴ら”の思う壺だ。それ以来、俺は感情をストレートに表に出すことをやめた」と言い、宅間は招待された場所へと向かう。

テレビが多く積まれ、何体ものマネキンが立っている部屋に通される。テレビには佐神が映り、「殺人トーナメントの脚本は、ボツにしたものでした。ですが、その脚本が盗まれてしまったんです。”我々”に」と明かす。

国家安全保障を目的とした勉強会で、その集まりを「我々」と呼ぶようになった。さらには、そこに犯罪者をアドバイザーとして、スカウトして集めるようになったのだという。宅間は、「毒をもって毒を制すっていうわけか」と、その目的を推察する。”我々”には、安西もスカウトされていた。”我々”は、彼らを利用し、犯罪者の心理を理解し、事件解決をしようとしていたのだった。

だが、”我々”の実験は失敗に終わる。犯罪者たちが示し合わせて逃亡。さらには、情報を全て持ち出されていた。それ以降、”我々”に関する情報を抹消する人々が現れるようになった。

宅間は、京都府警の機関紙に、コラムを書いた。ネタに困った宅間は、妻・美也子の小説を引用して文章を書いたのだった。だが、その内容が”我々”の理念である「犯罪者を利用し、その心理などを理解して事件解決する」というものであったため、宅間は”我々”に消されそうになったのだった。そして、宅間が殺害されなければ、「殺人トーナメントにピリオドは打たれない」と言う。

宅間は、佐神を追って外へ出る。だが、そこで屋上から撃たれてしまう。宅間は、左腕を撃たれながらも、屋上へと向かう。カバンを投げ、その隙に消火器でひるませ、拳銃を奪う。

殺人トーナメントの管理人、そして美也子の毒殺を図ったのは、小池智英だった。小池も雇い主によって宅間の監視、ゲームの実行を行うよう指示されていただけだった。雇い主は、警察か公安関係者であると小池は考えていた。そのことを知り、宅間の脳裏には公昭の顔が浮かんでいた。

宅間が、拳銃を向けて小池を追い詰める中、小池は屋上から飛び降りて死亡する。

次話:草彅剛主演ドラマ「スペシャリスト 第10話 最終回」あらすじ・ネタバレ

前話:草彅剛主演ドラマ「スペシャリスト 第8話」あらすじ・ネタバレ

 - スペシャリスト