サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「ドクターカー 第1話」あらすじ・ネタバレ

   

天童一花(剛力彩芽)は、医学生時代に先輩との恋愛の後、長男・一太郎(横山歩)を産んだ。だが、一太郎の父親は、一花が妊娠しているとも知らず、失踪してしまっていた。シングルマザーとなった一花は、朝城総合病院の救急センターに配属となった。

救急外来での勤務を想像していた一花だったが、彼女は理事長・朝城涼子(かたせ梨乃)に挨拶した後、病院長・田所行雄(木下ほうか)に連れられて、ドクターカーの担当チームの詰め所に案内される。

草野弥生(久保田磨希)、岡村克矢(伊東孝明)、権堂隼人(遠藤雄弥)に挨拶をするも、彼らの態度は冷ややかだった。戸惑う一花に、理事長の1人息子・勇介(中村俊介)がやってきて自己紹介を行う。

勇介は、救急センター長であり、ドクターカーの責任者だった。ドクターカーは、父親であり前医院長が自転車で患者たちのもとへ忙しく駆けまわった意思を引き継ぎ、理事長の母・涼子が導入したものだ、と勇介は説明する。

ドクターカーの理念や、「現場でドクターが手術を含めた必要な治療を行う」というコンセプトに惹かれ、一花は期待で胸を膨らませる。

その晩、一花は勇介に「決起集会」として食事に連れて行かれる。高級レストランで食事を行っていたが、そこで一花の「お金は特に求めていません」の一言に反応して、勇介は豹変する。「カネがなければ、必要な医療は提供できない。医者は稼がなければならないんだ。患者を上の立場から見下ろしていなければならない」などと言われ、一花は戸惑う。

翌日、ドクターカーは工場の爆破火災で出動する。酷い熱傷を受けた患者たちの様子に、一花は思わず足がすくんでしまう。そんな一花に「役立たずが!」と罵声を浴びせ、勇介は患者たちをドクターカーに収容して搬送するよう指示する。それは、ドクターカーを救急車として使用することに他ならず、草野や岡村たちは躊躇する。だが、口を挟むこともできず、患者たちを搬送することになる。

勇介は、病院の利益に貢献せずむしろ大きな負担となるドクターカーを「邪魔な存在」と考え、廃止に追い込もうと密かに考えていた。だが、理事長の肝入りで始めたドクターカーを表立って反対することができず、一花を雇入れ、ドクターカー構想を頓挫させようとしていたのだった。

一花は、何もできなかったことを落ち込み、息子に「ごめんね、お母さん自信がなくなっちゃって…もしかしたら、病院を辞めて、また引っ越すかもしれない」と謝る。だが、母・美奈子から「一太郎は、相撲で勝てない相手に、何度でも挑みつづけていた」と聞かされ、諦めてはいけない、と立ち向かうことを決意する。

工事現場で高所から転落した患者に対し、ドクターカーの要請がある。勇介は、再び「患者を収容して病院へ搬送する」と主張するが、一花は患者の様子を見ていた同僚が「体調が悪そうだった。喉がヒューヒュー鳴っていて。無理するなと言ったんだが、働いてしまって、ふらふらして、落ちてしまった」と話していることを聞き、「患者は高所からの落下で意識消失したのではない可能性がある。急性喉頭蓋炎による窒息で意識を失っているのだ」と考える。

その場での気管切開を提案し、勇介の搬送指示に反対する。勇介は、「俺の知らぬ内に、お前が勝手に手術をしたなら良いだろう」と良い、知らないふりを決め込むが、一花は気管切開を行い、患者の命を救う。

一花はドクターカーの存在意義を証明した形になるが、そんな成果を邪魔に思う勇介は、安住紗那(笛木優子)医師に対し、「アイツとドクターカーを潰すんだ」と命令する。

 - ドクターカー