サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「そして、誰もいなくなった 第1話」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/14

簡単なあらすじ

1) 株式会社L.E.Dのプログラマ・藤堂新一(藤原竜也)は、ネット上に拡散した画像などのデータを消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発した。

2) 公私ともに順風満帆と思われた中、藤堂は役員に呼び出され、彼と同一の「パーソナル・ナンバー」(国民1人1人に割り当てられる番号)を持つ人物が、新潟で婦女暴行容疑により逮捕されたのだと明かされる。

3) 藤堂は自宅謹慎となり、自らの「なりすまし」をしている人物がおり、そちらが偽者であると証明しようとする。だが、自らが開発した「ミス・イレイズ」により、偽者のデータが「藤堂新一」であると上書きされてしまう結果となった。

4) 藤堂は、ミス・イレイズを使用した人物を探ろうと、上司・田嶋達生(ヒロミ)にバックドアから侵入してもらおうとする。だが、その操作により、見知らぬプログラムが立ち上がってしまい、田嶋のもとへと藤堂は急いで向かう。

詳細なあらすじ

株式会社L.E.Dのプログラマ・藤堂新一(藤原竜也)は、ネット上に拡散した画像などのデータを消去することができる画期的なソフト「ミス・イレイズ」を開発した。そんな彼は、妊娠中の恋人・倉元早苗(二階堂ふみ)と結婚を目前に控えており、母・万紀子(黒木瞳)に紹介する。

公私ともに順調かに思えたが、ある日突然、藤堂は役員から呼び出される。彼と同一の「パーソナル・ナンバー」を持つ人物が、新潟で婦女暴行容疑により逮捕されたのだった。「パーソナル・ナンバー」とは、国民一人一人に割り振られた13桁の番号である。

藤堂は、意味が分からず、「複数の番号が割り当てられたミスです」と弁解する。だが、その同一番号を持つ人物は、「藤堂新一」と名乗っており、そのような偶然は考えられなかった。そのため、藤堂は会社から自宅待機を命じられてしまう。

藤堂は、総務省に勤める大学時代の友人・小山内保(玉山鉄二)に相談する。だが、「藤堂は、自分の存在を証明できるデータがどこにも存在しない」と言われてしまう。「なりすまし」をされた可能性を考え、藤堂は新潟へと向かう。

そこで、元カノである長崎はるか(ミムラ)、友人の斉藤博史(今野浩喜)らに協力してもらい、偽の藤堂新一が、周囲に話していた経歴まで似せているのだと明らかになる。さらに、小山内に偽・藤堂新一の画像を送ってもらい、その画像をもとに、偽者の本名を調べる。結果、「川野瀬猛」という人物であると判明する。

藤堂は、警察にその「川野瀬猛」なる人物が、自分になりすまししていると訴え出る。だが、ミス・イレイズによって「川野瀬猛」の人物情報は消されてしまい、川野瀬のデータは、藤堂新一として上書きされてしまうのだった。

藤堂は、部下に頼んで社内に入れてもらう。そこで、部下のIDでミス・イレイズのログを見ようとするが、管理権限が操作され、ログインできなかった。そこに、人事部の田村がやってくる。藤堂に「2億円の着服の疑いがある」と話す田村に、堪らず藤堂は「そんなことしていない!」と掴みかかる。田村は、警備員を電話で呼び、藤堂は彼を押しのけてしまう。結果、田村は頭を打って怪我してしまうのだった。

藤堂は、上司・田嶋達生(ヒロミ)を頼って、バックドアから侵入し、裏ログを見てもらうよう依頼する。だが、「バックドアから侵入しようとしたところ、裏ログを覗くことができなかった」と、田嶋から連絡を受け、藤堂は田嶋のもとへと向かう。

Huluならすぐに放送済みエピソードが観られます。

次話:「そして、誰もいなくなった 第2話」あらすじ・ネタバレ

 - そして、誰もいなくなった