サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「ワールド・オブ・ライズ」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) CIAのエージェントであるロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、中東での常に死と隣り合わせの任務についており、イラクでテロ組織のリーダーであるアル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を追っていた。

2) フェリスは、上司のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)から指示を受け、ヨルダン総合情報部(GID)の長官ハニ・サラーム(マーク・ストロング)に会う。フェリスはハニの信頼を得ようとしていたが、ホフマンのハニの計画を妨害するような行為によって、「12時間以内にヨルダンを出ていけ」と言われてしまう。

3) フェリスは帰国後、アル・サリームをおびき出すような作戦を実行する。だが、そんな中、ヨルダンで親しくなった女性・アイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)が誘拐されてしまう。誘拐犯から呼び出され、フェリスは単身で指定場所へと向かう。拷問を受け、殺害されそうになる中、ハニの部下たちがテロリストを倒し、アル・サリームの身柄を確保するのだった。

4) アイシャが誘拐されたかのように見せかけたのは、ハニだった。フェリスは、ハニの作戦に利用されただけだった。フェリスは、昇進した上でアメリカで働くことをホフマンから提案されるが、拒否する。ホフマンは、フェリスを衛星映像で監視していたが、フェリスがアイシャのもとへと向かうのを見て、監視することをやめるのだった。

起:アル・サリーム追跡

CIAのエージェントであるロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、中東での常に死と隣り合わせの任務についていた。そんなフェリスに、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は、アメリカから指示を送る。

フェリスは、イラクでテロ組織のリーダーであるアル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を追っていた。その手がかりを掴むミッションの中で、フェリスの仲間バッサーム(オスカー・アイザック)が命を落とす。

フェリスもまた負傷し、カタールで治療を受けていた。そんなフェリスに、ホフマンは次なる指令を容赦なく出す。フェリスは、ヨルダン総合情報部(GID)の長官ハニ・サラーム(マーク・ストロング)に会うよう指示される。サラームは、共同作戦を行うフェリスに、「ウソをつかないで欲しい」と要求する。

承:追放

フェリスは、テロリストを追う中で、犬に噛まれる。その治療のために訪れたクリニックで、看護師のアイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)と知り合う。そして、CIAという身分を隠し、彼女とデートをするようになる。

ハニは、テロリストの一味であるムスタファ・カラミを買収し、スパイにする。ホフマンは、カラミの身柄引き渡しを要求するが、ハニは拒否する。CIAのエージェントは、カラミを誘拐しようとするが、失敗した。結果、フェリスはハニに「12時間以内にヨルダンを出ていけ」と言われてしまう。

転:作戦

フェリスは帰国し、アル・サリームとコンタクトをとる計画を思いつく。その計画とは、テログループをでっち上げ、そのグループが重大なテロを起こそうとしている、という情報を流し、アル・サリームが接触してくるのを待つというものだった。

フェリスは、オマール・サディキ(アリ・スリマン)という建築家を、テロ組織のリーダーであるかのようにでっち上げる。そしてアメリカのインジルリク空軍基地でテロが起きたかのように見せかける。

サディキは、アル・サリームによって拉致される。サディキは、テロとの関わりを否定するが、アル・サリームはしつこく尋問し、フェリスによってテロリストであるかのように見せかけられた、と明かす。結果、サディキは殺害されるのだった。

フェリスは、アパートに戻ると、交際を始めたアイシャが誘拐されたことに気づく。彼は、ハニに救いを求めるが、ハニは拒否する。

フェリスは、誘拐犯からの連絡を受け、1人で指定された場所へと向かう。CIAは、彼を衛星映像で監視していたのだが、複数のクルマで巻き上げられた砂塵で、フェリスを見失ってしまう。

結:フェリスの選択

フェリスは、シリア国境に拉致され、アル・サリームのもとへと連れて行かれる。そして、誰が裏切り者なのか、と尋問する。さらには、フェリスを殺害する前に、ハンマーで二本の指を潰すのだった。

アル・サリームによって、フェリスの殺害指示が下された直後、ハニの部隊が飛び込んできて、テロリストを殺害し、フェリスを救助する。そして、アル・サリームは身柄を拘束されたのだった。

ホフマンは、入院しているフェリスに、ハニがアイシャを誘拐されたかのように見せかけ、アル・サリーム拘束のための作戦に利用したと明かす。フェリスの身柄引き渡しを仲介したのはカラミであり、フェリスの居場所が分かったのも、カラミがいたからだった。そして、アイシャは、ハニの手下によって移動させられただけであり、自分が誘拐されたとすら知らないのだった。

ホフマンは、フェリスに昇進した上で、「オフィスで仕事をしろ」と言う。だが、フェリスはその申し出を断る。ホフマンは、フェリスを衛星映像で監視していたが、フェリスがアイシャのもとへと向かうのを見て、監視することをやめるのだった。

 - 洋画