サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) 22年前、世間を賑わせた被害者5名の連続殺人事件。その犯人として曾根崎雅人(藤原竜也)が名乗り出る。彼は、告白本を出版し、テレビ番組に出演するなど、大きな反響を呼ぶ。

2) そんな中、元戦場ジャーナリストで、現在は報道番組『NEWS EYES』のキャスターを務める仙堂俊雄(仲村トオル)は、曾根崎を番組に出演させ、犯人ではないのではないか、と疑問点をぶつける。そんな中、真犯人を名乗る男が、曾根崎たちと共演させるよう要求する。

3) 真犯人は、殺害した女性の新たな映像を持参する。その映像では、牧村里香という女性が殺害されていた。その映像を観て、曾根崎は真犯人に掴みかかってしまい、自らが犯人ではないと認める。そして、里香の兄・牧村航(伊藤英明)刑事は、里香の婚約者・曾根崎とともに、真犯人をおびき寄せるため、今回の告白本を出版したと明らかにするのだった。曾根崎は、整形手術で顔を変えてまで計画を実行に移した。ところが、「真犯人」と名乗る男は替え玉であると判明する。

4) 曾根崎は、自分が里香の婚約者だったことを知っていた仙堂キャスターが真犯人であると気付く。そして、仙堂に復讐を果たそうと殺害を試みるが、牧村刑事は止める。仙堂が新たに明らかにした映像により、里香を殺害したのは時効が撤廃された日であると判明したためだった。

5) 仙堂は、心神喪失状態にあると判断され、医療施設に隔離されることとなった。ところが、仙堂に組長を殺害された組員は、清掃員を装って施設内に侵入、仙堂を刺殺するのだった。

ここがポイント

22年前の連続殺人事件の犯人と名乗り出た曾根崎雅人(藤原竜也)は、実は被害者の婚約者だった。婚約者の兄・牧村航(伊藤英明)とともに、真犯人をおびき寄せるため、「告白本」を出版し、犯人と名乗り出たのだった。

真犯人は、番組でも曾根崎に疑いの目を向けた、元戦場ジャーナリストで、現在は報道番組『NEWS EYES』のキャスターを務める仙堂俊雄(仲村トオル)だった。時効を迎えたはずの事件は、実は「改正刑事訴訟法適応」の日に行われており、時効とはならず、仙堂は逮捕される。そして、被害者の関係者によって復讐され、仙堂は命を落とす。

詳細なあらすじ

22年前、連続殺人事件が起こって世間をにぎわせていた。その事件はすでに時効を迎え、曾根崎雅人(藤原竜也)が「私が殺人犯です」と名乗り出る。曾根崎の告白は、大々的にテレビで放映され、大きな反響を呼ぶ。曽根崎は、自らの犯行を手記にし、出版した。その本は瞬く間にベストセラーとなり、曾根崎は多くのテレビ番組に出演するようになる。

刑事の牧村航(伊藤英明)は、そんな曾根崎の動向を見ていた。彼は、刑事として連続殺人の犯人を追っていた。そんな中、上司を目の前で殺害され、それを目撃していたのだった。牧村刑事は、犯人を取り逃がしていた。連続殺人の犯人は、必ず被害者を絞殺し、さらにその様子を身内に目撃させていた。

曾根崎に、元戦場ジャーナリストで、現在は報道番組『NEWS EYES』のキャスターを務める仙堂俊雄(仲村トオル)が出演オファーを申し入れる。曾根崎はそのオファーを受け、生放送番組に出演することとなった。

仙堂は、曾根崎に「本に書かれていないことがる」と指摘する。それは、牧村刑事の妹が行方不明になっており、その行方や、そもそもの犯行動機であった。仙堂は、その疑問点を突きつけるのだった。

さらに、「真犯人」からネット上に投稿された動画を提示し、曾根崎が犯人というのは疑わしいと指摘する。その動画には、牧村刑事の上司がアパートで爆殺された様子が映っていた。

真犯人は、曾根崎、牧村刑事、仙堂キャスターの3人を同席させ、番組に出演することを要求する。その要求は飲まれ、後日に4人は出演する。だが、真犯人は顔を隠されていた。真犯人は、ネット動画以外の映像を持参していた。

その映像には、爆破されたアパートの屋上で、牧村刑事の妹・里香(石橋杏奈)が真犯人によって絞殺される様子が映されていた。その映像を観て、思わず曾根崎は真犯人につかみかかってしまい、ついに自らが犯人ではないと明らかとなってしまうのだった。さらに、その真犯人と名乗る人物は、真犯人に依頼されて登場した替え玉であると明かすのだった。

その後、牧村刑事は、「22年目の告白」や、告白本の出版は、自分と曾根崎が犯人を炙り出すために画策したことであると明かす。曾根崎の正体は、牧村刑事の妹・里香の婚約者、小野寺拓巳であった。

小野寺は整形手術で自らの顔を変え、牧村に「告白本」を書かせた上で「自分が犯人」であると名乗り出たのだった。ついに真犯人をおびき寄せることに成功したが、またも取り逃がしてしまった。

ところが、曾根崎は番組出演であることに気づく。自身が里香の婚約者であることは、牧村刑事以外、知りえない情報であった。それを仙堂が知っているのはおかしい。つまり、仙堂こそが真犯人であると曾根崎は考えた。

仙堂が別荘にいると、そこに曾根崎が現れる。そして、仙堂こそが犯人である、と指摘するのだった。仙堂は自白し、里香を殺害した状況について話す。その話に怒りで我を忘れた曾根崎は、仙堂を殺害しようとする。

だが、仙堂の乗ってきたクルマのGPSを追跡してやってきた牧村刑事は止めるのだった。牧村刑事は、仙堂が替え玉を使って見せた映像を観て、「時効を迎えていない」と気づいたのだった。東京タワーのライトが消されており、改正刑事訴訟法が適応となった日に殺害が行われていた、つまりは仙堂の行った犯行は、時効を迎えることはない、と指摘するのだった。

仙堂の別荘の裏山で、里香の遺体は発見される。結果、仙堂は逮捕されるのだった。仙堂は、戦場で親友を目の前で殺害され、その体験により凶行へと走らされるようになった、と自供するのだった。

仙堂は、心神喪失状態にあると判断され、医療施設に隔離されることとなった。ところが、仙堂に組長を殺害された組員は、清掃員を装って施設内に侵入、仙堂を刺殺するのだった。

 - 邦画 ,