サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「藁の楯」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 元・経団連会長の資産家である蜷川隆興(山崎努)は、孫娘を清丸国秀(藤原竜也)に殺害される。そこで、復讐のため、蜷川は、「清丸を殺した者に懸賞金10億円を出す」と発表するのだった。

2) カネのため、多くの人々が清丸の命を狙う。そこで清丸は恐れおののき、警察に出頭することにした。逮捕された清丸を、福岡から東京へと移送する必要があり、移送メンバーとして警視庁警護課・銘苅一基(大沢たかお)、白岩篤子(松嶋菜々子)、警視庁捜査一課・神箸正樹(永山絢斗)、奥村武(岸谷五朗)らが集められる。

3) 警察内部にも内通者がおり、ついに警察は「清丸が銘苅と白岩を人質にとって逃亡中」と発表し、射殺許可を出すのだった。そんな中、銘苅刑事は清丸を守り続ける。

4) 警視庁に到着すると、蜷川が登場し、仕込み杖で清丸を狙う。清丸は、その仕込み杖を取り上げ、蜷川に向かう。そこで、銘苅は、身を挺してそれを庇うのだった。清丸は取り押さえられ、死刑判決を受ける。銘苅は、白岩刑事の息子を引き取ることにするのだった。

詳細なあらすじ

少女を暴行した末に殺害した、清丸国秀(藤原竜也)は逮捕・服役した後、仮出所中にも関わらず、再び別の少女を暴行・殺害する。被害者は、元・経団連会長の資産家である蜷川隆興(山崎努)の孫娘だった。

蜷川は復讐のため、全国紙の全面広告などを通じて、「清丸を殺した者に懸賞金10億円を出す」と発表するのだった。結果、清丸は潜伏先の福岡で匿ってくれていた人物に命を狙われる。結果、清丸は命の危険を感じて、負傷しつつ出頭する。一方、蜷川にも殺人教唆で逮捕状が出ていたが、逃走していた。

逮捕された清丸は、東京へと移送する必要があった。そこで、警視庁警護課・銘苅一基(大沢たかお)、白岩篤子(松嶋菜々子)、警視庁捜査一課・神箸正樹(永山絢斗)、奥村武(岸谷五朗)らが移送メンバーとして結成された。

清丸は、留置場でも警察官に襲撃され、負傷していた。さらには、入院していた病院でも看護師に殺害を試みられようとしていた。そんな中、福岡県警の関谷賢示(伊武雅刀)を加え、彼らは移送を開始するのだった。

飛行機は、蜷川の手によって使用できず、陸路を使用するかなかった。5台用意された護送車を、100台のパトカーが追尾する状況で護送が行われる。そんな最中、渋滞が起きた高速道路で、ニトログリセリンを大量に積んだタンクローリーによって、清丸は襲撃される。

清丸は無事であったが、その後、機動隊員に襲撃される。銘苅は、防弾チョッキに被弾しながらも清丸を守る。そこで銘苅は、護送車を走らせる一方で、清丸は新幹線で移送するという作戦を立てる。

ところが、清丸の位置情報がネット上には流れていた。神箸刑事(永山絢斗)は、内通者の存在を疑うのだった。新幹線内では、ヤクザにより銃で襲撃される。そこで神箸刑事は殉職するのだった。また、子供を人質にして清丸を差し出すように言う男まで出現し、関谷賢示(伊武雅刀)刑事はやむなく射殺する。そのため、関谷刑事は移送メンバーから離れるのだった。

白岩刑事は、「このクズのために、何人も死んでる。銃が暴発したとして殺す」と提案するが、奥村刑事は拒否する。そんな中、線路内の障害物でそれ以上進むことができず、静岡で降りざるを得なかった。

銘苅刑事は、車を停まらせて乗車をさせてもらう。だが、その運転手は、清丸に娘を殺害された父親だった。銘苅刑事は、そんな父親の襲撃を阻止する。さらには、清丸の位置が特定されていたのは、奥村が発信機によって流していた情報であると判明し、奥村が移送メンバーから離脱する。

さらに、警察は「清丸が銘苅と白岩を人質にとって逃亡中」と発表し、射殺許可を出すのだった。そこで、銘苅刑事・白岩刑事たちはタクシーのトランクに清丸を入れ、検問を突破する。

警視庁が近づく中、清丸が白岩刑事を殺害する。銘苅は激怒し、清丸を激しく殴りつけるが、移送を続ける。

警視庁前で、蜷川が登場し、仕込み杖で清丸を狙う。清丸は、その仕込み杖を取り上げ、蜷川に向かう。そこで、銘苅は、身を挺してそれを庇うのだった。

清丸は取り押さえられ、死刑判決を受ける。清丸は裁判の場で「もっと犯罪を犯すべきだった」などとつぶやく。銘苅は、白岩刑事の息子を引き取ることにするのだった。

 - 邦画