サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「海底47m」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) リサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)は姉妹で、ある日、姉のリサはボーイフレンドに振られてしまう。そんな姉・リサを励ますため、ケイトはメキシコ旅行を提案する。

2) メキシコで、ケイトたちは、ルイスとベンジャミンという男性に会う。彼らは、ケイトたちに「ケージダイビング」を勧める。それは、檻の中に入ってダイビングするというものであり、周りにはサメがいるのを見て楽しむ、というものだった。

3) リサとケイトは、ケージダイビングをすることになる。だが、その途中、ケージと船をつなぐロープが切れてしまい、彼女たちは海底である47 m下に落下してしまう。彼女たちは、船長のテイラーと無線でやりとりをしながら、救助を待つことになったのだった。一度はロープをケージに繋ぎ、引き上げてもらうことになったのだが、ふたたびロープは切れて海底へ落下してしまう。

4) リサは、ケージと海底に脚を挟まれてしまい、身動きができなかった。ケイトは、ボンベを拾いにケージの外から出てしまう。結果、彼女はサメに襲われてしまうのだった。リサは、スキューバギアを使って脚を引き抜き、ケージの外へ出て妹を救う。そして彼女たちは、テイラーたちに救助され、船の上にたどり着く…という幻覚を見ていた。

5) リサは、ケージに脚を挟まれたままだった。低酸素状態と窒素酔いにより、リサは幻覚を見ていたのだった。リサは、沿岸警備隊に救助され、ようやく正気を取り戻す。そこで、ケイトがサメに殺されたのではないかと思い、泣きながらケイトの名前を呼ぶのだった。

詳細なあらすじ

リサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)は姉妹で、ある日、姉のリサはボーイフレンドに振られてしまう。妹のケイトには秘密にしていたが、一人で泣いていたところを見られてしまい、リサは打ち明ける。

傷ついた姉のリサを励ますため、ケイトはメキシコ旅行を提案する。その中で、ケイトたちは、ルイスとベンジャミンという男性に会う。彼らは、ケイトたちに「ケージダイビング」を勧める。それは、檻の中に入ってダイビングするというものであり、周りにはサメがいるのを見て楽しむ、というものだった。

リサは躊躇していたが、ケイトに押し切られるようにして、ケージダイビングを行うことになった。古びた船に乗ったテイラーが現れ、まずはルイスとベンジャミンがケージダイビングを行うことになった。その後、リサとケイトは檻に入り、ダイビングを行うこととなった。

だがその途中、ケージをつなぐロープが切れてしまい、リサとケイトは、海底である47 m下に落下してしまう。怒り出したリサを、ケイトはなだめ、無線でテイラーに連絡しようとする。だが、無線を通じず、ケージから出て、少し泳ぐ必要があった。テイラーは、ケイトに「ケーブルをハビエルが持って送るから、それをつないでまた海面に引き上げる」と言う。そして、「周囲にはサメがいるから、ケージの中にいるように」と指示する。

その後、懐中電灯の光が見えたため、ハビエルがロープをもってきたのだと思う。リサは、酸素残量が低下していたため、ケイトがハビエルを迎えに行こうとする。だが、その途中、サメが突如として現れたため、リサは洞窟に逃げこむ。その後、再び懐中電灯の光の方に向かうが、そこにハビエルの姿はなかった。彼はサメに殺されたようだった。

リサは、ハビエルの遺体の一部を見つけ、ケーブルを発見する。そのケーブルをケージの上部に取り付け、無線でテイラーに引き上げるよう言う。だが、再び途中でケーブルが切れ、海底へと沈んでしまう。結果、リサの足はケージに挟まれてしまうのだった。

ケイトは、酸素残量が少なくなったことをテイラーに伝える。テイラーは、「新たなボンベを送る」と言い、さらには「低酸素状態と窒素酔いが続くと、幻覚を見ることがある」と伝える。

ケイトは、タンクが下りてきたのを見つけ、それをとりに行く。だがその途中、サメに襲われてしまうのだった。ケージの近くに、ケイトが持っていたタンクが落ちた。リサの酸素タンクの残量はほぼなくなり、警告音が鳴っていた。

リサは、スピアガンを使ってタンクを引き寄せようとするが、誤って手を傷つけてしまう。痛みをこらえながら、リサはスピアガンでタンクを引き寄せる。そんな中、無線でケイトが助けを求めてくるのだった。

リサは、スキューバギアを用いてケージを持ち上げ、ケージから脚を引いて脱出することができた。テイラーは、助けに行くと言っているのだが、それでは間に合わない、とリサはケイトを助けに行く。ケイトはサメによって脚を傷つけられ、リサはサメを追い払いつつ、救助を待っていた。

そんな中、テイラーたちが現れてリサとケイトを船に連れ帰る…という幻覚をリサは見ていた。リサは、低酸素と窒素酔いにより、ケイトとともに助かった、という幻覚をケージの中で見続けていたのだった。そこでリサは、テイラーの無線の声を聞く。リサは、ケージに脚を挟まれたままだった。テイラーは、沿岸警備隊がもうすぐ助けにいく、と伝える。

リサは幻覚を見ていたのだが、沿岸警備隊が現れ、救助されたことで、次第に意識を取り戻していた。そこでリサは、ケイトがサメに殺されたのではないかと思い、泣きながらケイトの名前を呼ぶのだった。

 - 洋画