サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「ルイの9番目の人生」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 9歳の少年・ルイは、たった9年の人生で9回も命を落としかけた。そしてついに、崖から転落し、昏睡状態に陥るのだった。彼の父・ピーターは行方不明であり、警察は、彼が何らかの事情を知っていると考え、捜索していた。

2) ルイの母親ナタリーに同情するアラン・パスカル医師は、彼女へと次第に惹かれていく。そして、ついには一線を越えてしまう。だが、そんな彼のもとにルイの名前で出された脅迫状が届く。

3) ピーターの母親は、ナタリーが嘘つきであり、あまり深入りすべきでないとアラン医師に警告する。そんな中、脅迫状の筆跡がアラン医師のものと一致していることが判明するのだが、アラン医師は身に覚えがなかった。アラン医師は、ルイが夢の中で自分を操っていると思い始めるようになる。

4) アラン医師は、ルイの夢の中に入り込み、コミュニケーションを図る。その中で、ナタリーがルイをこれまで何度となく瀕死の危険な目に遭わせ、さらにはピーターを崖から突き落として殺害したことが明らかになる。ルイは、昏睡状態の夢の中で、父親のピーターと一緒に過ごしていた。

5) ナタリーは、ミュンヒハウゼン症候群(周囲の関心や同情を引くため、子供の病気を装う疾患)であると診断され、入院することになる。そして、彼女はアランの子供を身ごもっていた。

6) ルイは、昏睡状態から覚めなければ、父親であるピーターとずっと一緒にいられるので、その状態のままでいるべきかどうか考える。だが、ピーターは「世界は美しい。目を覚まし、成長して自分の人生を送るべきだ」と伝える。ルイは昏睡状態から覚めるのだった。

詳細なあらすじ

9歳の少年ルイ・ドラックスは、たった9年間の間に9回も命を落としかけた。彼は、両親とのピクニックの間、崖から転落した。だが、彼自身、なぜ落下したのか分からなかった。

ルイは過去に、精神科医のペレス医師によるカウンセリングを受けていた。そこで、ルイは過去に人間不信になったり、ペットのハムスターを殺したりしたことが明らかになる。そして、ルイはそのことに何も悪びれてはいなかった。

ペレス医師は、ルイの父親ピーターと、母親ナタリーに何か問題があるのではないか、と疑う。夫婦関係が悪く、ピーターは元妻と隠れて会うなどしていた。ナタリーは、ペレス医師に夫婦関係についてとやかく言われたくないと思い、治療終了を一方的に告げる。

ルイは崖から転落し、死亡が確認されたものの息を吹き返す。死体安置所で目を生き返った彼は、昏睡状態のまま入院することとなった。父親のピーターは行方不明となっており、彼が容疑者として警察は追っていた。

ルイのことに興味を持ったアラン・パスカル医師は、主治医となる。アラン医師も結婚しているにも関わらず、彼はルイの母親ナタリーに惹かれてしまい、キスをする。直後、ルイは「お父さん」とつぶやくのだが、再び昏睡状態に陥る。

ナタリーとパスカル医師宛に、ルイの名前で出された脅迫状が届く。ダルトン刑事は、その脅迫状を父親のピーターが出したものと断定する。

さらに、ダルトン刑事はアラン医師に、「ナタリーに関わるな」と警告する。そして、「ルイは、ピーターの本当の子供ではなく、ナタリーはルイを養子に出そうとしていた」と明かすのだった。ナタリーは、「ルイは他の男にレイプされて生まれた子供なの」と明かすと、アラン医師はついに肉体関係をもってしまうのだった。

ルイの見舞いに訪れたピーターの祖母ヴァイオレットは、アラン医師に「ナタリーは不安定で、嘘つき」であるという。その後、ピーターの遺体が崖の底で発見されたことを明かす。

ルイが昏睡状態にありながら、うわ言を言っていた。そのうわ言は、起きている出来事を見てきたかのように表していた。アラン医師が、ルイの傍らでついうたた寝いた時、夢を見る。それは、奇妙な生き物とルイが会っているというものであり、その生き物は洞窟の中で海藻が巻き付いていた。その状態はまさに、ピーターの遺体が発見された時の様子だった。

昼寝から覚めると、アラン医師は同僚から「ナタリーに危険な量のインスリンとクロロホルムを処方しているぞ」と指摘される。脅迫状の筆跡は、アラン医師のものと判明したこともあり、彼はルイが夢で自分のことをコントロールしているのではないかと考え始める。

アラン医師は、ペレス医師と協力し、夢を通じてルイとコミュニケーションをとることを試みる。ルイは、ピクニックの間に何が起こったのか明らかにする。ナタリーは、ルイにキャンディーを与えようとしたが、ピーターには与えようとしなかった。そこでピーターは、ナタリーがルイに害を及ぼそうとしているのではないかと考え、口論になったのだった。

ルイは夫婦喧嘩から逃れるように崖の端へと向かった。ピーターとナタリーは彼を追い、ナタリーはピーターを崖から突き落としたのだった。ルイはこれを目撃してしまい、自ら崖から落ちたのだった。それまでにも、ナタリーはルイに毒入りキャンディーを与えようとしたり、枕で窒息死させようとしていたのだった。

ここでルイの心臓が止まり、アラン医師は蘇生を試みる。ナタリーが見ている中、アラン医師は心拍再開することに成功する。

しばらくして、アランは妻と離婚した。一方、ナタリーはペレス医師の治療を受けながら入院していた。ペレス医師は、アラン医師に「ナタリーはミュンヒハウゼン症候群だ」と明かす。ミュンヒハウゼン症候群とは、周囲の関心や同情を引くため、子供の病気を装う疾患だった。ナタリーは、ルイを瀕死の状態にすることによって、気を惹いていたのだった。ナタリーは、アランの子供を妊娠していた。

ルイは、昏睡状態から覚めなければ、父親であるピーターとずっと一緒にいられるので、その状態のままでいるべきかどうか考える。だが、ピーターは「世界は美しい。目を覚まし、成長して自分の人生を送るべきだ」と伝える。ルイは昏睡状態から覚めるのだった。

 - 洋画