サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 1980年代初頭、イスラエルの冒険家ヨッシー・ギンズバーグは、ボリビアに向かって、アマゾンの熱帯雨林を旅していた。ヨッシーはマーカス・スタム、ケヴィン・ゲイル、カール・ルフプレクターに出会う。

2) 彼ら4人は、ボリビアのジャングル内を探検していた。そんな中、マーカスは足を怪我して、カールとマーカスは探検を終え、ラパスへと戻ることを決める。だが、ヨッシーとケヴィンは探検を続けていた。

3) ヨッシーは川に流され、ケヴィンは地元住民に救助される。ケヴィンはヨッシーの生存を信じて地元住民に力を借りて捜索を続けた。結果、ヨッシーは弱った状態で発見されるのだった。

4) ボリビアへと戻ろうとしていたカールとマーカスは、再び姿を現すことはなく、カールは当局による捜索が行われていた。

詳細なあらすじ

1980年代初頭、イスラエルの冒険家ヨッシー・ギンズバーグは、ボリビアに向かって、アマゾンの熱帯雨林を旅していた。そこで彼は、スイスの教師であるマーカス・スタム、マーカスの友人でアメリカの写真家であるケヴィン・ゲイルと出会う。

ラパスに到着したヨッシーは、幻のインディアン部族を探しているというオーストラリア人カール・ルフプレクターに出会う。ヨッシーはカールを信じ、マーカス、ケヴィンとともにジャングルの中を探検しようと提案する。

ヨッシー、マーカス、ケヴィン、カールは、数日間ジャングルをさまよった。マーカスが足を怪我して、ヨッシーは彼が離脱するべきだと考えた。カールとマーカスは探検を終え、ラパスへと戻ることを決める。

ヨッシーとケヴィンは探検を続ける。そんな中、ヨッシーは川に流されてしまった。ヨッシーは次第に生き残る希望を失い始めてしまう。一方、ケヴィンは地元住民によって発見され、ルレナバケへと連れて行かれた。

ケヴィンは、ヨッシーがジャングル内で遭難していると告げ、救助を呼びかける。飛行機でヨッシーを捜索しようとするのだが、発見できなかった。だが、ケヴィンはヨッシーが生きていることを信じていた。

ケヴィンは、地元住民の助けを借り、ボートでヨッシーを探していた。そしてついに、弱っていたヨッシーを発見するのだった。カールとマーカスは再び姿を現すことはなく、カールは当局による捜索が行われていた。

 - 洋画