サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「ダブル/フェイス」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 医師同士の夫婦であるブライアン(ニコラス・ケイジ)とアンジェラ(ジーナ・ガーション)は、何度か流産した末、ドナーから卵子の提供を受け、娘・コーラを授かった。

2) アンジェラは、シングルマザーのケイティ(ニッキー・ウィーラン)と知り合って親しくなる。そこで、アンジェラはケイティにベビーシッターを依頼するようになる。一方、ケイティはアンジェラの生活に憧れ、ブライアンを誘惑したりしだすのだった。

3) アンジェラは、娘・コーラと同じドナーの卵子を用いて、代理母・リンダに依頼して第二子を授かろうとしていた。ケイティは激しく動揺し、そしてリンダを殺害する。そのことを知らないアンジェラは、ケイティに代理母を依頼するのだった。

4) ケイティは妊娠するが、次第にアンジェラは彼女に不信感を抱く。調べる内にアンジェラは、ケイティが娘・コーラのドナーなのではないかと考え、わが子コーラ、そしてケイティの娘・マディのDNA検査を行う。

5) 結果、2人は遺伝的に関連があることが判明した。ケイティは、卵子ドナーであり、その卵子から生まれたマディの本当の両親を殺害し、マディを奪っていたのだった。ケイティは逮捕・投獄され、生まれたガブリエル、そしてコーラ、マディとともにブライアン・アンジェラ夫妻は幸せに暮らすのだった。

詳細なあらすじ

泣いている子供を抱く女性は、男性を殺害する。その4年後、医師同士の夫婦であるブライアン(ニコラス・ケイジ)とアンジェラ(ジーナ・ガーション)は、何度か流産した末、ドナーから卵子の提供を受け、娘・コーラを授かった。子育てをするため、アンジェラは休業していた。

ある日、アンジェラは公園でシングルマザーのケイティ(ニッキー・ウィーラン)と知り合う。娘同士も仲良くなったこともあり、アンジェラはケイティと親しくなる。

ケイティは、「夫は娘を虐待したから、離婚した」と言うが、それ以上詳しくは話していなかった。そんな彼女は、なぜか写真を撮られるのを嫌がった。また、ブライアンの母・ドナ(フェイ・ダナウェイ)は、不明な点の多いケイティのことを不審に思い、嫌っていた。

アンジェラは、再びドナーの卵子を使って妊娠しようとしていたが、流産してしまう。傷ついたアンジェラは、ケイティにベビーシッターを依頼することになったのだった。

ある晩、ケイティはブライアンが見ていることを知りながら、裸でプールに入る。ブライアンは、その誘いに乗らなかった。一方、アンジェラはパートで病院勤務に戻ることにしたのだった。

ケイティは、アンジェラとブライアンの満ち足りた生活を見て、羨ましくなったのだった。そんな中、ケイティはアンジェラがリンダという女性に代理母を依頼しようとしていると知る。ケイティは動揺を隠せなかった。

娘・コーラと同じドナーから得た卵子で作られた胚が残されており、アンジェラはそれを代理母・リンダに依頼し、コーラの姉弟を作りたいと考えていた。ケイティはリンダに、自分もドナーであると明かす。その後、ケイティはリンダを湖で溺死させ、その遺体をカップルが発見するのだった。

4ヶ月後、ケイティは代理母として、アンジェラとブライアンの赤ん坊を身ごもっていた。そんな中、アンジェラはケイティが公園で、「この子たち(コーラ、マディ)は双子なんです」などと母親たちに言っているのを聞き、その言動などを不審に思うようになる。

数ヶ月後、アンジェラとブライアンは、「別のベビーシッターを雇った」と言い、ケイティは激怒する。口論の末、アンジェラはケイティに「あなたは子供を連れて消えるつもりだったんでしょ」と言い、さらには「計画のため、リンダを殺した」と責める。ブライアンは、アンジェラが薬のせいで我を忘れてしまったと考え、非難する。

翌朝、アンジェラは客室に侵入し、ケイティの秘密を暴く。ケイティは精神を病んでおり、そしてドナーであることが判明する。アンジェラは、ケイティが子供たちのドナーではないかと疑い、コーラ、ケイティの娘・マディとのDNA検査を行う。

アンジェラは、ケイティに話をし、ケイティはそのことを認める。その直後、ケイティは自らの腹部を刺す。「これでみんな、あなたが私を刺し殺したように思う」と言う。

ケイティは病院へと搬送され、緊急帝王切開が行われる。そして、赤ん坊(後にガブリエルと名付けられる)が生まれたのだった。その後、DNA検査の結果が判明し、マディとコーラに遺伝的な相似があることが判明した。そして、ケイティがマディを誘拐する前、マディの両親を殺害したことも明らかとなったのだった。ケイティは投獄され、アンジェラ、ブライアン、そしてマディ、コーラ、ガブリエルは幸せに暮らすのだった。

 - 洋画