サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「レディ・プレイヤー1」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 2045年、地球は人口増加、環境汚染、気候変動、政治腐敗が進み、人々の大半がスラム街で暮らさざるを得なかった。彼らは、荒廃した世界から逃れるように、仮想ネットワークシステム「OASIS(オアシス)」に没入するようになる。

2) オアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーによって、オアシス内に「アノラック・ゲーム」というゲームが存在していることが明らかになる。アノラック・ゲームとは、オアシス内に隠されているイースターエッグを探すものであり、それを探し出した者には、オアシスの所有権と、2400億ドル相当のハリデーの遺産が与えられることとなっていた。

3) 10代のウェイド・ワッツもまた、アノラック・ゲームに夢中になっていた。そんな中、ウェイドは、オアシスのアーカイブを見て、ハリデーのことを調べ、最初のクエストをクリアするためのヒントを見つけ出す。そんなウェイドは、サマンサ・イヴリン・クックという少女を救い、友人になる。

4) 一方、大企業のイノベーティブ・オンライン・インダストリーズ(IOI)のCEOノーラン・ソレントもまた、イースターエッグを探していた。ウェイドは順調にクエストをクリアするが、そこでソレントは協力を申し出る。ウェイドはその申し出を拒否すると、ソレントはウェイドに攻撃をしかける。ほかの4人のプレイヤーたちとともに協力し、ついにウェイドは最終クエストをクリアする。

5) ウェイドは、ついにオアシスの管理権を獲得するのだった。ソレントは逮捕され、IOIは改革されることとなった。ウェイドは、ハイ・ファイブたちとともにオアシスを管理することとしたのだった。ウェイドは、週に2回、オアシスを閉鎖することとし、人々が実社会で仕事をし、充実した人生を送るようにしたのだった。

詳細なあらすじ

2045年、地球は人口増加、環境汚染、気候変動、政治腐敗が進み、人々の大半がスラム街で暮らさざるを得なかった。彼らは、荒廃した世界から逃れるように、仮想ネットワークシステム「OASIS(オアシス)」に没入するようになる。

そんな中、オアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーによって、オアシス内に「アノラック・ゲーム」というゲームが存在していることが明らかになる。アノラック・ゲームとは、オアシス内に隠されているイースターエッグを探すものであり、それを探し出した者には、オアシスの所有権と、2400億ドル相当のハリデーの遺産が与えられることとなっていた。

多くのプレイヤーが血眼になってゲームに参加していた。そんな中、バーチャルリアリティ機器メーカーである大企業のイノベーティブ・オンライン・インダストリーズ(IOI)のCEOノーラン・ソレントもまたイースターエッグを探していた。

オハイオ州コロンバス出身の叔母とスラム街に住む、10代のウェイド・ワッツもまた、アノラック・ゲームに夢中になっていた。ウェイドは、オアシス上でバーチャルメカニックとして働いていた。そんなウェイドは、サマンサ・イヴリン・クックという少女を救い、友人になる。

ウェイドは、オアシスのアーカイブを見て、ハリデーのことを調べ、最初のクエストをクリアするためのヒントを見つけ出す。ハリデーは、オグデン・モローとのパートナー解消をした際、落ち込み、やり直したいと思ったのだという。

ウェイドは順調にクエストをクリアし、次のクエストの手掛かりを入手する。サマンサ、エイチ、ダイトウとショウトウ兄弟たちもまた、ウェイドに追随していた。彼ら5人は、「ハイ・ファイブ」と呼ばれるようになる。

IOIは、ウェイドに共闘を申し出るが、ウェイドは拒否する。そのため、ソレントはウェイドの住んでいたスラム街を攻撃し、叔母たちを殺害する。ウェイドは、サマンサに救助され、隠れ家に連れて行かれ、アバターではなくサマンサ本人に初めて出会うのだった。

2人は、ハリデーがモローの妻となったキラと付き合っていたことを発見する。そのため、ハリデーとモローの関係に亀裂が生じた原因であると突き止めるのだった。ウェイドは、キラの記憶アーカイブを探しだし、アクセスする。そして、ついにハイ・ファイブの5人は、最後のクエストが惑星ドゥームのキャッスル・アノラクにあるという情報を手に入れるのだった。

サマンサの隠れ家が特定され、IOIにより彼女は誘拐されてしまう。ウェイドは、城の中に捕らえられたサマンサを救助するため、オアシス内のプレイヤーにメッセージを送り、IOIと戦うために協力して欲しいと申し出る。ハイ・ファイブたちは協力して、サマンサの奪還を試みる。

ウェイドは、城に侵入し、「Atariの部屋」を見つけ出す。そこで、ハリデーがAtari 2600のどのゲームがお気に入りであったかを見つけ出す必要があった。そこでウェイドは正しい答えを導き出したにも関わらず、インジケーターをゼロにされてしまう。だが、キュレーターとの賭けに勝ち、ウェイドは復活することができたのだった。

ウェイドは、勝利を目指すのではなく、イースターエッグを探すことこそがゲームクリアの鍵であると気付く。すると、最後の鍵を手にすることができ、ウェイドは城の門を開くことができ、アノラックに祝福される。アノラックは、契約書にサインするよう求める。

だが、その契約書は、モローがパートナー関係を終わらせるときにサインしたものであると気付き、ウェイドは拒否する。すると、アノラックのアバターはハリデーに変わり、最終テストにも合格したことを告げられる。ウェイドは、ついにオアシスの管理権を獲得するのだった。

ソレントは逮捕され、IOIは改革されることとなった。ウェイドは、ハイ・ファイブたちとともにオアシスを管理することとしたのだった。ウェイドは、週に2回、オアシスを閉鎖することとし、人々が実社会で仕事をし、充実した人生を送るようにしたのだった。

 - 洋画