サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「レザーフェイス-悪魔のいけにえ」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) ソーヤー家で育つ最年少の少年ジェディディアは、5歳の誕生日プレゼントとしてチェーンソーをプレゼントされ、殺人を強いられるのだったが拒否する。異常な環境で育った彼は、家族がベティ・ハートマンを殺害したことにより、ベティの父親であるハートマン保安官に逮捕、ゴーマン・ハウス・ユース・リフォームと呼ばれる精神病院施設へと送りこまれてしまう。

2) ジェディディアに会いたいヴェルナだったが、面会は拒否され、怒った彼女は施設で暴動を起こさせる。結果、アイクとクラリス、バド、ジャクソンらが看護師のエリザベス・ホワイトを人質にとって脱走する。このジャクソンこそがジェディディアだった。

3) ジェディディアは、エリザベスを施設での暴動から守ろうとしていた。そんな彼は、副保安官にバドを殺害され、怒って副保安官を殺害する。また、エリザベスとともに車に乗っていると、ハートマン保安官に撃たれ、ジェディディアはひどく顔を負傷する。

4) ソーヤー一家は、ハートマン保安官を捕らえる。記憶を失ったジェディディアは、ヴェルナに顔を縫い合わせられた。彼は、ハートマン保安官を殺害し、さらには同情を引こうとして命乞いするエリザベスも殺害する。ジェディディアは、彼らの皮膚を用いてマスクを作るのだった。

詳細なあらすじ

ヴェルナ・ソーヤーは、ソーヤー家で育つ最年少の少年ジェディディアのため、誕生日パーティーを開く。ヴェルナは、彼に5歳の誕生日プレゼントとしてチェーンソーをプレゼントする。そして、ジェディディアに「盗人を殺せ」と命じる。ジェディディアは拒否するが、祖父によってその男は殺された。

1955年、ベティ・ハートマンとテッド・ハーデスティのカップルが運転していると、虐待されたジェディディアを発見する。ベティは、彼を納屋へと連れて行くのだが、そんな彼女はソーヤー一家に殺害される。

ベティの父親であるハートマン保安官は、現場に呼び出され、ひどくショックを受ける。怒り狂ったハートマン保安官は、ジェディディアをゴーマン・ハウス・ユース・リフォームと呼ばれる精神病院施設へと送り込む。

10年後、雇われて間もない看護師のエリザベス・ホワイトは、バドとジャクソンを患者として受け持っていた。ヴェルナは、ジェディディアの面会を求めるが、施設責任者であるラング博士によって拒否されてしまう。怒った彼女は、施設で暴動を引き起こす。

エリザベスは、ジャクソンによって救われ、安全のために彼女を施設外へと連れ出す。彼女は、アイクとクラリスによって人質として拘束される。彼らは、ラング博士を殺害して血まみれのバドを発見し、彼も一緒に連れていくことにする。

彼らは着替えて、ダイナーで休憩をとる。だが、そこでも騒動を引き起こし、彼らは逃げ出す。一方、ハートマン保安官は、副保安官とともに施設を訪れ、ジェディディアが脱走していることに気づく。

脱走者たちは廃棄されたトレーラーハウスの中で一晩を過ごし、そこでエリザベスは逃げ出そうとするが、アイクによって引き留められてしまう。アイクは、バドを絶えず罵倒し、怒ったバドはアイクを人知れず殺害する。翌朝、クラリスはアイクがいないことに気づき、探しに出かける。ジャクソンとエリザベスは、アイクの遺体のそばで眠るバドを見つけ、急いで彼を連れ出す。

クラリスは、アイクを探して森にさまよい、途中、ハートマン保安官によって逮捕される。クラリスは、保安官と死んだ娘を侮辱し、保安官によって撃たれて死亡する。ジャクソンとバドは、エリザベスとともに移動していた。

エリザベスが悲鳴を上げると、副保安官が銃を撃ち、バドは死亡してしまう。そのことでジャクソンは怒り、彼は副保安官を殺害する。そして、エリザベスに副保安官の車を運転させるのだった。だが、ハートマン保安官はジャクソンに向けて銃撃し、ジャクソンは顔に傷を負う。そして、車は道路のわきで止まった。

ハートマン保安官は、エリザベスと負傷したジャクソンとともにベティの殺された古い納屋にいた。そこで、保安官はジャクソンこそがジェディディアであると明かすのだった。ヴェルナは、ハートマンやジェディディアの居場所を知ると、ソーヤー一家で、彼のいる場所へと向かった。

ヴェルナが到着すると、ハートマンはすぐに捕らえられた。そして、ヴェルナはジェディディアの顔の傷を縫い合わせる、口輪をつける。ヴェルナは、ジェディディアにチェーンソーを贈り、エリザベスはハートマン保安官が虐殺されるのを恐怖の表情で見ていた。

ソーヤー一家がそれを祝福すると、その間にエリザベスは逃げ出す。ソーヤー一家は追跡し、エリザベスは熊を捕獲するトラップに引っかかってしまう。エリザベスは、ジェディディアの同情を引こうとするのだが、ジェディディアは事故前の記憶を失ってしまっていた。結果、エリザベスがヴェルナのことを侮辱すると、そのことによりジェディディアはエリザベスを殺害してしまう。

翌朝、ヴェルナはエリザベスやハートマン保安官殺害の証拠を隠滅し、遺体は豚のエサにする。ジェディディアは、ハートマンとエリザベスの皮膚でマスクを作るのだった。

 - 洋画