サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「のみとり侍」あらすじ・ネタバレ・結末

   

登場人物・キャスト

・小林寛之進(阿部寛):主人公、越後長岡藩勘定方書き役だったが、「猫ののみとり」と称した男性の売春を行う商いに左遷されてしまう。
・おみね(寺島しのぶ):老中・田沼意次の妾であり、「猫ののみとり」となった寛之進の最初の客。
・清兵衛(豊川悦司):小間物問屋「近江屋」の入り婿であり、寛之進に、女性を悦ばせる技を伝授する。
・佐伯友之介(斎藤工):寛之進が暮らす貧乏長屋の隣人。子供に読み書きを教えている。
・おちえ(前田敦子):小間物問屋「近江屋」ので、清兵衛の妻。
・甚兵衛(風間杜夫):「猫ののみとり」屋の親分。
・お鈴(大竹しのぶ):甚兵衛の妻。
・牧野備前守 忠精(松重豊):越後長岡藩主、寛之進を「猫ののみとり」に左遷する。
・田沼意次(桂文枝):老中。田沼の政策により好景気にはなったが、賄賂などが横行した。
・松平定信(三浦貴大):陸奥白河藩主であり、田沼失脚後に質素倹約の「寛政の改革」を実施しし、「猫ののみとり」も禁止する。
・斎(雛形)、おしげ(樋井明日香)、お種(山村紅葉):寛之進のお客。
・お仙(飛鳥凛):水茶屋の遊女。

あらすじ(ネタバレなし)

江戸時代中期、越後長岡藩の藩士・小林寛之進(阿部寛)は、藩主・牧野備前守忠精(松重豊)の歌が、盗作であると指摘してしまう。恥をかかされた忠精は、寛之進に「猫ののみとりになって無様に暮らせ」と、左遷を命じる。

「猫ののみとり」とは、実際のところ女性客を相手にした売春業だった。寛之進の最初の客は、亡き妻に瓜二つのおみね(寺島しのぶ)だった。だが、おみねを満足させることができず、「このヘタクソが!」と罵られてしまう。

そこで、寛之進は浮気ばかりしている清兵衛(豊川悦司)に教えを乞い、性技を学んでいく。寛之進は次第に上達し、女性客を悦ばせることができるようになっていく。

寛之進は、浮気がバレで妻に追い出されてしまった清兵衛、子供に無償で読み書きを教える友之介(斉藤工)らとともに貧乏長屋で暮らしていた。そんな中、友之介が空腹のあまり猫の餌に手を出して噛まれ、その傷により生死を彷徨ってしまう。寛之進は、友之介を救うべく医師に掛け合い、結果、友之介は命を取り留めるのだった。

寛之進が「猫ののみとり」として着実にやりがいを感じる中、老中・田沼意次(桂文枝)が失脚し、取締りが強化されてしまい、「猫ののみとり」業が禁止されてしまい、寛之進も捕らえられてしまう…

あらすじ(ネタバレあり・結末まで)

寛之進は捕らえられ、奉行所へと連行される。そこで、「猫ののみとり」が女性たちにとって、さまざまな理由で必要とされていると訴えるのだった。

奉行所にいる寛之進のもとへ、長岡藩主・忠精が現れる。寛之進は、てっきり打ち首にされるものかと思いきや、実は寛之進は命を狙われており、「猫ののみとり」にすることでその暗殺を免れさせてもらっていたのだと明かされるのだった。

寛之進は、元の勘定方書き役に戻ることができた。だが、そんな彼はおみねとの関係は続いていた。さらに、浮気亭主・清兵衛は妻のもとへと戻ることができたのだった。

映画情報

2018年5月18日公開
監督・脚本:鶴橋康夫
原作:小松重男『蚤とり侍』

 - 邦画