サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「プロフェシー」あらすじ・ネタバレ・結末・モスマン解説

   

あらすじ(ネタバレなし)

ワシントン・ポスト紙の記者であるジョン・クライン(リチャード・ギア)は、妻のメアリー(デブラ・メッシング)と新居で暮らし始める。そんな中、メアリーはクリスマス・イブの夜、不気味な影を見かけ、その直後に交通事故を起こす。

メアリーは救急搬送され、結果そこで、脳腫瘍であると診断される。闘病のかいもなく、彼女は死亡し、その死の間際に「全て台無しにしてしまってごめんなさい」という謎の言葉を残し、さらには不気味な影の絵を遺していた。

2年後、出張先であるポイント・プレザントで、ジョンは車が故障して立ち往生してしまう。そこで、ジョンは電話を借りようとしてゴードン・スモールウッド(ウィル・パットン)に銃を突きつけられてしまう。ゴードンは、ジョンに似た男が三夜連続でやってきたのだという。

そこにゴードンの妻・デニース(ルシンダ・ジェニー)に呼ばれた、保安官のコニー・ミルズ(ローラ・リニー)が現れ、ゴードンを止める。ジョンはその後、近くのモーテルに滞在する。

ミルズ保安官は、ここ数週間、奇妙なことが起こっていることを明かす。地元の人々は、次々に巨大な蛾のようなものを見かけているという。そしてまた、ミルズ保安官もまた「起きろ、No.37」と言われる夢を見ているのだという。

ある日、ゴードンは「デンバーで99人が死ぬ」という予言めいた声を聞く。そのことを聞いたジョンは、実際にデンバーの飛行機墜落事故で99人の乗客が死亡したと報じているのに気づく。

ゴードンは後に、「インドリッド・コールドという男といる」と電話をかけてくる。コールドなる人物は、ジョン本人しか知りえないことを知っており、ジョンは不思議に思う。その後、ゴードンはジョンに電話をした後に凍死してしまうのだった。

ジョンは黒い巨大な影、蛾のような存在が「モスマン」であると知り、調査を始める。そして、そのモスマンを研究しているアレクサンダー・リーク博士(アラン・ベイツ)に会うのだった。 リーク博士は、モスマンに関わることをやめるよう警告する。

あらすじ(ネタバレあり・結末まで)

ある日、知事がオハイオ川近くにある化学工場を見学しようとしているのを知り、そこで大惨事が起こることを予期したジョンは、その視察を中止させようとするのだった。ところが、ミルズ保安官はその警告を無視し、結果、何も起こらなかった。

その後、ジョージはジョージタウンの自宅に戻り、亡き妻であるメアリーを待つように、というメッセージを受け、彼は戻る。だが、クリスマス・イブということもあり、ミルズ保安官はそのメッセージを無視し、ポイント・プレザントで一緒に過ごさないか、と提案してジョンは戻る。

ジョンとミルズ保安官は、シルバ・ブリッジに到達すると、そこでは信号故障で渋滞が起こっていた。そこでジョンが車を降りると、橋からは異音が聞こえていた。悲劇は、化学工場ではなくこの橋で起こることをジョンは悟るのだった。

落下したパトカーから、ジョンはミルズ保安官を救出する。2人が救急車の後ろで座っていると、36人の犠牲者が出たことが明らかになり、コニーは「起きろ、No.37」と言われたことを思い出す。もしかしたら彼女が37番目の犠牲者になっていた可能性もあったのかもしれない。

橋が崩壊した原因は不明だった。モスマンは世界中で目撃されているが、その事故以降、ポイント・プレザントで再び目撃されることはなかった。

モスマンとは

モスマンとは、1960年代に実際に話題となった、アメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯で目撃された謎の未確認動物(UMA)である。地元住人は「鳥」と呼び、マスコミは「モスマン(蛾人間)」と呼んだ。

1967年12月15日に、映画『プロフェシー』同様、ポイント・プレザントとオハイオ州カノーガを結ぶシルバー・ブリッジ付近で目撃されたのを最後に、目撃例は途絶えている。同日、シルバー・ブリッジは崩落している。この事故により、映画とは異なり、46人が犠牲になった。

 - 洋画