サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「ホーム・アローン」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) ケビン(マコーレー・カルキン)は、兄のバズ(デヴィン・ラトレイ)とケンカして、罰として屋根裏部屋で寝かされてしまう。翌日、パリでクリスマス休暇を過ごそうとしていた一家は、目覚まし時計が鳴らずに慌て、ケビンを置き去りにして飛行機に乗ってしまう。

2) ケビンは、一人暮らしを満喫する。だが、そんな中、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーブ・マーチャント(ダニエル・スターン)の泥棒コンビが、マカリスター家に忍び込もうと狙っていた。

3) ハリーたちが家に忍び込むのを聞いてしまったケビンは、家にトラップを仕掛けて撃退しようとする。上手くいったかに見えたが、ついにケビンは捕まってしまう。そんなケビンを、隣人・マーリー(ロバーツ・ブロッサム)が助けてくれるのだった。

4) 翌朝、ケビンは家族が戻ってきたことを喜ぶ。だが、バズの部屋をめちゃくちゃにしていたことを知られ、怒られる前にケビンは逃げ出すのだった。

起:ケビンの願い

マカリスター一家は、パリでクリスマス休暇を過ごすことになり、その準備をしていた。8歳のケビン(マコーレー・カルキン)は、兄のバズ(デヴィン・ラトレイ)に好物のチーズピザを食べられたことをきっかけにケンカとなり、パスポートを牛乳まみれにしてしまう。

父・ピーター(ジョン・ハード)は、ケビンを罰して、屋根裏部屋で寝かせることにする。ケビンは、「家族が消えますように」と願って寝る。翌朝、停電となっていた影響で、目覚まし時計が鳴らず、寝過ごしてしまう。

慌てた一家は、ケビンを置き去りにしたことをすっかり忘れ、飛行機に乗ってしまう。彼らは、離陸するまでケビンがいないことに気づかなかった。両親は、パリに着いてからも、ケビンを心配し、すぐに家に戻ろうとするが、クリスマス近くということもあり、なかなか帰ることができない。

承:取り残されたケビン

ケビンは家に1人だけ取り残されるものの、願いが叶ったのだと喜ぶ。ケビンは、バズの貯金を使い、使うことを禁じられているエアガンなどを使って遊ぶ。さらに、普段ならば怒られてしまうギャング映画、ジャンクフードなど、自由奔放に楽しむ。

そんな中、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーブ・マーチャント(ダニエル・スターン)の泥棒コンビが、マカリスター家に忍び込もうと狙っていた。ハリーは、事前に警察官を装って訪問し、家が留守になることを知っていたのだった。

クリスマス・イブ、ケビンはハリーとマーブが、自宅に侵入することを検討しているのを聞いてしまう。

教会で、ケビンはバズによって「シャベル殺人鬼」などとウソを吹きこまれ、恐れていた隣人・マーリー(ロバーツ・ブロッサム)と話す。そこで、マーリーは噂とは異なり、好人物なのだと分かる。ケビンは、息子とケンカして疎遠だったマーリーに、和解するように言うのだった。

ホーム・アローン [ マコーレー・カルキン ]

価格:1,000円
(2015/12/10 16:46時点)
感想(16件)

転:ドロボーコンビとの対決

教会から帰ると、ケビンは家中に罠を仕掛け、泥棒を迎え撃つ。ハリーとマーブはトラップにかかって慌てるが、ついに彼らは家に入り込んできてしまう。そこでケビンは、2階へ逃げて、911に電話をかける。

だが、ケビンは追い回され、ついにハリーたちに捕まってしまう。だが、マーリーはハリーたちに忍び寄り、シャベルで叩いて失神させ、ケビンを救出。間もなく、泥棒たちは逮捕された。

結:家族の帰宅

ケビンは眠り、翌朝も家族が現れないことを悲しむ。だが、母・ケイト(キャスリン・オハラ)が帰宅しているのを見つけ、ケビンは喜ぶ。残りの家族も、間もなく帰ってきた。ピーターは、ハリーが落とした金歯を見つけて疑問に思うが、ケビンは彼らが侵入してきたことについて黙っていた。

ケビンは、バズとも仲直りする。そして、マーリーが息子とその家族と和解している様子を窓から見かけるのだった。孫娘を嬉しそうに抱えるマーリーを見て、ケビンも手を振って喜ぶ。

だが、部屋をめちゃくちゃにされたバズが、「ケビン!」と怒鳴り声を上げたことで、ケビンは逃げ出すのだった。

 - 洋画