サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

アニメ「僕だけがいない街 第2話 掌」あらすじ・ネタバレ

      2016/01/22

2006年、29歳だった藤沼悟は、小学生の姿で昭和63年にタイムスリップする。悟には、過去に戻り、違和感がある部分を変えると、何かしらの不幸が回避できる「リバイバル」という現象を何度となく経験していた。

戸惑いながらも、悟は自宅で2006年に刺殺されたはずの母親が生きていたことから、現状を受け入れる。「これはリバイバルだ。これからの俺の行動で、未来が変わる」と思い、クラスメイトの雛月加代が殺害されないよう、行動を開始する。

授業中も雛月のことが気になり、悟は彼女のことを見ていた。そこで、雛月の太腿にアザがあるのを見かける。友人のケンヤに、「文集、見てみろよ」と言われ、悟は雛月の作文を読む。「私だけがいない街」というタイトルで、そこには「辛い日常から離れ、誰もいない遠くの島で暮らしたい」と書かれており、悟は雛月が母親から虐待されているのではないか、と思う。

悟は、雛月と接触をもち、友人となって彼女が殺害されないようにしようと試みる。その中で、母親に「家で誕生日会をやって良い?」と提案する。母親は、そんなことを言い出したことのなかった悟に驚くが、了承する。

雛月は、帰宅すると母親に虐待されることから、遅くまで公園で時間を潰していた。寒々しい公園に1人で佇む雛月に、悟は声をかけ、誕生日会の招待状を渡す。戸惑う雛月だったが、出席すると約束する。

そこで、雛月は「藤沼、手、冷たくない?」と、手袋をしていない手を見ていた。その掌に、雛月は自分の手を重ねる。その思わぬ行動に、悟はドギマギとしてしまう。照れ隠しをして、悟は帰宅する。悟は、未来を変えるべく、第一歩を踏み出した。

僕だけがいない街 全巻セット(1-7巻 最新刊) / 漫画全巻ドットコム

価格:4,298円
(2016/1/8 20:27時点)
感想(8件)


【関連記事】
次話:アニメ「僕だけがいない街 第3話 痣」あらすじ・ネタバレ

前話:アニメ「僕だけがいない街 第1話 走馬灯」あらすじ・ネタバレ

 - 僕だけがいない街