サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第19話「恋路」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

簡単なあらすじ

1) 信繁(堺雅人)は、茶々(竹内結子)に借りを返すため、城内を案内する。それから、信繁と茶々の仲を秀吉の周囲の人々は疑いだす。

2) 羽柴秀吉(小日向文世)は、茶々を側室に迎えようとしていたが、茶々はどうするか悩んでいた。信繁は、加藤清正(新井浩文)に命を狙われ、身の危険を感じていた。そんな彼は、石田三成(山本耕史)に助けを求め、難を逃れる。

3) そんな中、豪華絢爛な聚楽第が完成し、茶々は迎え入れられる。そこで秀吉は、「死ぬ時に『茶々は、日ノ本一幸せな女子でした』と言わせてみせる」とプロポーズし、茶々はついに側室となることを了承する。

4) 茶々は、信繁に秀吉の元へ戻るよう告げる。そして、「私とあなたは、不思議な糸で繋がっていると思います。離れ離れとなっても、また戻ってくる。…そして、同じ日に死ぬの」と言う。

詳細なあらすじ

真田昌幸(草刈正雄)は、上洛して羽柴秀吉(小日向文世)に謁見を許される。そこで徳川家康(内野聖陽)のもとで与力大名となる。昌幸が秀吉に会うことができた裏には、信繁(堺雅人)に茶々(竹内結子)が力を貸していた。

借りを返すために、茶々は「城内を案内して欲しい」と信繁に言う。秀吉が「入ってはならぬ」という部屋に入ると、そこは武具が置かれていた。茶々はそこで、親しい人が次々に秀吉によって殺害されている身の上を明かす。

「死を恐れてはいません」と言うが、刀が倒れてきて茶々は悲鳴を上げる。「死を恐れていない人の声ではありませんね」と信繁が言うと、茶々は秀吉の側室になるよう言われている、と明かす。

秀吉は、聚楽第の図面を茶々に見せ、「ここが茶々のいる場所だ」と言うが、茶々は「信繁が来ないなら行きません」と言う。そこで信繁は、周囲の人々が自分と茶々の仲を疑っていると知る。

松(木村佳乃)は、次第に記憶を取り戻し、信幸(大泉洋)は喜ぶ。一方、徳川家康(内野聖陽)は「真田の動きを逐一知りたい」と言い、忠勝(藤岡弘)「お前の娘(稲姫)をくれ」と言う。忠勝は、断腸の思いで了承する。

家康は、稲姫(吉田羊)を信幸のもとへ嫁がせると言う。昌幸は断ることができず、信幸に「ここは泣いてくれ。全ては真田のためだ。こうを里へ帰そう」と言う。忠勝は、稲に「真田の動きを探ってくれ」と説得し、稲は了承する。

「信繁が、茶々を蔵に連れ込んだ」という噂が流れてしまう。だが、信繁は秀吉の前できっぱりと否定する。配置換えを望むが、秀吉は「もう少し、茶々のそばにいてやってくれ。話し相手になってやって欲しい」と言われる。信繁の仲を怪しむ加藤清正(新井浩文)は、信繁のことを苦々しく思う。

信繁は、秀次(新納慎也)に「清正様の誤解を解いてください」と願い出る。すると、そこで石田三成に手紙を書いてくれる。三成は、清正に九州征伐の仕事をさせ、信繁から離れさせる。

聚楽第で、茶々は秀吉の前で「蔵ですって。また、2人で行きましょう」と口を滑らせてしまう。秀吉に「また、とは以前にも蔵に行ったのか?」と問われ、信繁は認める。

秀吉は、「お前には、これから美しいものに囲まれて過ごして欲しいと思っておった。だから、忌まわしいものから遠ざけたかったのじゃ」と、武具の蔵から遠ざけた理由を明かす。

「誰よりもお前を愛しておる」と秀吉は茶々に伝え、「この聚楽第で、天下人の妻として暮らしてくれ。そして、死ぬときに『茶々は、日ノ本一幸せな女子でした』と言わせてみせる」と宣言する。茶々は、秀吉の側室となることを決める。

茶々は、信繁に秀吉の元へ戻るよう告げる。そして、「私とあなたは、不思議な糸で繋がっていると思います。離れ離れとなっても、また戻ってくる。…そして、同じ日に死ぬの」と言う。

雷雨の中、茶々は秀吉の正式な側室として迎えられる。三成は、「これで信長公を飲み込み、越えようとしている。これから、殿下はどこへ向かわれるのか…」とつぶやく。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第20話「前兆」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第18話「上洛」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸