サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「グッドパートナー 無敵の弁護士 第9話(最終回)」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) 咲坂健人(竹野内豊)が顧問を務めるレストランチェーン・ナギダイニングの社長夫人・名木裕子(戸田菜穂)は、「花凛」という会社を起業。離婚を考えており、咲坂たちに相談する。だが、咲坂は裕子の夫・登志夫(橋本さとし)の顧問弁護士であり、裕子の代理人は務められない。

2) 夏目佳恵(松雪泰子)は、ヘッドハントされたヴィーナス法律事務所に移籍し、裕子の代理人を務める。裕子は、夫が起業に理解を示さないこと以外には不満はなく、登志夫は離婚を望んでいなかった。

3) 裕子に起業するようそそのかしたのは、芸能プロダクション社長を名乗る高部だった。不当なマネジメント契約を結び、裕子にメディア出演をしきりに勧めていた。夏目は、マネジメント契約を無効とする訴訟を起こすことや、風営法違反で摘発してもらうと言い、高部に裕子から手を引かせる。

4) 裕子と登志夫は、互いに謝罪してよりを戻す。一方、咲坂と夏目もまた、互いに非を認めてついによりを戻すのだった。娘・みずき(松風理咲)もまた大喜びするのだった。

起:妻の独立

咲坂健人(竹野内豊)が顧問を務めるレストランチェーン・ナギダイニングの社長夫人・名木裕子(戸田菜穂)が相談にやってくる。裕子は、自らも起業したいと望んでおり、あたかも自分のことを「従業員」としか思っていない夫・名木登志夫(橋本さとし)のことに嫌気がさしたのだった。

裕子は、ナギダイニングを辞め、新しくフラワーアレンジメントの会社「花凛」を設立。さらに、登志夫とは離婚するつもりであるという。既に、離婚届を送りつけていた。

彼女はさらに、咲坂に離婚協議の代理人になってもらい、花凛の顧問弁護士も引き受けて欲しいと頼む。だが、ナギダイニングの顧問を務めている立場上、咲坂は代理人になれない。だが、夏目佳恵(松雪泰子)は「少し考えさせてほしい」と言う。

夏目は、ヴィーナス法律事務所の代表弁護士・美山亜希子(峯村リエ)からヘッドハンティングを受けていた。彼女は神宮寺一彦(國村隼)に辞意を伝え、了承される。夏目は、神宮寺法律事務所を辞めることで、裕子の代理人としてサポートしてあげることができると考えたのだった。

夏目が辞め、赤星元(山崎育三郎)はパートナー弁護士に昇格することとなった。咲坂は、夏目の移籍したヴィーナス法律事務所に出向く。2人は敵同士となり、顔を合わせることになる。

咲坂は、ナギダイニングの社員を引き抜き、雇用名簿のコピーを持ちだしたと指摘し、登志夫は告訴すると言う。さらに、花凛設立の際に、ナギダイニングの資金を流用したとし、民事・刑事での告訴する準備があるという。すると夏目は、「離婚および慰謝料として2億円を請求する」と言う。

承:結婚契約書

裕子は、顧客名簿のコピーを行ったことを否定する。夏目は、「議論をすり替えようとしている、という。彼女は、マネジメントを行う高部明吉が、しきりにテレビに出そうとすることに困惑する。高部は、花凛設立の際に資金を提供していた。

咲坂は、みずきが算数のテストで0点とったということに驚く。みずきは、夏目の移籍で咲坂から離れていくことを心配し、テストどころではなかったのだった。

咲坂は、花凛をナギダイニングの子会社化することを提案する。さらに、咲坂は登志夫が裕子をまだ愛していると言い、結婚式に書いた「結婚契約書」を見せる。そして、「まだ復縁できる可能性がある」と言う。

転:マネジメント契約

夏目は、裕子に後ろ盾があることを話す。さらに、高部が不当なマネジメント契約を結ばせたことを明かす。その契約は、「3ヶ月以内に出資金と同等の300万円を支払う」「メディア出演などのマネジメントを断らない」「違約金は2千万円」と、不当な内容だった。夏目は、高部がそそのかして独立させたのだと考える。

夏目は、裕子に高部の住所を聞き出させ、咲坂もまた「高部プロダクション」を調べ始める。事務所は存在せず、高部は偽名で「大久保ヨシオ」という名前であることを突き止める。

大久保は別の芸能事務所を経営していたが、多くの警察沙汰を起こし、業界を追放させていた。夏目は、マネジメント契約が無効であるということや、風営法違反で告訴すると言い、大久保から手を引かせる。

夏目は、裕子を連れて裕子が結婚式を挙げた式場を訪れる。そこには、登志夫がいた。咲坂は、「お2人は、8年前にここで結婚式を挙げられた。そして、ここで結婚誓約書にサインされた」と言う。

夏目は、「ご主人が、もう一度話をされたいそうです…ご主人は、和解を望まれています」と言う。登志夫は、「俺は自分に非はないと思っていた。でも、自分の所有物だと思ってしまっていた。最低だ。裕子にも夢はあるのに…ごめん、本当にごめん」と謝罪する。裕子も謝罪し、2人は和解するのだった。

結:咲坂と夏目

咲坂は、夏目とともに式場で話をする。彼は弁護士バッジを外し、「弁護士としてではなく、1人の人間として、君の元夫として話そう」と言う。

「いつからだろう…ずっと考えていたよ。どうして俺たち離婚したんだろうかって。見つかったよ、答えが。俺は君のことを、君の人生を尊重していませんでした。悪かったよ。ごめんなさい」と謝まる。

夏目もまた、弁護士バッジを外し、「私も本当のあなたのことを実は分かってなかったなって。事務所辞めたのは、仕事とあなたと距離を置けば、もしかしたら戻れるんじゃないかって思って」と言う。咲坂は、「どうするか…俺たち」とつぶやく。

みづきが自宅に戻ると、咲坂がいて驚く。そして、夏目もまた家にいた。2人はやり直すことにしたのだった。

猫田純一(杉本哲太)は、飾らない見合い相手の女性と知り合い、ついに長い夜が明けようとしていた。赤星には、「生垣太郎」というアソシエイト弁護士がつくことになった。

夏目は、ヴィーナス法律事務所に移籍しても、敵対する弁護士として再び咲坂と仕事場でも顔を合わせていた。

グッドパートナー 無敵の弁護士 Blu-ray BOX

新品価格
¥25,380から
(2016/6/16 22:04時点)


前話:「グッドパートナー 無敵の弁護士 第8話」あらすじ・ネタバレ

 - グッドパートナー