サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第45話「完封」あらすじ・ネタバレ

      2016/11/20

簡単なあらすじ

1) 真田幸村(堺雅人)は、手薄な時にばかり砦が襲われていることから、内通者がいると指摘される。幸村は、織田有楽斎(井上順)が密偵であると考え、あえて情報を流して確認する。

2) 徳川家康(内野聖陽)は、上杉景勝(遠藤憲一)に「真田丸を落とせ」と命じる。その情報を聞きつけた幸村は、着々と真田丸で迎え撃つ準備を行う。そして、幸村がかつて行ったように、息子・大助(浦上晟周)は旗を振って相手を挑発する。前田勢は急襲するが、すでに真田勢の姿はなかった。

3) 前田勢が、我先にと攻め入ろうとする中、次々に幸村は鉄砲兵に撃たせる。次々に前田の兵は倒れ、城内に入ってきても幸村や後藤又兵衛(哀川翔)たちが討ち取る。見事な大勝をおさめ、幸村たちは勝鬨を上げる。

4) 幸村の戦いぶりに、景勝は「日の本一の兵、真田左衛門佐!」と叫ぶ。家康は大敗を喫し、兵を撤退させて「次の手を考える」と言う。

詳細なあらすじ

徳川勢の襲来を前に、豊臣方の方針は籠城と決まった。真田幸村(堺雅人)は、大阪城に出城である真田丸砦を作り上げ、徳川の軍勢を迎え撃つこととなった。

徳川勢は、木津川口砦を急襲し、次に今福砦を落とそうとしていた。木村重成(白石隼也)と後藤又兵衛(哀川翔)は迎え撃とうとするが、為す術もない。そんな中、幸村は「敵の真の狙いは南」と、安心するよう言う。

毛利勝永(岡本健一)は、守りが手薄な時にばかり攻めこまれているため、「内部から情報が漏れている」と指摘する。幸村は、織田有楽斎(井上順)が密偵であると考え、「西側が今、襲われたら大変なことになる」とあえて情報を流し、案の定、指摘した箇所に徳川が攻め込む。幸村は、「やはりあの男か…」とつぶやく。

信幸(大泉洋)のもとに、平野長泰(近藤芳正)らが現れ、「この戦、長引く。兵糧を豊臣方に渡したい」と言う。豊臣に幸村がいるため、「ぜひ間を取り持ってもらいたい」と言う。だが、それは徳川に背く行為であり、稲(吉田羊)に相談すると「決して許しませぬ」と猛反対される。だが、こう(長野里美)は「蔵に行って、調べて参りました」と、渡せる食糧について伝える。

幸村は、前妻・梅を戦で亡くしていることもあり、春(松岡茉優)に「戦が始まったら、決して城の外へと出てはならない」と言う。夫婦で話し合っている様子を見ていたきり(長澤まさみ)に、茶々(竹内結子)は「私の侍女になりなさい…やることもないのでしょう」と言う。

家康は、真田丸を脅威と見ていた。「考えただけでも肝が冷える」と、攻め込むことに躊躇していた。真田は、見張り台の上から、複雑な思いを抱えながら上杉などの陣営を見ていた。

家康は、上杉景勝(遠藤憲一)に「真田丸を落とせ」と命じる。「先の戦では、儂に楯突いてくれたのう」と言い、成功した暁には30万石に減らされているが、120万石に戻すことを約束するのだった。

豊臣秀頼(中川大志)は、「総大将として戦場に立ちたい」と言うが、幸村は「兵が不安になります」と言う。茶々は「代わりに私が鎧を着て立ちます」と言い出す。茶々は陣中見舞いに訪れ、「この戦、負けることはありませぬ」と言う。きりは、「はしゃいでるのは女将様だけ。みんな呆気にとられている。どうも好きになれない」と言う。

家康は、信政、信吉らに「上杉の下について戦え」と命じる。信吉は、「叔父上と戦いとうないのです…」とつぶやく。

幸村は、「まずは相手を挑発する」と言い、鉄壁の守りで迎え撃つ準備を行う。幸村がかつて行ったように、大助(浦上晟周)は旗を振って相手を挑発する。前田勢は急襲するが、すでに真田勢の姿はなかった。

真田丸に前田勢が襲ってくる中、幸村は鉄砲兵に持ち場へ待機させる。さらに、火薬が爆発させ、「豊臣方が仲間割れした」と思わせ、前田勢が侵攻する。手柄を上げようと、我先にと敵方が進む中、幸村は次々に鉄砲兵へ発射を命じる。

前田勢が勝手に攻めかかり、家康は「真田の思う壺じゃ…」と不安に思う。幸村は、敵兵をひきつけては鉄砲で撃ち続ける。戦いは真田勢に有利に進むと思われたが、ついに敵兵の侵入を許してしまう。

幸村や又兵衛たちは、敵兵を斬り続ける。城内の敵がいなくなり、ついには徳川勢の退却が始まった。

幸村は、「仕上げじゃ」と言い、自ら馬に乗って戦場を駆ける。「我こそは、真田左衛門佐幸村!」と名乗りを上げ、残党を討つ。

幸村の戦いぶりに、景勝は「日の本一の兵、真田左衛門佐!」と叫ぶ。家康は大敗を喫し、兵を撤退させて「次の手を考える」と言う。真田丸では、勝鬨が上がった。

「天下の名将、真田幸村様の戦を目の前にして幸運でした」と言う重成に、「今から言うことは、決して口外するな…実は、かような大戦、初めてなのだ。心の臓が口から飛び出そうじゃ」と言う。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第46話「砲弾」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第44話「築城」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸