サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「gifted ギフテッド」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 7歳の少女であるメアリー・アドラー(マッケンナ・グレイス)は、生まれて間もなく母親ダイアンを亡くし、独身の叔父フランク(クリス・エバンス)に引き取られた。メアリーは家でフランクに勉強を教わっていたが、「経験が必要」と、メアリーを公立学校に行かせる。

2) メアリーは、数学で非凡な才能を持っていた。彼女の母・ダイアンは、多額の懸賞金のかかった難問ミレニアム問題の一つである「ナビエ・ストークス問題」に取り組む優秀な数学者だった。フランクは、特別な才能を持つ子供たちが通う私立学校へとメアリーを通わせることを提案される。だが、フランクは「普通の学生」としての生活を送るチャンスを奪うべきではないと考え、断る。

3) フランクの母エブリンは、メアリーの親権を得て、英才教育を受けさせるため、マサチューセッツ州に移住させようとする。フランクはそれを拒否するのだが、あきらめないエブリンによって裁判が起こされる。完全にメアリーから引き離されることを恐れたフランクは、メアリーを近くの里親のもとに通わせ、私立学校に通わせるという提案を受け入れる。

4) だが、メアリーの大事にしていた猫が、母エブリンによって動物シェルターに入れられてしまったことをきっかけに、フランクはエブリンに直談判しに行く。そこで、フランクは、母エブリンに「ダイアンはナビエ・ストークス問題を解いた」と明かす。

5) フランクはダイアンに「母が亡くなるまで、秘密にしておいて」と依頼されたのだった。フランクは、メアリーを自由にするのならば、ダイアンが解いたことを公表していい、と言う。エブリンは、娘の偉業を知り、メアリーへの干渉をやめるのだった。メアリーは、午前中に大学レベルの授業を受け、その後、公立学校で友達たちと過ごすようになる。

詳細なあらすじ

7歳の少女であるメアリー・アドラー(マッケンナ・グレイス)は、生まれて間もなく母親を亡くし、独身の叔父フランク(クリス・エバンス)に引き取られた。メアリーは家でフランクに勉強を教わっていたが、「経験が必要」と、メアリーを公立学校に行かせる。

メアリーは、数学で非凡な才能を持っていた。担任教師ボニー・スティーブンソン(ジェニー・スレイト)は、フランクに私立学校へ入学するための奨学金を受けてはどうか、と提案するのだが、フランクは「普通の学生」としての生活を送るチャンスを奪うべきではないと考え、それを断る。

メアリーの母・ダイアンは、多額の懸賞金のかかった難問ミレニアム問題の一つである「ナビエ・ストークス問題」に取り組む優秀な数学者だった。だが、ダイアンは幼いメアリーを残して自殺してしまったのだった。

そのこともあり、フランクの母エブリンは、メアリーの親権を得て、英才教育を受けさせるため、マサチューセッツ州に移住させようと考えていた。

だが、フランクは亡き姉ダイアンが公立学校で「普通の」幼年期を送りたいと願っていたことを知っていた。エブリンは、「ナビエ・ストークス問題」を解くことができなかった娘、ボストン大学の教授を辞めてしまったフランク、キャリアを積むことを邪魔した夫すべてに失望していたのだった。孫であるメアリーに期待する彼女は、親権を手に入れるため、フランクと裁判で争う。

母エブリンによって、メアリーを完全に自分から引き離されることを恐れたフランクは、レッグ・カレン弁護士の仲介を受け、メアリーが里親ケアを受け、私立学校に試しで通学してみるという提案を受け入れる。

里親は、フランクの家からわずか25分のところで住んでおり、フランクは予定通りの訪問をすることができた。メアリーは、12歳の誕生日を迎えたら、どこで暮らしたいか自分で決めることができる。

メアリーは里親ケアに反発し、フランクに最初、会うことを拒否する。フランクもまた、メアリーの将来のため、と納得しようとした。

だが、メアリーの大事にしていた猫が動物シェルターに入れられていると判明し、里親の家に「猫アレルギー」のエブリンがいるとフランクは気づく。その猫を引き取りに行ったあと、フランクはエブリンのもとへ直談判に向かう。

フランクは、母エブリンに「ダイアンはナビエ・ストークス問題を解いた」と明かす。だが、フランクはダイアンに「母が亡くなるまで、秘密にしておいて」と依頼されたのだった。フランクは、メアリーを自由にするのならば、ダイアンが解いたことを公表していい、と言う。エブリンは、娘の偉業を知り、メアリーへの干渉をやめるのだった。

メアリーは、午前中に大学レベルの授業を受け、その後、公立学校で友達たちと過ごすようになる。

 - 洋画