サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第11話「祝言」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

徳川家康(内野聖陽)は、真田に沼田を明け渡すように交渉するが、矢沢頼綱は反対。一方、北条氏政(高嶋政伸)は徳川に沼田を引き渡すよう迫ってきたため、家康は室賀正武(西村雅彦)を浜松城に呼ぶ。

家康は、「儂は、北条と真田の板挟みにあってしまっている。よくあんな男と一緒にやっておられますな」と揺さぶりをかけた上で、室賀に「天が淵に築いている城を治めるのは、真田のみ。そなたや小県は関係ない」と明かす。

真田に裏切られたと感じた室賀は、本多正信(近藤正臣)に昌幸(草刈正雄)を討って欲しいと暗に仄めかす。

信繁(堺雅人)は、梅(黒木華)との結婚を行うと親しい者たちに打ち明ける。さらには、梅に「家柄の問題で側室として迎えるしかないが、他に嫁をもらうつもりはない。よって、お前は正室と同じだ」と告げる。

「祝言を挙げようと思っているが、母上はいい顔をしないだろう。よって、お前たちに協力してもらいたい」と、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)や佐助(藤井隆)に協力を求める。まず、信繁は信幸、昌幸に梅の体に子供を授かったことや、結婚を考えていることを報告し、祝言を挙げることの許可をもらう。その上で、母・薫(高畑淳子)に報告する。

薫は予想通りに反対するが、とり(草笛光子)は喜んで結婚に賛成する。そこで、矢沢は百合の花を持って機嫌を伺う。さらには、佐助が天井から香油を炊いて気分を良くしている中、信繁は改めて報告が遅れたことを詫びる。

だが、佐助は香油を天井から垂らしてしまい、信繁の策は露見してしまう。仕方なく信繁は白状し、結果、薫は反対する。

きり(長澤まさみ)は、信繁と梅の結婚を知り、ショックを受ける。強がりをみせるきりは、2人に祝いの言葉を述べ、「これからも仲良くしてくれるんでしょ?」と信繁に言う。信繁たちの仲睦まじそうな様子を見て、きりはその場を飛び出して泣き出す。

信幸は、信繁に「父上は、祝言はなしだ、と仰っていた」と告げる。信繁は、それは話が違う、と昌幸や薫を再び説得しに行こうとするが、それを梅は「そんなことで揉めてほしくありません」と、祝言を挙げずともいい、と言う。そのため、堀田家で酒宴を開き、祝言としたのだった。

昌幸は、出浦昌相(寺島進)に「室賀が、浜松城へ行って家康と会っている。そのことをそれとなく聞いてみてはどうか。隠せば、何か話をされたはずだ」と提案される。そのため、昌幸は室賀と話をして、浜松に行ったかどうかを確認させる。室賀は浜松へと行ったことを隠し、昌幸は徳川と何かを示し合わせているのではないか、と考える。

室賀は、昌幸暗殺はできない、と本多正信に言う。だが、本多は「成功したあかつきには、徳川は後ろ盾となりましょう。さらに、選りすぐりの者を付けましょう」と、暗殺の手助けを行うことを提案する。

出浦は、室賀が暗殺しにやってくると考え、「室賀を逆に仕留める」ということを考え始める。出浦は、「信繁に祝言を挙げさせ、室賀を呼ぶ。奴も好機と思ってやってくるだろう」と言い、室賀をおびき寄せようと考える。

信幸は、「祝言を血で汚すおつもりですか?」と反対するが、昌幸は「確たる証拠はない。儂の命を狙うかどうか、それを見極めるのだ」と、作戦を実行することにする。室賀は案の定、祝言に乗じて昌幸を討とうとする。

当日、梅はきりに「信繁様は、私の旦那様になったんです。私達のことは放っておいてくれませんか?…だって、きりちゃんの気持ちが分かるから」と告げる。きりは取り乱してその場を立ち去る。一方、信幸は、妻・こう(長野里美)に命じて、「信繁を祝言の席から出してはならぬ」と言う。

式がとり行われ、宴が始まる。昌幸の隣に室賀が座り、室賀は緊張感を漂わせていた。昌幸は、室賀に囲碁を打とうと誘いだす。2人は連れ立って部屋に向かう。その様子を、室賀が連れてきた暗殺者2人が見ていた。その場に出浦が現れ、密かに倒す。

昌幸と室賀が囲碁を打っている中、高梨内記(中原丈雄)、出浦、信幸が見張っていた。その部屋の前、居た堪れない気持ちで宴を抜けだしたきりがやってきてしまう。信幸は、きりに「向こうに行っていろ」と言うが、その場を動こうとしない。信繁は、兄・信幸を探しに行こうとするが、こうは引き止める。

昌幸は、室賀に「儂を殺しに来たのだろう?」と切り出す。さらに、徳川家の暗殺者を既に始末したことを告げ、「亡骸は徳川に送りつけることにしよう…お主の負けじゃ」と言う。

「儂の家来になれ。さすれば、許す。よう考えろ。お主にそれ以外の逃げ道はない」と昌幸は提案する。室賀は、懐に隠した小刀を昌幸に渡し、昌幸は「帰れ」と言う。室賀は、帰ろうとする素振りを見せるが、間際で脚に隠した刀で斬りつけようとする。出浦はそれを阻止し、室賀は殺害される。

その様子をきりは見てしまい、慌てて信繁を連れ出す。信繁は、「読めました…それで祝言を」と言う。きりは、「あなたたち、それでいいの?」と問う。だが、昌幸は「儂が命じたのじゃ。真田が大名になるには、室賀がいてもらっては困るのじゃ」と言う。

信繁は、信幸に「父上は、また見事に成し遂げられましたね。室賀の骸を見た時、怒りはなく、ただただ父上の策を見抜けなかった自分が悔しかった」と言う。さらに、「そんな自分が好きになれません。梅のため、怒り、悲しんだのは私ではなかった」とつぶやく。信幸は、「それでも前に進んでいくしかないのじゃ。我らは」と言う。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第12話「人質」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第10話「妙手」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸