アニメ

アニメ

映画『バズ・ライトイヤー』での「同性愛表現」とはどのようなものだったか?

映画『バズ・ライトイヤー』で、「同性愛表現」が原因で中国、インドネシア、マレーシア、アラブ首長国連邦(UAE)などで上映禁止となりました。 ディズニー側は「カットには応じない」という姿勢を貫いており、プロデューサーのギャリン・サスマン...
アニメ

映画『バズ・ライトイヤー』で、なぜ2人のバズは異なる人生を歩むことになったのか?

映画『バズ・ライトイヤー』では、ザーグの正体が「年老いたバズ自身」であると判明します。『トイ・ストーリー2』では、「バズの父親」とされていましたが、映画『バズ・ライトイヤー』では異なっています。 バズがテスト飛行を成功して帰還したとこ...
アニメ

アニメ『時をかける少女』のテーマソングが奥華子の『変わらないもの』ではなく『ガーネット』になった理由

アニメ『時をかける少女』のテーマソングは『ガーネット』でありエンディングで流れています。同じく『変わらないもの』も印象的な名曲であり、挿入歌として使われていますが、実は当初、『変わらないもの』がテーマソングとして使用される可能性がありました...
アニメ

『竜とそばかすの姫』が『美女と野獣』をモチーフにしている理由

細田守監督は、91年にアニメーターとして入社しています。同年、ディズニーのアニメーション映画『美女と野獣』が公開となっています。 決して平坦ではなかったアニメーター生活の中で、辛くて挫けそうになったこともあったそうです。そんな中、「辛...
アニメ

『竜とそばかすの姫』ベルのキャラデザを『アナと雪の女王』のジン・キムが担当した理由

『竜とそばかすの姫』の主人公・内藤鈴の仮想世界上でのアバター「ベル」。このベルのキャラクターデザインを行ったのが、『アナと雪の女王』などを手掛けたジン・キムです。 細田守監督とジン・キムとの出会いは、『未来のミライ』がアカデミー賞でノ...
アニメ

『竜とそばかすの姫』で渡辺瑠果が部活紹介で披露していた「アルトサックスを吹きながら踊る」シーンの意外な元ネタ

映画『竜とそばかすの姫』で、渡辺瑠果(ルカちゃん)が部活紹介で披露していた「アルトサックスを吹きながら踊る」シーン。この元ネタは、細田守監督が『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』の大ファンであり、その番組で紹介されていた内容であるそうです...
アニメ

「竜とそばかすの姫」あらすじ・ネタバレ・結末

高知県に住む内藤鈴は、幼い頃に母を水難事故で亡くしていた。母と歌うことが大好きだった鈴は、それからというもの歌うことができなくなり、父との関係にも溝ができてしまった。 鈴も高校生になり、友人の別役弘香が仮想世界に招待する。Uでは自分に...
ジブリ作品

宮崎駿監督が『風の谷のナウシカ』の映画化を拒んでいた理由と原作となる漫画を連載し始めた経緯

日本テレビ系の『金曜ロードSHOW!』で、映画『風の谷のナウシカ』が放送された初回、宮崎駿監督が水野晴郎さんのインタビューで映画『風の谷のナウシカ』の制作をすることになった経緯を問われ、こう答えています。 「(『風の谷のナウシ...
ディズニー/ピクサー作品

『2分の1の魔法』の原題『Onward』の意味と「ライトフット兄弟」の名前の意味

『2分の1の魔法』の原題『Onward』であり、Onwardとは「前進」という意味です。ダン・スキャンロン監督はこの意味について、以下のように語っています。 この映画は、人生の悲劇から立ち直って、前進することを描いています。大...
ジブリ作品

『もののけ姫』ラストの「サンとアシタカのその後」は?宮崎駿監督の考え

アシタカのプロポーズとも思われる言葉の後、サンは「アシタカは好きだが人間を許すことはできない」と返答します。 さらにアシタカは「それでもいい。サンは森で、私はタタラ場で暮らそう。ともに生きよう、会いにいくよ」と言って分かれます...
タイトルとURLをコピーしました