サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「世界一難しい恋 第2話」あらすじ・ネタバレ

      2016/05/25

鮫島ホテルズの社長・鮫島零治(大野智)は、2ヵ月後に開かれるホテル協会のパーティーに、社長室 企画戦略部の社員・柴山美咲(波留)を婚約者として連れて行くと決意する。だが、秘書の村沖舞子(小池栄子)から、美咲には「彼氏、しかもベルギー人のガブリエルという恋人がいる」と知らされショックを受ける。

気が動転し、美咲の前に行くが、思いとどまって「ホッチキスを貸してくれ」と言って誤魔化す。舞子は、美咲の先輩・三浦家康(小瀧望)から聞いた知り、零治は三浦から美咲のことを聞き出そうとする。

三浦がランチで1人になったところを見計らい、声を掛ける。一緒に食事を行い、零治は「まひろ(清水富美加)ちゃん派か、美咲ちゃん派か、社長はどっちっすか?」と訊かれ、答えに窮する。

さらに、三浦に美咲のことを聞き出そうとするが、あまり知らなかった。「どうしてそんなに新入社員について聞きたがるんですか?」と言われ、零治は「社員のことを気にかけるのは当然のことだ」と言う。三浦は、その言葉に感動して協力を買って出て、「若手社員が集まる飲み会で、本人と話して真相を突き止めてきます」と約束する。

美咲は、零治がクビにした清掃員・松田(美保純)の再就職先を用意しようとしていたが、再就職先をすでに松田は決めていた。松田は、ホテル利用客や同僚の信頼に厚く、細かい気配りができる女性だった。クビになったにも関わらず、美咲は零治に贈り物をする。

三浦によると、美咲は現在、付き合っている彼氏はおらず、元恋人はベルギー人のミルコという男だという。美咲がフリーであったと判明したが、零治は「外国人と付き合っていた女だとは思わなかった…手を引く」と言う。そんな彼に舞子は、「女性の過去にこだわるような、器の小さい男はモテません」とキッパリと断言する。

美咲のことを忘れようとするが、ついつい三浦が送ってきた美咲の画像を見てしまう。一方、社長室 企画戦略部では、美咲が松田に紹介したという再就職先が、和田英雄(北村一輝)のホテルであることが「社長の怒りを買う」と社員たちは戦々恐々としていた。

零治は、和田との対談の中で松田が和田のホテルに紹介されたことを知ってしまう。案の定、企画戦略部で零治は激怒し、紹介した美咲を社長室に呼び出す。「我が社が不利益を被る」と叱る零治に、美咲は「あんな理不尽にクビにしたのに、そのようなことを言う資格はありません。もう松田さんの人生を邪魔しないでください」と反論する。

さらに、美咲は松田が作った爪楊枝袋を手渡す。美咲に嫌われた零治は、怒りにまかせてゴミ箱に爪楊枝袋を捨ててしまう。そんな零治に、舞子は「彼女に器が小さい男だと思われてしまいました」と指摘する。さらに、「大らかな心を見せれば、美咲さんも社長を見直すはずです」と励ます。

「松田さんに、別の就職先を用意しよう」と企画戦略部では話し合われていたが、そこに零治が現れ、「和田社長のところに行って、頭を下げてくる」と言う。さらには、遅刻した取引先にも寛大な心を見せる。捨て犬も拾う変わりように、社員たちは逆に不安に思う。

一方、零治は「俺は、器の大きい男に思われたいんじゃない。美咲と話がしたい。仕事以外のことをなんでも良い、おしゃべりしたい」と気づく。美咲が休日出勤することを知り、偶然を装って零治は会おうとする。

犬の散歩でオフィス近くまで行き、零治は美咲を待ち伏せする。美咲に声をかけられ、零治は休日出勤した美咲を労う。そこからの展開を期待する零治だったが、美咲は「お疲れ様でした」とあっさりと帰ろうとする。

そんな美咲を呼び止め、零治は「もし良かったらでいいんだが、俺と一緒に…俺と一緒に…犬の名前を考えてくれませんか?」と言う。「どうして私なんでしょうか?」と問われ、零治は「ちょうどいいからだ。30代の男と20代の女、それがいいのだとマーケティングの本に書かれていた」と誤魔化す。

帰り道、零治が飼いはじめた犬を「散歩途中に逃がしてしまった」という飼い主が現れる。犬を取り返されてしまいそうになり、零治は「金ならいくらでも払う」と言うが、手放さなくてはならなくなる。犬を失ってしまい、零治はどうしようかと途方に暮れる。

社員たちがランチに行くのを見計らい、零治も一緒に食事に行く。そこで、零治は「クビにした松田とドアマンに、もしウチで働く気があるのなら、戻ってきて欲しいと伝えてくれないか?」と言う。

松田やドアマンが復帰し、その表情を見て「ここまで嬉しそうにするのか…」と思う。さらに、復帰したドアマンに「子供は生まれたのか?」と訊き、命名がまだだという彼に、零治は命名事典をプレゼントする。ドアマンは感謝し、深々と頭を下げる。

美咲は零治に、「子犬の飼い主、見つかったそうですね。いいことですけど、ちょっと残念ですね。あの子にピッタリの名前、考えついたんですけどね」と話しかける。そんなわずかな会話に、零治は思わず相好を崩して喜ぶ。

犬を飼おうかとサイトを見ていたところ、舞子は「その前にやるべきことがあるんじゃないですか?早くデートに誘ってください」と言う。

一方、和田は白浜吾郎(丸山智己)に「松田さんより引き抜きたい人はいるんだ。…柴山美咲。彼女に先に目をつけていたのは、俺なんだ。パリでね」とつぶやく。

世界一難しい恋 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2016/5/25 21:37時点)


次話:「世界一難しい恋 第3話」あらすじ・ネタバレ

前話:「世界一難しい恋 第1話」あらすじ・ネタバレ

 - 世界一難しい恋