サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「カリフォルニア・ダウン」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) レスキュー隊員・レイ(ドウェイン・ジョンソン)は、妻のエマ(カーラ・グギノ)と離婚協議中で、妻と娘・ブレイク(アレクサンドラ・ダダリオ)と離れて暮らしていた。そんな中、カリフォルニアを襲った大地震で、エマ、ブレイクに命の危機が訪れる。

2) レイは、エマを救出し、地下駐車場で脚を挟まれて動けなくなったブレイクは、ベン(ヒューゴ・ジョンストーン=バート)とその弟・オリー(アート・パーキンソン)に救出される。

3) さらなる地震、そして津波が襲う中、レイとエマは、娘を救出に向かう。一方、ブレイクはレイ仕込みのレスキュー知識で苦難を乗り切っていく。ビル内に避難したブレイクは、津波に襲われて溺死寸前の中、父・レイに救出される。

4) レイの家族、ベンとオリーは未曾有の大災害の中、生き延びる。レイとエマは夫婦の絆を取り戻し、ブレイクとベンは苦難をともにして恋愛感情を互いに抱くのだった。

起:夫婦の亀裂

レスキュー隊員・レイ(ドウェイン・ジョンソン)は、卓越したヘリコプターの操縦技術で、救助活動を行っていた。そんな彼は、2人の娘がいたが、下の娘がラフティング中の水難事故で亡くなってしまっていた。

ラフティングに誘ったのはレイであり、さらには一緒にいながら娘を救えなかったことで、レイは自らを責め続け、家庭には暗い影を落としていた。妻のエマ(カーラ・グギノ)は、心を閉ざしたレイから離れ、離婚協議中であった。

エマと娘のブレイク(アレクサンドラ・ダダリオ)は、エマの恋人ダニエル・リディック(ヨアン・グリフィズ)のところに住んでいた。レイは既にエマが恋人と住んでいたことにショックを受ける。

そんな中、カリフォルニアで地震が起こり、レイはヘリで救助に向かう。地震学者のローレンス・ヘイズ教授(ポール・ジアマッティ)は、さらなる大地震がくると予期しており、その通りの事態が起こってしまう。

承:ブレイクの窮地

ブレイクは、大学へとダニエルに送ってもらう途中、ダニエルの所用で彼の会社のビルに立ち寄る。そこで、面接を受けにきたベン(ヒューゴ・ジョンストーン=バート)とその弟・オリー(アート・パーキンソン)に出会う。

ブレイクとダニエルは地下駐車場を出ようとしたところ、大地震が襲う。ブレイクは車内で足を挟まれ、身動きがとれなくなる。ダニエルは救助を求めに行くが、警備員が崩れてきた瓦礫の下敷きになったことを目撃し、ブレイクを見捨ててビルを出ていってしまう。

一方、レイは妻・エマから連絡を受けて救出に向かう。エマに屋上へ向かうように言い、レイはヘリでエマを救出する。さらに、レイはブレイクから電話を受け、地下駐車場で身動きがとれなくなっていることを知り、救助に向かう。

ダニエルの話を聞いていたベンとオリーは、ブレイクを救出しに地下駐車場に入る。今にも瓦礫が崩れ、ブレイクが下敷きになってしまいそうな中、ジャッキを使って瓦礫を持ち上げ、さらにはタイヤをパンクさせて空間を作るという機転でブレイクを救出する。

ブレイクは、携帯電話が使用できなくなったことから、家電屋を訪れて固定電話によってレイに無事を伝える。レイは、思いでの場所であるビルを指定し、その場所へと向かわせる。ブレイクは、ダニエルが自分を見捨てたことを伝え、エマはダニエルの留守番電話にもう二人の関係は終わりだとメッセージを残すのだった。

転:プランB

レイはエマとともにヘリで向かうが、途中でビルの倒壊に巻き込まれ、ショッピングモールに墜落する。ショッピングモールでは、暴徒と化した人々が商品を奪い合っていた。レイはエマを守りながら、クルマを奪ってブレイク救出に向かう。ところが、途中で大きな亀裂が道を分断し、先に進めなくなってしまう。そこで、クルマを老夫婦に譲る代わりに、飛行機を手に入れる。

飛行機で飛び立つが、指定していたビルは火災で炎上していた。そこで、レイはボートによって海沿いにブレイクを探すことにする。ブレイクは、「パパが見つけやすいように、高いところに行こう」という”プランB”を提案し、ダニエルの建設中のビルへと向かう。ベンは、落下してきたガラス片で脚を切り、思うように歩けないが、津波が襲ってきていたため、彼らはビルへと急ぐ。

ボートに乗っていたレイたちも、津波が近づいてきているのを発見。津波が崩れる前に高波を乗り越え、難を逃れる。そんな彼らは、海に沈んだ街中で、ボートに乗ったままブレイクを探す。

結:平穏

ブレイクたちは、レイの姿を発見し、レーザーポインターでビル内にいることを知らせる。ところが、そこに再び津波が襲い、ビル内に海水が入り込んできてしまう。

ベンとオリーは、ブレイクとはぐれて上の階へと向かう。ブレイクは海水が天井近くまで迫るフロアに取り残され、死を覚悟する。そこにレイがやってきて、娘を救出するのだった。ところが、ブレイクはしばらく息ができなかったために気を失ってしまう。レイは必死に救命処置を施し、ようやくブレイクは目を覚ます。

ブレイクの死を覚悟したレイとエマ、ベンとオリーはブレイクが意識を取り戻したことを喜ぶ。彼らはボートで避難所まで到達し、無事であった。レイとエマは夫婦の絆を取り戻し、ブレイクとベンは恋愛感情を互いに抱いているようだった。

 - 洋画