サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

ドラマ「湊かなえ 往復書簡 -十五年後の補習-」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1)材木倉庫で、久保田綾子という女性が刺殺され、その上で遺体に灯油が撒かれ、燃やされるという事件が発生した。その材木倉庫では、15年前、大島一樹という中学生が撲殺された上で遺体を焼かれていた。しかも、綾子は一樹殺害の罪が疑われた同級生・久保田康孝の母親だった。亀山隆三刑事は、2つの事件に関連性を感じずにはいられなかった。

2) 15年前の事件現場には、岡野万里子が意識を失って倒れていた。そんな彼女を永田純一が救い出したのだった。万里子は、記憶を失っていた。純一は、綾子が殺害されたちょうどその日、アフリカのガールーン共和国に国際ボランティアで行っており、亀山刑事たちは、綾子殺害が彼による犯行であると疑う。

3) そんな中、純一は万里子宛ての手紙に「15年前の事件は、僕の犯行だ。付き合っていたのも、君を監視するためだった」と書いていた。だが、万里子は事件当日のことを思い出す。一樹を殺害したのは、万里子自身だったのだ。康孝は、一樹と万里子を倉庫に呼び出し、閉じ込めた。

4) 一樹は万里子に欲情し、襲いかかった。万里子は、近くにあった角材で一樹の頭を殴り、抵抗した。結果、一樹は倒れこんだのだった。彼らの帰りが遅いため、純一は駆けつけた。その場の様子に、全てを悟った純一は、万里子に罪を背負わせないため、倉庫に火を放ったのだった。

5) 綾子を殺害したのは、一樹の母・百合だった。綾子は、百合と夫・進が不倫していたのを知っていた。そのことが原因で、康孝と一樹は不仲になり、不幸が重なって事件が起きてしまった、と綾子は百合を責め、ナイフを取り出して襲いかかった。揉み合いとなり、百合は綾子を殺害してしまったのだった。15年前の事件に取り憑かれていた百合は、再捜査を望んでおり、過去の事件を真似て火を放ったのだった。

詳細なあらすじ

中年女性が腹部を刺され、死亡した。犯人は彼女の近くに灯油を撒き、火を放った。

岡野万里子(松下奈緒)の恋人・永田純一(市原隼人)は、国際ボランティアに志願し、突然、ガールーン共和国へと旅立ってしまう。準一は、ガールン共和国の子ども達に勉強を教えるため、2年は帰ってこない。しかも、万里子や家族にも相談せず、純一はいなくなってしまった。

万里子は、純一に宛てた手紙を綴る。「あなたが日本を出て行ったのは、15年前のできごとがきっかけ?…あなたが隠していることを教えて欲しい」と書いていた。

材木倉庫で、女性の焼死体が発見される。女性は刺殺された後、わざわざ燃やされていた。刑事の亀山隆三(鹿賀丈史)は遺体を見て、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人を思い出していた。

亡くなったのは、久保田綾子(大沢逸美)であり、幼馴染・久保田康孝(今井悠貴)の母親だった。康孝は、15年前に起きた放火殺人事件の容疑者だった。

出火した材木倉庫の中に、当時中学生だった万里子(西畑澪花)と、同級生の一樹(篠田諒)が閉じ込められていた。一樹は焼死していたが、万里子は駆けつけた純一(福山康平)に救出された。

倉庫に外から閂(かんぬき)がかけられていたことから、亀山刑事は放火殺人の線で捜査していた。万里子は記憶を失っており、証言することができなかった。

康孝は、「仲直りをしたい」と万里子宛ての手紙を書いており、その手紙は彼女のスカートに入っていた。さらに、純一の証言から、康孝が被疑者と考えられていた。だが翌朝、康孝は学校の校舎から飛び降り自殺していた。

亀山刑事は、万里子のもとを訪れてくる。「15年ぶりですね。万里子さん」と亀山刑事は言い、「記憶は?」と訊ねるが、万里子は首を振る。

亀山刑事はさらに、「純一さんは、久保田綾子さんが亡くなった後、すぐにいなくなった。担任していたクラスの生徒を放り出して。これは偶然でしょうか?」と言う。

純一は、海外赴任の件を巧妙に隠していた。万里子は、純一に2週間前、急に海外赴任の話を切り出された。「2年間、待ってて欲しい」と純一は言うのだった。

坪井由美(朝倉あき)は、急に退職を決める。今まで「先輩、先輩」と慕っていた後輩であったこともあり、その豹変ぶりに万里子は驚く。

綾子の告別式に、純一の母親・頼子(長野里美)や一樹の母親・大島百合(多岐川裕美)たちが揃っていた。さらに、康孝の父・久保田進(梨本謙次郎)もいた。そこで、亀山刑事は「皆様にお集まりいただいたのは、15年前の関係者に、今回の事件も含めてお話を聞きたかったからです」と言う。

一樹の母・百合は、「15年前の出来事について、話を聞きたかったの。何か思い出していない?」と訊くが、万里子は「私と純一の間で、あの事件のことは話さないようにしていたんです」と明かす。

百合は、「純一君は万里子さんが思い出したら困ることでもあるのかしら?…いいわね、生きてるって。あの事件が縁結びになったんだから」などと皮肉を言う。さらに、純一の父・恵一は、「あの事件から、純一が声を立てて笑うのを一度も見ていない。幼馴染2人が亡くなったのは、よほど悲しかったらしい」と言う。

万里子は、由美に電話するが出てはくれなかった。そんな中、純一から手紙の返事が届く。そこには「康孝のお父さんのこと、心配している。…僕がここにきたのは、15年前の出来事が関係していると思っているかもしれないが、それは違う。2人で映画に行くのを約束した日、何があったか覚えてる?」と書かれていた。

その日、万里子のもとに由美がやってきた。由美は夫からDVを受けており、駆け込んできたのだった。万里子は、DV専門の弁護士に2人で相談に行くため、純一に「今日、映画に行けなくなった」と電話で知らせたのだった。そこで、時間の空いた純一は、国際ボランティアの説明会に参加したのだった。

その説明会に参加した純一は、「なぜ、由美ちゃんのDVを、僕に相談しなかったのだろう?」と思っていた。純一は中学時代、男子たちがケンカしているのを止めなかった。「なんで止めないの?」と万里子に訊かれ、純一は「岡野さんには関係ないよ」と言った。だが、万里子はケンカを止めに行った。

そのこともあり、純一は「僕に頼ってもしょうがないと思ったのか…」と考えたのだった。「誰かの役に立ちたい」と考え、純一は国際ボランティアに参加することをその場で決めたのだという。

退社した万里子を、由美が待ち伏せしていた。その手には、ナイフが握られていた。その場に現れた刑事たちにより、万里子は助けられた。

由美は、夫と離婚していた。万里子が弁護士などに相談したため、離婚になってしまったと考え、由美は万里子を逆恨みしたのだった。そのことから、亀山刑事は「15年前と似ている。あなたが良かれて思って介入したから事件が起きた」と指摘する。

そして一樹が、康孝を殴っていた理由を明かす。康孝は、一樹の母親がスナックで働き、息子を養っていたことから、「お前の母ちゃん、男に貢がせてんだってな。体売って稼いで。アバズレの息子」と言い放った。そのため、一樹は康孝を殴ったのだった。

そのことがきっかけで、万里子は15年前のできごとを思い出す。万里子は、下駄箱に「一樹と仲直りがしたい。でも、勇気が出ないから、立ち会って欲しい」と書かれている康孝からの手紙を見つけ、材木倉庫に向かうのだった。

万里子は、材木倉庫で待っていた一樹を見かける。すると、康孝は一樹と万里子を外から閂で閉じ込めたのだった。

万里子は、一樹の母が経営するスナック百合を訪れる。そこには純一の父・恵一がおり、「純一はこの半年、悩んでいるようだった」と明かす。そして恵一の去り際、百合は「また来てくださいね。昔みたいに」と言う。

百合は、「康孝君が、私の悪口を一樹に言ったことが原因でケンカになったって…一樹が私のために、私をかばうためにあんな目に遭ったって聞いて、やりきれなくてね…」とつぶやく。

警察の捜査により、純一が綾子に何度となく電話をかけていたことが明らかになった。だが、亀山刑事は「重要参考人として純一を呼ぶのはまだ先だ」と言う。

万里子は、携帯電話を忘れてスナック百合に戻る。そこで、久保田綾子の夫・進(康孝の父親)がいた。進は、「すまなかった。俺が君と付き合っていなければ、あんなことが15年前に起きなかったんだ」と謝る。

康孝の父・進と一樹の母親が不倫関係にあったのを、純一は知っていた。純一の手紙には、「康孝も一樹も、大人たちの事情の犠牲者なんだ」と書かれていた。

万里子は、記憶を辿るために材木倉庫を訪れる。帰ろうとするが、亀山刑事に呼び止められる。「康孝君が火をつけて、私や一樹君を殺そうとするなんて、信じられないんです」と言う。

亀山刑事は、「出火場所は、倉庫の中なんです。出入り口は一つだけで、閉じ込めている中で、火を放つことはできない」と指摘する。

万里子は、一樹がオイルライターを使ってタバコを吸っていたことを思い出す。そして、康孝が出した手紙を万里子は取り出す。一樹もまた、「謝りたい」という康孝の手紙を持っていた。

万里子は、「タバコの火がおがくずに引火した可能性もある。康孝君が閉じ込めたのは、私が一樹君を説得できると思ったから…康孝君に非はない」と思う。

万里子は百合に、「一樹君がタバコを吸ってた。おがくずに引火シた可能性があります」と伝える。だが、百合は「一樹は慎重なの。おがくずのいっぱいあるところで吸うようなことはないの…でも、あの子のライターを使えば、あなたにも火をつけることはできる」と言う。

さらに、「純一君が火を付けた可能性もある。15年前、火をつけたのが純一君だったら…そのことを綾子さんに知られて、殺した。そして、海外に逃げ出した可能性もある」と指摘する。

純一、康孝、一樹はとても仲が良かったのだという。百合は、「できることなら、あの頃に戻って何もかもやり直したい」と言う。そんな彼女に、万里子は「もし過去に戻れたら、康孝君のお父さんと関係を持ちませんか?」と言う。

そして、万里子は「私、あの日にケンカを止めなければ…材木倉庫に駆けつけなければ…そう思い続けてるんです」と悔やんでいるのだと明かす。

純一は、康孝の母・綾子の口座に振り込みを行っていた。就職してからずっと5万円を振り込んでいたことが判明し、万里子は驚く。

万里子は再び、過去のことを思い出した。純一が角材を持ち、その下には頭から血を流す一樹がいた。そのことを手紙に書いたところ、純一は「君が見たのは夢ではない。現実だ」と書かれていた。

「僕も一樹を恨んでいた。僕の父親も、一樹の母親に入れ込んでいた」と書かれていた。万里子は、小さな窓から出ようとして足を踏み外し、意識を失っていたのだった。一樹は、「お前の父親、お袋に気を引こうと必死でみっともねぇ」と純一に言い放った。そのことに激昂した純一は、一樹を角材で殴り、そして一樹のオイルライターで火を放ったのだった。

康孝は、自らが閉じ込めたことで事件が起きたことに自責の念を感じ、自ら命を絶ったのだった。そして、手紙の最後には「君と付き合っていたのは、君を見張るためだ。でも、もうそれも終わりだ。お幸せに」と書かれていた。万里子は手紙を読み、愕然とする。

万里子は、純一の両親の家を訪れる。そして、「私、ガールーンに行ってみようと思います。15年前の出来事、ちゃんと話をした方が良いと思って」と言う。そこで、純一の父親・進が「海外にいたから、家族のことが心配で、一緒にいられなかったことを悔やんでいる」と発言していたため、純一が手紙で書いていた「僕も一樹を恨んでいた。僕の父親も、一樹の母親に入れ込んでいた」ということがウソだと気づく。

万里子は、阿部智也(鈴之助)に飲みに誘われる。阿部はそこで、「純一に、メールで『万里子と自分は関係ないから』と書かれていた。何かあったのか?」と言う。

泥酔した万里子を、阿部は自宅に連れて行く。「万里子、俺じゃダメか?中学のときから、お前のことが好きだった…純一なんかに渡したくない」と言い、阿部は万里子に襲いかかる。

そこで万里子は、再び15年前のことを思い出す。万里子は、一樹に肩車してもらい、窓に手を伸ばそうとした。そこで万里子の太腿に欲情した一樹は、触れようとし、バランスを崩して倒れてしまう。

そこで一樹は、万里子に欲情して襲いかかったのだった。万里子は、近くにあった角材を手にし、一樹の側頭部を殴った。だが、そこで万里子も地面に落ちたことで頭を打って、意識を失ってしまった。

一樹を殺害したのは、万里子だったのだった。その罪を純一は自ら背負い、万里子に罪を背負わせないようにしたのだった。「僕が、過去から君を守る」という純一の言葉に、偽りはなかったのだと万里子は気づく。

万里子は再び、材木倉庫を訪れる。そこに万里子は、一樹の母・百合を呼び出す。「全てを思い出したんです。…一樹君を殺したのは、私です」と告白する。百合は、「どうして?あなたが一樹を…教えて。知らないことは辛すぎる」と訊ねる。

そこで、亀山刑事に付き添われ、純一が現れる。「僕が話します。万里子も、誰も知らないあの日の真実を、僕が話します」と言う。

「あの日、一樹と康孝の帰りが遅くて、心配になった僕は倉庫にやってきました。そこで、一目見て何が起こったか分かった。そこで、なんとしてでも万里子に罪を背負わせることはできないと思った。正義感の強い万里子が自分の罪に気づいてしまったら、壊れてしまう…そこで、僕は倉庫に火を放ったんだ」と言う。

そして、康孝を呼び出し、「お前の手紙を見つけたぞ」と言う。そこで純一は、康孝が「一樹を万里子に襲わせるつもりだった」と気づく。純一は、「倉庫の裏でタバコの吸い殻を見つけた。お前が放火したんだ。放火殺人犯だ」と言い、追い詰めた。結果、康孝は自ら命を絶ったのだった。

だが、純一は後日、「康孝は賭けをしていたんじゃないかって。一樹が万里子に何もしなかったら、謝ろうと思ってたんじゃないでしょうか。本当は、仲直りしたかった。彼らは、親の都合に振り回されていただけなんです」と言う。

亀山刑事は、百合が綾子を殺害したのだと指摘する。燃え残ったナイフに、百合の指紋がついていたのだった。百合は、綾子に呼び出され、不倫について問いただされた。そして、綾子にナイフで教われたのだった。揉み合いとなって、百合は綾子を刺殺してしまった。百合は、15年前の事件の真相を知りたかったため、再捜査を促すために火を放ったのだった。百合は逮捕され、亀山刑事に連行される。

泣いて謝る万里子に、純一は「僕は後悔してない。君のことを守りたかったんだ」と告げ、抱きしめるのだった。

純一の死体損壊と放火の罪には、時効が成立していた。純一はガールーンに戻り、教師を続け、贖罪を続けていた。また、万里子の一樹殺害について、亀山刑事は「事件を立証するのは困難で不起訴。立証できても、正当防衛です」と言う。そして、「もう、自分を許してあげても良いんじゃないでしょうか」と告げるのだった。

万里子は、純一から手紙を受け取る。そこには、「君の罪も、僕の罪もゼロにはできない。なかったことにはできない。でも、今までよりも君をずっと近くに感じる。…君を愛してる。今日の手紙にウソはない」と書かれていた。万里子は、純一に手紙を再び書き始める。

 - 国内ドラマ