サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「顔のないスパイ」あらすじ・ネタバレ

      2017/05/10

簡単なあらすじ

1) 旧ソ連の伝説的なスパイ・暗殺者である「カシウス」は姿を消していたのだが、アメリカのデニス・ダーデン上院議員がカシウスの手口を真似て殺害される。トム・ハイランド(マーティン・シーン)CIA長官は、過去にカシウスを追っていたポール・シェファーソン(リチャード・ギア)を召集し、FBI捜査官ベン・ギアリー(トファー・グレイス)とともに事件の調査を依頼する。

2) ダーデン上院議員は、ロシア側と内通しており、口封じのために殺害された。そして、その暗殺を実行したのは、旧ソ連のスパイであるヨハン・ボズロスキー(タマー・ハッサン)であった。ボズロスキーは、カシウス暗殺を命じられており、カシウスをおびき寄せるために手口を真似たのだった。

3) カシウスの正体は、ポールだった。ポールは旧ソ連のスパイとして暗躍する一方、CIAに所属し、アメリカで妻子とともに暮らしていた。ところが、それは掟に反することであり、ボズロスキーに妻子を殺害される。ポールは復讐のため、かつての仲間たちを次々に殺害し、その後、「カシウス」は姿を消した。

4) ベンもまたロシア側のスパイであり、ポールはそのことを知っていた。ベンは、ポールに「妻子のもとへ帰れ」と言われる。ポールは、ボズロスキーに胸を撃たれながらもボズロスキーを殺害する。ポールとボズロスキーは死亡し、ベンはボズロスキーこそがカシウスであると偽装し、ハイランドCIA長官に報告する。その後、ポールの遺言を守るように、ベンは家族のもとへと帰るのだった。

起:カシウスの再来

アメリカのデニス・ダーデン上院議員が殺害される。ワイヤーで喉が裂かれているという手口から、旧ソ連の暗殺者「カシウス」による犯行であるとトム・ハイランド(マーティン・シーン)CIA長官は考える。

ハイランドCIA長官は、CIAから引退したポール・シェファーソン(リチャード・ギア)を呼び、カシウスにとりつかれたかのように正体を追い続けるFBI捜査官ベン・ギアリー(トファー・グレイス)とともに、再び姿を現したカシウスを追跡するよう命じる。

承:ボズロスキーの行動

ポールは、「カシウスは死んだ。模倣犯による犯行だ」と言うが、ベンはカシウスが再び暗殺を始めたと考える。ポールたちは、カシウスをリーダーとする「カシウス7」の一味であった、ブルータス(スティーヴン・モイヤー)に会うため、刑務所へと向かう。

ブルータスは、「カシウスは掟を破ったことで制裁を受けた」と明かす。1988年、組織の掟に背き、家族を持っていたことから、カシウスはヨハン・ボズロスキー(タマー・ハッサン)に妻子を殺害されてしまったのだった。その後、カシウスは次々に関係者を復讐のため、殺害していったのだった。

ブルータスは、カシウスの妻子殺害に関与し、カシウスに撃たれて死亡したものと思われていた。だが、一命を取り止めて服役していたのだった。カシウスは掟を破ったブルータスは、ラジオのバッテリーを飲み込み、病院へと搬送される。病院へと着くと、バッテリーを吐き出し、脱走する。だが、間もなくしてブルータスは、カシウスの手口によって殺害されていた。

国境警備隊が殺害され、警備隊の車が奪われていたが、その車が発見される。その車載カメラから、ボズロスキーの姿が映っており、CIAはボズロスキーがカシウスであると考える。だが、ブルータスがカシウスの手口で殺害されたことや、過去の資料に、ポールの姿が数多く写っていたことから、ベンは、ポールこそがカシウスなのではないか、と疑う。

転:カシウスの正体

同僚のオリバー(クリス・マークエット)は、統計学の「帰無仮説」を用いてポールとカシウスの関係性について解き明かしてみてはどうか、と提案する。結果、ベンはポール=カシウスという説に確信めいたものを抱くようになる。

自分の正体に気づき始めたベンを、ポールは口封じのために殺害しようとするが、彼に妻子がいることを知り、思いとどまる。「この事件から手を引け。ボズロスキーは家族も狙う」と忠告するが、ベンは拒否するのだった。だが、ベン自身も実はロシア側のスパイであり、FBIに入局したのも、結婚したのもカムフラージュのためであった。そして、カシウスを殺害するよう命じられていた。

ボズロスキーは、カシウスの妻子を殺害した主犯だった。カシウスをおびき出し、抹殺するため、そして口封じのためにデンバー議員をカシウスの手口で殺害したのだった。

結:ベンの選択

ポールが、ボズロスキーと対峙していると、そこにベンがやってきた。ポールは証拠を突きつけられ、自らがカシウスであると認める。その一方で、ポールはベンに「ロシア側のスパイなんだろう」と指摘する。ベンは、任務終了後はロシアに帰還することになっていた。だが、ポールは「FBIに留まれ」というのだった。

ポールとベンは、ボズロスキーを追い詰める。だがそこで、ポールはボズロスキーに胸を撃たれてしまう。しかし、腕時計に仕込んだワイヤーでボズロスキーを殺害するのだった。

ベンは、ポールの腕時計をボズロスキーに持たせ、ボズロスキーをカシウスに仕立て上げるのだった。そして、ハイランドCIA長官、ロジャー・ベル(マイク・クラフト)FBI長官には、「ボズロスキーがカシウスだった」と報告する。その後、ハイランドCIA長官は、「CIAで働かないか?」とベンに尋ねるのだった。

ベンは、ポールの遺言に従い、祖国を捨てて妻子のもとへと帰る。

 - 洋画