サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「三度目の殺人」あらすじ・ネタバレ・結末

      2018/06/15

登場人物・キャスト

重盛朋章(福山雅治):三隅高司被告の殺人事件を担当する弁護士。

三隅高司(役所広司):30年前に殺人容疑で逮捕・服役し、さらに今回、解雇された工場の社長を殺害した容疑で逮捕されている。

山中咲江(広瀬すず):被害者の娘。

山中美津江(斉藤由貴):被害者の妻。

摂津大輔(吉田鋼太郎):弁護士。三隅の事件を当初担当していたが、供述が二転三転することに業を煮やし、担当を下りて重盛に依頼している。

川島輝(満島真之介):若手弁護士。重盛弁護士とともに三隅被告の弁護を担当する。

重盛彰久(橋爪功):重盛弁護士の父親で、元裁判官。30年前の三隅被告の事件を担当した。

あらすじ(ネタバレなし)

30年前に起こした殺人事件の前科がある、三隅高司(役所広司)は解雇された食品会社社長を殺害し、遺体に火を放って疑いで逮捕された。三隅被告は、供述を二転三転させており、当初担当していた摂津大輔(吉田鋼太郎)弁護士は担当を下り、重盛朋章(福山雅治)に引継ぎを依頼する。

死刑が確実視される中、重盛弁護士は無期懲役を目指す。事件現場を訪れた重盛弁護士は、河川敷に残る、遺体が焼かれた十字架の形の焼け跡を見る。そして、そこで足の不自由な少女で、被害者の娘である山中咲江(広瀬すず)に出会う。

重盛弁護士は、強盗殺人ではなく、解雇された怨恨による殺人であると主張し、減刑に持ち込もうと考えていたのだが、そんな中、三隅被告は週刊誌の記者に「被害者の妻に保険金殺人を依頼された」と話すのだった。

その証拠に、被害者の妻・山中美津江(斉藤由貴)から「例の件、よろしくお願いします」というメールが送られてきていること、そして50万円を振り込まれていることを明かす。そのため、重盛弁護士は「美津江の依頼による殺人」という弁護方針にするのだった。

重盛弁護士は、三隅被告と美津江が不倫関係にあったのではないかと考え、裏付けを行おうとする。ところが、三隅被告の自宅をよく訪れていたのは、美津江ではなくその娘・咲江であることが判明する。また、三隅被告は身辺整理をした形跡があった。

重盛弁護士は、三隅被告の30年前の事件を再調査する。その事件の裁判で、裁判長をつとめたのは重盛弁護士の父・彰久(橋爪功)だった。彰久の資料を読み、重盛弁護士は三隅被告の故郷である北海道・留萌市を訪れる。そこで、三隅被告を逮捕した刑事は、「空っぽの器のような男」と三隅被告を称した。また、三隅被告の娘もまた、咲江と同様に足が不自由であったことが判明する。

第一回目の公判が開始され、重盛弁護士は当初の予定通り、美津江の依頼による殺人であるという方針で弁護を行う。だがその公判後、咲江は重盛弁護士に対し、ある告白を行う…

あらすじ(ネタバレあり・結末まで)

咲江は、父親に性的虐待を受けていたと告白する。その事実を彼女は三隅被告に打ち明けており、そのために彼は父親を殺害したのではないか、と思っていた。

咲江は、三隅被告が死刑を免れるよう、証言を行いたいと提案する。重盛弁護士は、その提案を受け、三隅被告に話をする。だが、三隅被告は「そんな話は知らない」と否定する。さらには、「本当は殺していない」と証言を翻し、50万円も食品偽装を行っている会社からの口止め料であったと重盛弁護士に言うのだった。

三隅被告の証言をあらたに翻せば、死刑になることは目に見えていた。だが、重盛弁護士は真実の追求よりも勝つことを優先し続けていた姿勢を変え、三隅被告の主張を尊重することを選ぶ。

三隅被告は、法廷で「殺人はしていない」と証言を翻す。結果、やはり三隅被告の証言に信憑性がないと判断され、死刑判決が下される。咲江はショックを受けるのだが、三隅被告は重盛弁護士に「ありがとう」と感謝する。

重盛弁護士は、三隅死刑囚に再度面会し、娘のように思っていた咲江を父親からの性的虐待から守るために殺人を犯し、その動機が明らかにならないように、そして咲江に証言をさせないために証言を二転三転させ続けたのではないか、と問う。だが、三隅死刑囚は答えようとせず、はぐらかすだけだった。

重盛弁護士は、三隅被告を前に「あなたはただの器?」という言葉を口にするが、三隅死刑囚は「なんですか?器って」と言って笑う。重盛弁護士は三隅死刑囚との面会を終えると、ただ空を仰ぐしかなかった。

映画情報

2017年9月9日
脚本・監督:是枝裕和

関連記事

映画「万引き家族」あらすじ・ネタバレ・結末

映画「そして父になる」あらすじ・ネタバレ・結末

「海街diary」あらすじ・ネタバレ

映画「誰も知らない」あらすじ・ネタバレ・結末

 - 邦画