サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第2話 「決断」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

兄弟である信幸(大泉洋)・信繁(堺雅人)ら真田家一行は、武田勝頼(平岳大)と別れ、甲斐・新府城を脱出し、父の待つ昌幸(草刈正雄)上州・岩櫃城へと向かう。しかし、道中には野盗の群れが待ち構えており、危険な旅路であった。

母・薫(高畑淳子)は、「もう歩きたくない」と駄々をこねるが、そこで兵糧目当ての野盗に襲われる。そこで、信繁は着物を餌にして逃げようとする。一方、信繁は野盗を斬ろうとするが躊躇ってしまい、信幸に助けられる。

勝頼は、小山田信茂(温水洋一)に裏切られ、行き場を失っていた。信繁らは百姓に化け、敵兵の目を欺く。途中、信茂の家臣・小山田八左衛門が合流し、「お守り致します」と同行する。だが、信繁は「今は岩殿を守る時。こちらに兵を割くとは思えません」と怪しむ。

勝頼は、天目山棲雲寺を目指すも途中、田野で追い詰められ、自害する。勝頼の死により、武田家は滅亡する。昌幸のもとに、勝頼の死が伝えられ、「儂の言うことを聞き、ここに来てくだされば…」と悔いる。

新府城の跡地には、徳川家康(内野聖陽)がいた。あっけない武田家の滅亡に、拍子抜けした様子だった。

信繁は、小山田らが甲斐に戻ろうとしていると分かり、裏切られたと察する。小山田らは、真田家の一行を織田側への手土産としようとしていた。だが、そこに父・昌幸らがやってきて救出する。

小山田信茂・茂誠らは、織田信長に「一時の情勢で主君を捨てた裏切り者」と言われ、処刑されようとしていた。

昌幸は、上杉氏政(高嶋政伸)か北条景勝(遠藤憲一)のどちらにつくか考えていた。だが結果、昌幸はどちらにもつかず、「織田につくことにした。あえて火中に飛び込むのじゃ」と言い、信長に会うことを決める。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第3話 「策略」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第1話 「船出」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸