サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第3話 「策略」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

真田昌幸(草刈正雄)ら真田家一行は、お膝元である信州に戻る。昌幸は、「信長という男に賭けてみたい」と、織田側につき、同盟を結ぼうと考えていた。弟・信尹(栗原英雄)に、交渉を進めるよう指示する。

昌幸の娘・松(木村佳乃)は、夫・小山田茂誠の行方が知れず、「裏切り者」である夫とは二度と会えないと思い、悲嘆に暮れていた。

高遠城に乗り込んだ徳川家康(内野聖陽)は、本多忠勝(藤岡弘)に半ば無理やり武田勝頼の自害した場所へ連れて行かれる。忠勝は、一心不乱に手を合わせ、供養する。そんな中、茂誠がその場に現れ、忠勝に斬られようとしていたが、家康は茂誠を逃がす。

織田・徳川家の脅威が迫る中、昌幸は、国衆である室賀正武(西村雅彦)、出浦昌相(寺島進)らに織田側へつこうと提案するが、室賀は「儂らは貴様の家来ではない!」と、意見をまとめ上げることに苦労していた。

昌幸の次男・信繁(堺雅人)は、地侍の娘・梅(黒木華)に好意を持っており、クシを贈ろうと考えていた。だが、自分では渡せず、幼なじみであるきり(長澤まさみ)に渡して欲しいと頼む。きりは、「一緒について行ってあげる」と言い、信繁はきりとともに梅のもとを訪れる。きりは、自分と梅との扱いの差にがっかりする。

室賀の領民たちが、梅らの領地に無断で入り込んで薪をとっていることを知り、信繁は加勢する。

上杉からは、真田を取り込もうと密書を送ってきた。昌幸は、それを拒否するわけでもなく、「ありがたきこと」と返事を書き、長男・信幸(大泉洋)に命じて送らせる。その動きを、室賀・出浦の忍びが見張っていた。この動きにより、さらに昌幸に対する不信感を生んでしまう。

信繁は、梅たちとともに室賀の領民たちを打ち倒す。だが、そんな中、きりは梅と信繁に気遣い、転倒して足を挫いたふりをして先に行かせようとする。だが、信繁はそんなきりを背負い、山を下りようとする。そこに、茂誠が変わり果てた姿で現れる。

一方、信幸は密書を佐助(藤井隆)とともに運んでいる途中、室賀・出浦の手下に襲われる。そして、佐助は斬られ、密書は奪われてしまう。室賀は、信長に昌幸が上杉側につこうとしていると知らせるため、その密書を信長に見せに行こうとする。

だが、これはすべて昌幸が仕組んだことであった。上杉からの密書など届いておらず、「様々なところから声がかかる、そんな男、旨味がある男に違いないと思う。真っ向から話をしに行くことなどできはしないからな」と、信長と話をするため、室賀を利用したのだと昌幸は明かす。佐助も、斬られたふりをしただけであった。出浦もまた、昌幸の協力者だった。

信繁は、茂誠のために隠れ家を用意しようとしていた。だが、信幸は「腹を召されよ」と、自害するよう迫る。怯える茂誠の前に、松が立ち塞がり、「この人を斬るなら、私を斬りなさい」と言う。信幸は、「父上に話をする」と言うが、「話は昼過ぎに起きてからだ」と言い、暗に「逃げろ」と仄めかす。

翌日、昌幸は思惑通り信長から、「馳せ参じよ」と伝えられる。昌幸は、信繁とともに信長に会いに行く。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第4話 「挑戦」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第2話 「決断」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸