「おんな城主 直虎 第1話 井伊谷の少女」あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

1) 天文13年(1544)、遠江の国・井伊谷では、今川が侵攻してきて治めることとなった。その地に、後に井伊直虎(柴咲コウ)となるとわ(新井美羽)が生まれた。とわは、鬼ごっこで追い詰められ、崖から飛び降りてしまうようなやんちゃな少女だった。

2) とわの幼馴染には、鶴丸(小林颯)、亀之丞(藤本哉汰)がいた。そして、とわに亀之丞との縁談話が持ち上がる。

3) だが、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)は、山伏に託した今川に反旗を翻す書状を奪われてしまい、今川義元(春風亭昇太)に謀反の罪により討たれてしまう。鶴丸は、今川に肩入れする父・小野政直(吹越満)が関与していると疑っていた。

4) 義元は、今川は、亀之丞の首も差し出すように、と命じる。だが、とわの父・直盛(杉本哲太)は、亀之丞を遠方へと隠す。とわは自ら亀之丞の格好をして山道を歩き、囮になることを思いつく。

詳細なあらすじ

天文13年(1544)、遠江の国・井伊谷では、今川が侵攻してきて治めることとなった。その地に、後に井伊直虎(柴咲コウ)となるとわ(新井美羽)が生まれた。

とわの幼馴染には、鶴丸(小林颯)、亀之丞(藤本哉汰)がいた。とわは、鬼ごっこで追い詰められ、崖から飛び降りてしまうようなやんちゃな少女だった。

小野政直(吹越満)は、今川から婿をとり、関係をより強固にすべきと提案する。だが、井伊直満(宇梶剛士)らは、今川に対する反感を覚えており、反対する。

乳母・たけは、とわのやんちゃが過ぎることをとわの母・千賀(財前直見)に詫びるが、千賀は「今のうちだけです」と意に介していなかった。井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)は、とわのことを「お前が男子であったらな…跡継ぎとなるか?」と言う。とわは、「最初からそのつもりです」と言う。

龍潭寺では、鶴丸、亀之丞が勉強を行っていた。とわは、遅刻してやってきた。そんな中、とわに亀之丞との縁談話が持ち上がる。だが、亀之丞は病気がちで、倒れてしまうこともあった。

直満(宇梶剛士)は、とわと亀之丞に、2人が「夫婦約束をすることになった」と明かす。それはつまり、亀之丞が当主となることを意味していた。とわは、自分が当主とはならないと知らされ、動揺する。

とわは、父・直盛に「話が違う」と文句を言うが、母・千賀は「もしあなたが当主となっても、誰かと夫婦になることは変わりません。世継ぎを作らねばならないから」と言われ、納得する。

だが、鶴丸の父・小野政直(吹越満)は、「直満は、何か勇み足を踏むぞ」と密かに思っていた。直満は、山伏に手紙を託すが、山伏は殺害され、その手紙を何者かに奪われてしまう。

亀之丞は、自分の頼りなさをとわが嫌がっているのではないかと考え、「いつか頼りがいのある男になる」と宣言する。

とわは、南渓和尚(小林薫)に「溺れていたところを助けてくれたり、知らぬ間に馬に草を与えてくれていた者がいた」と言う。すると、和尚は「それは竜宮小僧かもしれんな」と言う。

一方、亀之丞の父・直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に駿府へと呼び出される。直満は、その呼び出しに嫌な予感を感じる。

とわは、竜宮小僧を探し回るが、見つけることはできない。亀之丞を連れ回すとわに、鶴丸は「亀之丞は、とわにいやとは言えぬ。それくらい分かれ」と言う。ケンカになる2人に、亀之丞は笛を吹いてその場をおさめる。

とわたちは、洞穴の中に入る。そこで、とわは山伏の遺体を発見する。野盗の仕業ならば、金品が奪われているはずであったが、奪われておらず、南渓和尚は「何か別のものを奪うために襲ったのでは」と考える。亀之丞は、山伏のことを「屋敷に来て、父といたところを見かけた」と言い、和尚はその場を立ち去る。

直満は、遺骨となって戻ってきた。今川義元に謀反の疑いをかけられ、討たれた。義元は、直満の書いた「今川と手を切り…」という書状を持っていたのだった。

亀之丞は、父の遺骨を抱いて泣き叫ぶ。その様子を、とわは見ているしかできなかった。鶴丸は、父・小野政直(吹越満)が直満の死に関与しているのではないか、疑っていた。

今川は、亀之丞の首も差し出すように、と命じていた。直盛は、井伊直平(前田吟)に「直満の命を奪った外道は誰じゃ!…まだ9つの子を首を差し出すのか?」と問う。

一方、亀之丞は夜に家を抜け出す。そこで、亀之丞は「どうせ長くは生きられぬ体…」と言う。だが、とわは「それでは、井伊はどうなる?私は、そなたの代わりになる。そなたの代わりに戦に出る」と言う。その言葉を聞いて、「そなたは、私の竜宮小僧になってくれるのか」と言う。

そんな中、和尚に言われ、傑山(市原隼人)は亀之丞を遠方へと隠す。とわは、「首を差し出すことを避けるため、そうするしかない」と言われる。

とわは、亀之丞の残した笛を拾う。そこで、とわは自ら亀之丞の格好をして山道を歩き、囮になることを思いつく。

次話:「おんな城主 直虎 第2話 崖っぷちの娘」あらすじ・ネタバレ



おんな城主 直虎

本日の人気記事

人気記事