ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第1話あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

1)トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は、企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)と対立し、府中工場へと左遷される。
2)府中工場の総務部長に就任した君嶋は、ラグビーチーム「アストロズ」のGMに就任する。だが、アストロズは万年リーグ最下位の弱小チームで、存続のために14億円の赤字を毎年垂れ流していた。
3)君嶋は、本社へ戻ることを条件に廃部の意見書を書くよう滝川に迫られる。だが、滝川は本社へ戻すつもりがないことを知り、さらにはラグビーの精神に触れた君嶋は、チーム存続を求める意見書を提出する。
4)アストロズは存続されることとなり、君嶋はリーグ優勝を目標に掲げる。だが、新監督探しから始める必要があった。

詳細なあらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長・君嶋隼人(大泉洋)は、経営戦略の面では社長も一目置く社員だった。ところが、常務・滝川桂一郎(上川隆也)が企業買収を推し進めようとすることに反対し、事態は急変する。

君嶋の意見書により、滝川常務の進めていた企業買収案は否決される。君嶋はほっと胸を撫で下ろすが、そんな中、府中工場への左遷が決定されてしまうのだった。

妻・真希(松たか子)に愚痴る中、二人の息子である博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)は「自転車で通えるよ」と励ます。着任初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)の案内された先で、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長は、アストロズのGM(ゼネラルマネージャー)を兼任する決まりとなっていたのだった。

島本博(西郷輝彦)社長はチーム存続を強く希望していたが、滝川常務は巨額赤字を垂れ流す会社のお荷物と考え、廃部を密かに考えていた。現に、アストロズは最下位であり、リーグ残留も危ぶまれるほどだった。

君嶋もまた、財務表を見て愕然とする。客入りも乏しく、14億円もの経費がかかっている一方、ほとんど収益はなかった。そのため、廃部が妥当であると考え、アストロズ部員である浜畑譲(廣瀬俊朗)らの前で堂々と存続させる理由が見当たらないと言ってのける。

そんな中、滝川常務に「アストロズを廃部にすべしという意見書を書けば、それなりの礼はする」と言われ、君嶋は本社へ戻れるチャンスと考え、廃部の意見書を書きはじめる。君嶋の「アストロズの粗探し」をするような様子に、佐倉らは反発する。

君嶋は、大学時代にラグビーの花形選手である柴門琢磨(大谷亮平)に嫉妬し、それ以来というもの、ラグビーが嫌いだった。だが、アストロズ廃案を考えている中、島本社長はラグビーで自らを鼓舞するために歌われるハカの歌詞について語る。「私は死ぬ、私は死ぬ」という歌い出しから始まるその歌は、何度倒れようとも立ち上がる、その精神を表しており、それは自らの企業理念と重なる、と島本社長は君嶋に伝えるのだった。

だが、君嶋は本社に戻るべく、アストロズ廃部の意見書を書く。そんな中、滝川常務は企業買収を諦めておらず、買収額を下げて再び推し進めようとしていることが明らかとなる。買収が決まれば、滝川常務は勢いづき、島本社長の退任、滝川常務が次期社長になる可能性があった。

君嶋は、滝川常務に本社への返り咲きについて確認するが、滝川常務はそのような約束はしていない、と言い捨てる。君嶋は呆然とし、ラグビーの練習場へと向かう。

雨の中、必死にタックルの練習を続け、ついに君嶋は浜畑をタックルで倒す。そんながむしゃらな君嶋の胸に、浜畑はそっとチームのタオルを置く。それはノーサイドの精神を表しているかのようだった。

君嶋は家に帰ると、長男のサッカーボールが切り裂かれていることを知る。イジメられていたのだが、長男は父である君嶋にラグビーを習い、一人で立ち向かおうとしていた。

そのことを知った君嶋は、ラグビーは人を傷つけるものではなくスポーツであり、ノーサイドの精神で、試合が終われば敵味方関係なくなるものだと伝える。

君嶋はラグビーチーム再建を真剣に目指し始める。「トップでなければ意味がない。優勝を目指すんだ」と言い、自らの戦略とラグビーチームとが手を取り、リーグ優勝を目指そうとアストロズの部員たちに語りかけるのだった。

君嶋は、ラグビーチームは存続すべきだと記した意見書を提出する。島本社長はその意見書により、ラグビーチーム存続を決める。

君嶋は、退任した監督の代わりとなる人物を探し始める。一方、大学時代の花形ラグビー選手で、サイクロンズの監督だった紫門の一方的な更迭が決定する。



ノーサイド・ゲーム

本日の人気記事

人気記事