警視庁強行犯係・樋口顕 第1話「正義」あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

「警察が手出しできない悪党を裁く」ジャスティス。その犯人は、警察に寄せられた相談を受けるオペレーター係である警察官・磯山(ターゲットの情報を共犯者に知らせたのみ)と、ネットニュースメディアのライター・今井隆(実行犯)だった。

今井は、妹をストーカー殺人で亡くし、母親も自殺してしまった。警察の対応に怒りを覚えていた今井は、同じく事件を対処できずに悔やんでいた、元刑事の磯山に話をもちかけ、警察の手出しのできない悪党=ターゲットの情報を知らせるように依頼したのだった。

今井は、樋口の娘・照美を拉致・監禁し、「殺害した」と嘘をついて自らを樋口に殺害させようとするのだったが、樋口は警察官であり、「犯人を逮捕して罪を償わせる」ことを選ぶのだった。

詳細なあらすじ

人通りの多い駅前で、スーツケースから松生一彦という男のアルカロイド系の毒殺遺体が発見される。松生のポケットには、「正義」のタロットカードが入れられていた。

樋口顕(内藤剛志)ら警視庁捜査一係の刑事たちが捜査を開始すると、松生の自宅にあった女性用のアクセサリーがきっかけで、松生の周辺で複数の女性が失踪していると判明する。

松生の借りていた別荘を捜索すると、近辺の土地から女性4人の遺体が発見される。松生は「神待ちサイト」で家出女性を呼び出し、殺害していたのだった。また、別荘にはアルカロイド系の毒物が発見され、松生自身が殺害された毒物と同一のものだと判明する。

「正義」のタロットカードが遺体に置かれた事件は、他にも複数起きていた。投資話で高齢者たちを食い物にしていた女性、DVで妻を追い詰めていた男…この事件と松生の事件の共通点は、「被害者がいながら、警察が手出しできない事件」というものだった。

「警察が野放しにしている犯罪者たちに正義の鉄槌を下す」ということで、これらの事件の犯人は「ジャスティス」として祭り上げられていく。そんな中、樋口は娘・照美(逢沢りな)の勤務先であるネットニュースメディアの先輩であるライターの今井隆(塚本高史)にインタビューを求められ、「警察は法の下、法の制限を受けて犯人たちを逮捕する。犯人を裁くのは警察の役割ではないし、犯人が自分を正義だと思っているならそれは傲慢だ」と語る。

そんな中、樋口に照美を拉致したとジャスティスから連絡がある。樋口は「判断を誤る可能性がある」として、上司から自宅待機を命じられる。だが、樋口は生活安全課の友人・氏家譲(佐野史郎)とともに捜査を継続する。

捜査により、ジャスティスの殺害した被害者たちの共通点が明らかになる。それは、被害者のことについて警察に相談が行われていて、その電話を受けたオペレーターが磯山という警察官であると判明する。

磯山は、元々は池袋署の刑事であり、ストーカー殺人事件で被害者が警察に相談していながら、結局は殺害されてしまったことを後悔していた。犯人逮捕時に撲殺してしまい、そのことが原因でオペレーターとして内勤を命じられたのだった。ただ、事件の発生した時、磯山にはアリバイがあり、共犯者がいる可能性があった。

ストーカー殺人事件の調書を見ると、実は被害者の兄が照美の先輩ライターである今井と判明する。樋口は、今井こそが磯山の共犯者であると考える。

照美の失踪時の防犯カメラ映像から、拉致に使用されたレンタカーが判明する。樋口の部下たちは、Nシステムの情報から監禁された場所を特定し、照美救出に向かう。

一方、樋口はジャスティスから連絡を受け、指定された倉庫へと向かう。そこには今井が待ち受けており、今井は密かに樋口と対峙する様子をネット中継するのだった。「娘は殺した。あんたが俺を裁け」と拳銃を渡すのだが、樋口は怒りを必死にこらえ、今井を逮捕するのだった。

そんな樋口のもとに氏家が現れ、「照美ちゃんが見つかった」と知らせる。今井は照美を殺害してなどいなかったのだった。樋口は照美に「すまなかった。俺は父親としてではなく、刑事として今井を逮捕することを選んだ」と謝罪し、照美はそんな父親を誇りに思うのだった。

見逃し配信

U-NEXT「警視庁強行犯係 樋口顕」で見られます。

また、過去作「呪縛」「聖域」「回帰」「鬼火」はParaviで見られます。



警視庁強行犯係・樋口顕

本日の人気記事

人気記事