警視庁強行犯係・樋口顕 「回帰」あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

自衛隊・市川啓太は、日報に「自衛隊員の犠牲者はいなかった」と虚偽の記載をするよう命じられる。そのことを気に病んで自殺し、その恋人でイラン日本大使館職員の牧田詠子(黒谷友香)、啓太の父・雄作(志賀廣太郎)が圧力をかけた長澤敦議員を殺害する計画を立てる。

だが、C4爆弾の材料を調達するよう依頼した食品輸入会社「デリシャストレード」経営者の坂本祐介が脅迫してきたため、仲間に引き入れた小野寺が坂本を殺害してしまう。さらには、小野寺は暴走して大学で爆破テロを起こしてしまうのだった。

詠子は小野寺を脅威に感じ、公安に接触して彼を逮捕させる。だが、それでは仲間に小野寺が接触する機会がなくなってしまうため、VIVAK(イラン情報省)のエージェントである因幡はマスコミを利用して小野寺を釈放させる。

小野寺は自爆し、樋口たちは小野寺と共謀していた市川、詠子を逮捕する。彼らが逮捕されたところで、因幡は姿をくらませるのだった。

詳細なあらすじ

食品輸入会社「デリシャストレード」経営者の坂本祐介が遺体となって船の上で発見される。ナイフのようなもので刺され、なおかつ頭部を強打していることから、刺された後に橋の上から落とされ、下を通っていた船に落下したものと考えられた。

坂本の近辺を、樋口顕(内藤剛志)ら警視庁捜査一係の刑事たちが調査していたところ、大学のキャンパス内で自動車が爆発する事件が発生する。娘・照美は爆発に巻き込まれるも軽症で済んだが、照美の彼氏は意識不明の重体となる。

イラン日本大使館職員の牧田詠子(黒谷友香)は、テロの恐れがあると警視庁公安部に情報を提供し、捜査協力を申し出る。

防犯カメラ映像などから、捜査線上に中古車販売店の従業員・小野寺佑が浮かぶが、証拠がなく逮捕の決め手がなかった。勾留を続けて聴取を行うのだが、そんな中、元刑事でフリージャーナリストの因幡芳治が「テロの情報を提供したい」と接触を図る。

因幡は小野寺の情報とテロ情報のトレードを提案するが、樋口は拒否する。小野寺はテロ組織の一味である可能性があったためだった。情報決裂し、ほどなくして小野寺の勾留がマスコミに漏れ、批判を恐れた警察上層部は小野寺を釈放することになった。

小野寺に公安がマークする中、因幡が小野寺に何事か囁き、小野寺は逃走する。逃走先の遊園地で小野寺は自爆してしまう。因幡が新たなテロを画策している組織メンバーであると公安・捜査一係は判断するが、樋口は因幡と会った時の心証から異を唱える。

だが、樋口は因幡と接触したことを黙っていたことが問題視され、自宅謹慎を命じられる。樋口は生活安全課の友人・氏家譲(佐野史郎)と捜査を続ける。

坂本はそのレストランに輸入食品などを卸しており、鹿肉に「異物混入」でクレームが入れられたいたことが判明。その異物とは、大学での爆破事件に使用されたC4爆弾と同様のものだった。坂本はC4爆弾の材料を輸入していたことが明らかとなり、さらにその爆破事件の最中にシェフの市川雄作(志賀廣太郎)が辞めていた。

市川の自宅を訪れると、既に市川は姿をくらませており、テロ事件との関与が強く疑われる手紙などが妹宛に残されていた。

因幡は小野寺のスマホを盗んでおり、小野寺と共謀しているのが市川であると掴んでいた。因幡は樋口に詰問され、VIVAK(イラン情報省)のエージェントであると告白する。VIVAKの命を受け、テロを未然に防ごうと動いていたのだが、大学での爆破事件が起きてしまい、なおかつ小野寺を公安に捕らえられてしまっていたのだった。

そこで因幡は、マスコミを動かしたりするなどして小野寺を釈放させ、仲間と接触する瞬間を狙っていたのだった。

樋口は、市川の残したSDカードを因幡とともに見る。そこには自衛隊員の日報が入っていた。市川の息子・啓太は自衛隊員であり、イラク駐留の際に「駐留中に犠牲者は出なかった」と虚偽のレポートを書くよう圧力をかけられていた。そのことを気に病み、啓太は1年前に自殺していたのだった。

そのことを恨みに思った市川は、元防衛大臣の長澤敦に復讐をしようとしているのだと分かる。長澤議員の公演会場で、市川は逮捕されるのだが、彼は爆弾を持っていなかった。SPにその情報が伝えられ、警護がより厳重になるが、因幡はSPをスタンガンで気絶させ、長澤議員を拉致する。

そんな中、因幡に長澤議員を渡すよう要求しながら現れたのはイラン日本大使館職員の牧田詠子だった。詠子は啓太の恋人であり、なぜ彼が自殺したのかを父・市川雄作に伝えたのも彼女だった。

詠子、市川は長澤議員を爆殺する計画を立てていたのだが、仲間が必要と考えられ、小野寺に爆弾製作などを依頼したのだった。ところが、爆弾の材料調達を依頼した坂本がテロ計画を察知して脅迫してきた。

そのため、小野寺は坂本を殺害したのだった。また、小野寺は暴走してしまい、勝手に大学で爆破テロを起こしてしまう。そのことに危機感を覚えた詠子は公安に近づき、小野寺を逮捕させたのだった。

樋口は、詠子を説得して彼女を逮捕する。詠子を罵倒する長澤議員を殴りつけ、因幡は姿を消すのだった。

見逃し配信

U-NEXT「警視庁強行犯係 樋口顕」で見られます。

また、過去作「呪縛」「聖域」「回帰」「鬼火」はParaviで見られます。



警視庁強行犯係・樋口顕

本日の人気記事

人気記事
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第5話」あらすじ・ネタバレ 210件のビュー
  • 湊かなえ「花の鎖」あらすじ・ネタバレ 125件のビュー
  • 「雪山」(世にも奇妙な物語 映画の特別編 第205話)あらすじ・ネタバレ・結末 120件のビュー
  • 「午前2時のチャイム(世にも奇妙な物語)」あらすじ・ネタバレ 90件のビュー
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話」あらすじ・ネタバレ 72件のビュー