サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第7話 「奪回」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

本能寺の変の後、北条氏政(高嶋政伸)は滝川一益(段田安則)のもとへ攻め込む。北条家優勢にある中、真田昌幸(草刈正雄)は、滝川から沼田城を奪い返す。次いで、岩櫃城の奪還に動く。

だが、そこに人質にとられていたとり(草笛光子)は、滝川に箕輪城へと連れ去られていた。滝川はまだ真田の動向には気づいておらず、騒乱の中で命を落とさぬよう、保護している様子だった。昌幸は、滝川のもとへ出向き、沼田城・岩櫃城を奪ったことは黙って、とりがいる場所を密かに探す。

きり(長澤まさみ)が、見張りに水を汲んできてもらうよう依頼する。その隙に、信繁はきりやとりに「滝川が伊勢に向かうまでの間に、必ず助け出す」と約束する。

滝川は、岩櫃城や沼田城を真田へと返すと言う。「もう少し待っていれば良かった」と真田は後悔する。嘘が露見すれば、滝川は怒りに狂うと考えられた。

信繁は、小諸城でとりときりを救出に向かう。だが、きりが信繁にもらったクシをとりに戻ったところ、滝川らがやってきて計画は瓦解してしまう。信繁らは、滝川に伊勢へと人質として同行することを命じられる。

滝川が伊勢へと向かうには、木曽を通らざるを得ないが、国衆・木曽義昌は、滝川を木曽に入れることを拒否する。滝川は、信繁ら人質を返すことと引き換えに、木曽に直談判することになる。だが、木曽は武田側を裏切った際に人質を殺害されており、武田側に恨みを抱いていた。木曽は、信濃を治めるための駒として信繁ら人質を利用しようとしていた。

木曽は、人質を真田側へ引き渡すつもりはないと考え、信繁はなんとか逃げ出すことはできないかと考えていた。そんな中、義昌はとりに挨拶にやってくる。とりは、義昌の子供の頃を知っていた。いきなり頬を打ち、とりは武田家を裏切ったことを叱る。さらに、とりは信繁を帰してもらうよう交渉する。

とりを救い出そうとしていた信繁は、その目的が果たせずに落胆する。そんな信繁に、きりは「救い出そうとしたことが大事なのです…助けにきてくれてありがとう」と感謝する。

信繁は、岩櫃城を訪れる。信幸(大泉洋)から、父・昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に会いに行く。そこで景勝は、真田家を庇護して北条から守ることを約束する。昌幸はさらに、信繁に海津城へ出向くように指示される。上杉につくと見せかけ、北条家へ寝返るための手土産として、春日信達(前川泰之)に対し調略を図ることを昌幸は考えていた。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第8話 「調略」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第6話 「迷走」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸