サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第15話「秀吉」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

上洛する上杉景勝(遠藤憲一)に、真田信繁(堺雅人)は同行する。羽柴秀吉(小日向文世)にお目通りが叶うことになるが、突然現れた秀吉の行動に面食らう。石田三成を撒き、扮装をして街へ繰り出してしまうのだった。

名妓・吉野太夫(中島亜梨沙)のもとへ向かい、昼間から酒を飲む。秀吉は、信繁の前で堂々と「側室にならんか?」と口説くが、吉野太夫はつれなく断る。信繁は、「上杉様とのご面会はよろしいのですか?」と心配になるが、秀吉は「上杉は待たせておいてもよい。…お前の親父にはほとほと手を焼いておる。上洛を命じても一向にやってこない。ケンカを売っているのか?」と言われてしまう。

秀吉は、「信繁に大阪を紹介してやった」と悪びれず言い、信繁は歓待していただいた、とお礼を言う。「もう十分ご紹介いただいたので、そろそろお戻りになられては」と信繁はその場を繕い、秀夫はようやく城へと戻る。

一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は、秀吉に下るか迷っていた。昌幸は、「信長の時のようにはなりとうない」と言い、さらには「秀吉は、今が頂点なのではないか。これより先は、下るのみでは…」と考えていた。結果、「秀吉は、果たして天下人になるのか…信繁の便りを待つことにする」と決める。

信繁は、上杉が「秀吉と会うのは明日になった。散々待たせておいて、無礼千万」と憤るのを聞いて、反応に困る。上杉は「儂が真田と秀吉の間を取り持つ」と胸を張る。

信繁は、石田三成(山本耕史)に誘われ、大谷吉継(片岡愛之助)との飲みの席に参加する。三成は、加藤清正(新井浩文)に呼び出され、席を外す。信繁は、吉継と話をし、そこで三成が急に態度を変えたことを不思議に思う。吉継は、「そなたが秀吉様のお気に入りとなったため、三成は大事に扱うようになったのだ」と説明する。

上杉は秀吉に会い、領土支配を許される。だが、その一方で「真田への加勢はするな」と命じられてしまう。昌幸が下ろうとしないことに業を煮やした秀吉は、北条に攻め入られても、真田を孤立させよ、と命じたのだった。さらに、それは徳川への恩を売ることにもなり、「手なづけたい」と秀吉は考えていたのだった。

上杉は、秀吉に千利休(桂文枝)の茶会へと招待する。そこに、信繁も参加を許される。利休に上杉を引き合わせ、上杉・信繁を退席させた後に、秀吉は利休に上杉の様子を訊く。「上杉は、儂に従うか?」と質問し、利休は「心が乱れておりましたが、最後は心穏やかに。従うと思います」と言う。

きり(長澤まさみ)は、羽柴秀次(新納慎也)に頼まれ、びわを寧(鈴木京香)に届ける。それをきっかけに、きりは寧と初めて会う。

信繁は、秀吉に許され、会議の場に参加する。秀吉は検地について話をし、全国で石高を量るマスの大きさが異なることに目をつけ、「これではどれほどの石高であるか、分からない」と言い、マスの大きさを統一するよう三成へと命じる。

秀吉は、その後に信繁を連れて茶々(竹内結子)のもとへと向かう。茶々に微笑まれ、相好を崩した従士を秀吉は睨めつける。かと思いきや、親類とともに里芋を和気あいあいと食べる秀吉に、信繁は秀吉の底知れなさを見る。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第16話「表裏」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第14話「大阪」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸