サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第16話「表裏」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/04

羽柴秀吉(小日向文世)に、真田家は下ろうとしない。秀吉は、上杉景勝(遠藤憲一)に真田家の後ろ盾となることをやめるように命じる。そのことを秀吉に聞かされ、信繁(堺雅人)は衝撃を受ける。

上杉は既に地元に戻っていると知り、さらに信繁は驚く。一方、秀吉は信繁を気に入り、自分の馬廻衆(護衛役)に加える。信繁は、「そばにいれば、より詳しく動向が分かり、父上に伝えられる」と考えていた。

きり(長澤まさみ)に、信繁は「上田に帰れ」と命じるが、「信繁様のそばにいたい」と言う。だが、信繁はなおも「帰れ。そばにいなくて良い」と言い、きりは怒りだして帰ろうとする。

馬廻衆に1人の空きが出たと知り、その人物がどうして急死したのか、と平野長泰(近藤芳正)に訊く。平野は、「井戸に落ちて死んだというが、殿下に命じられた加藤清正(新井浩文)に殺された。アイツは、茶々(竹内結子)様のお気に入りだったからな。茶々様には近づかない方が良い」と言う。きりは、寧(鈴木京香)の女中として働くことになり、信繁は驚く。

秀吉は、九州征伐のため、軍門に下った長宗我部氏らに攻めこませることを妻・寧に明かす。そして、彼ら大名の人質たちを世話して欲しい、と寧に依頼する。有無を言わさぬ様子であり、寧は従うしかない。

信繁は、秀吉の前で寧が親しげに話しかけてきて困惑する。平野は、「お前の前に3人、殺されている」と明かされて驚く。そんな中、信繁は石田三成(山本耕史)に呼び出される。信繁に「上杉の後ろ盾がなければ、このままでは真田は滅びます」と言うが、三成は「殿下は、本気で真田を潰そうとは思ってはおられない。徳川に貸しを作っておきたいだけだ。徳川が攻め込めば、殿下は止められる」と言う。

三成は、信繁を大谷吉継(片岡愛之助)に改めて引き合わせる。三成と吉継が、「商人たちを掌握するため、千利休が邪魔になる。千利休は、殿下に直接話をすることができ、商人たちの総意をそのまま伝えることができる」と話していることを、信繁は耳に入れる。

その後、信繁は茶々に呼び出される。茶々と2人で話をしているのを知られたくなく、信繁は内密にして欲しいと告げる。

徳川家康(内野聖陽)は、真田家の討伐のため、秀吉に許しを得ようとしていた。そのことを本多忠勝(藤岡弘)に伝える。徳川家が、軍勢を集めていると昌幸(草刈正雄)の耳に入る。さらに、上杉が秀吉の命令で援軍を送ることを断ったことを知り、動揺する。信幸(大泉洋)は、「信繁に、秀吉をとりなしてもらうのです」と昌幸に進言する。

家康からの書状を受け取った秀吉に、信繁は呼び出される。秀吉は、「真田攻めの許しを求めてきておる。最近の家康のことは知らん。これは罠か?」と質問する。信繁は、「これは罠です。真田攻めを行うため、服従したように見せているだけです」と言う。

秀吉は、「あい、分かった。家康に一杯食わされるところだったわ」と言う。真田攻めは許可されないと思い、信繁は安堵するが、それもつかの間、戦が開始されることを知り、動揺する。「殿下!」と廊下で叫ぶ中、そこに茶々が微笑みながら通りかかる。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第17話「再会」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第15話「秀吉」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸