サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「下町ロケット2」第3回連載あらすじ・ネタバレ

      2015/11/01

2015年10月10日 朝日新聞紙上で掲載。

佃製作所では、福井にある北陸医科大学の一村隼人教授から依頼された、人工弁のバルブ研究・制作について会議が行われていた。認可に多くのハードルがあることや、医療訴訟で莫大な損失を出すこともあり、佃航平 社長はバルブ制作を見送ることとした。

一方、佃製作所の山崎光彦 技術開発部長は、友人である東大医学部 佐伯医師に相談し、一村教授が高名な外科医に教えを受け、「ゴッドハンド」との呼び声もあるということを知る。

また、人工弁であれば、人工心臓ほどの手術上のリスクもあるわけではないということから、山崎は佐伯から「仕事を受注すべき」とアドバイスされたのだという。

山崎の話を聞き、佃社長は福井での工場視察に行く際、「上っ面な議論」だけでなく、株式会社サクラダ(編み物会社。第2回参照)の工場を実際に見に行ってから結論を出すこととするのだった。

下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]

価格:1,620円
(2015/10/21 21:00時点)
感想(0件)

【関連記事】
次話:「下町ロケット2」第4回連載あらすじ・ネタバレ

前話:「下町ロケット2」第2回連載あらすじ・ネタバレ

下町ロケット [ 池井戸潤 ]

前作:「下町ロケット」あらすじ・ネタバレ

 - 下町ロケット