サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「ダークタワー」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 11歳のジェイク・チェンバーズは、「タワー」を破壊して宇宙に破滅をもたらす黒人の男と、彼に対抗しようとするガンスリンガーの夢(ビジョン)を見る。そんな彼はある日、人間に擬態したモンスターのビジョンを見て逃げ出し、「ミッドワールド」へと迷い込む。

2) ミッドワールドでジェイクは、夢で見たガンスリンガー「ローランド・デシャイン」に出会う。ローランドは、父親を「ウォルター・パディック」に殺害され、復讐を果たそうと考えていた。ウォルターもまた、ビジョンに出てきたタワーを破壊しようとしている黒人だった。

3) ウォルターは超能力を持つ子供たちを何十年に渡って拉致し、彼らの力を使ってダークタワーを破壊しようとしていた。ジェイクもまた超能力を持っており、ウォルターは彼をさらおうとして、ジェイクの両親を殺害するのだった。

4) ジェイクは、両親を殺害されてショックを受けるのだが、「ともに戦って、ウォルターへ復讐を果たそう」と言って慰め、ガンスリンガーとしての信念、技を教えるのだった。ジェイクはウォルターにさらわれるが、ローランドはウォルターを倒す。

5) ローランドは、ジェイクに「ミッドワールドで一緒に暮らさないか」と提案し、仲間になることを提案する。ジェイクは元の世界では居場所を失ってしまったため、この提案を受け入れて、2人はミッドワールドへと戻るのだった。

詳細なあらすじ

11歳のジェイク・チェンバーズは、「タワー」を破壊して宇宙に破滅をもたらす黒人の男と、彼に対抗しようとするガンスリンガーの「夢」(ビジョン)を見る。ジェイクの母親や義父、精神科医は「去年、父親が死んでしまった悲しみが見せた夢」と取り合わなかった。

ニューヨークにあるジェイクのアパートでは、彼にリハビリを提案する人々が来たのだが、ジェイクはその人々が「人の皮をかぶったモンスター」であるというビジョンを見る。そのため、彼は逃げ出し、行きついた先で「ミッドワールド」と呼ばれる世界へと彼は転送されるのだった。

ミッドワールドで、ジェイクは最後のガンスリンガーで、彼のビジョンに登場した「ローランド・デシャイン」に出会う。

ローランドは、ジェイクの夢の中に出てきた黒人「ウォルター・パディック」を追っていた。ウォルターは、ローランドの父親を殺害しており、復讐を果たそうとしていたのだった。また、ウォルターは超能力を持つ子供たちを何十年に渡って拉致し、彼らの力を使ってダークタワーを破壊しようとしていた。

ローランドは、ジェイクを村に連れて行き、ビジョンを分析してもらう。一方、ウォルターは、ジェイクがダークタワーを破壊するに十分な超能力を持っていると知り、ジェイクの義父を殺害後、母親にビジョンについて問いただし、さらには母親も殺害するのだった。

ウォルターは、手下のタヒンに命じて、村を攻撃させる。ローランドはタヒンを倒し、ジェイクとともにミッドワールドから地球へと向かう。そこでジェイクは、母親が殺害されていることを知り、悲しみに打ちひしがれる。そんな彼に、ローランドは「ともに戦って、ウォルターへ復讐を果たそう」と言って慰め、ガンスリンガーとしての信念、技を教えるのだった。

ローランドが銃器店を訪れると、そこでジェイクを拉致しようとするウォルターの攻撃を受ける。ジェイクはさらわれ、タワーを破壊するためのマシーンに縛り付けられる。

ジェイクは、自らの位置を超能力を使って伝える。ローランドは、ウォルターの手下を倒し、さらにはウォルターに対峙する。ウォルターに追い詰められたローランドに、ジェイクはガンスリンガーとしての信念を思い出させ、トリックショットットによってウォルターを倒すのだった。ローランドは、マシーンを破壊し、タワーやジェイク、子供たちを救いだすのだった

ローランドは、ジェイクに「ミッドワールドで一緒に暮らさないか」と提案し、仲間になることを提案する。ジェイクは元の世界では居場所を失ってしまったため、この提案を受け入れて、2人はミッドワールドへと戻るのだった。

 - 洋画