サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

藤村いずみ「あまんじゃく コンプライアンス」あらすじ・ネタバレ・結末

   

外科医の折壁嵩男は、大学病院に勤務時代、親友の医師が不審死を遂げた。彼は、患者を術中にわざと死亡させた件に関与していたため、殺害されたと考えられた。御木本教授の指示により、折壁はニセの死亡診断書を書かされ、そのせいで病院を追われていた。

それからというものの、弁護士・横倉義實の依頼を受け、折壁は殺し屋として仕事を行っていた。今回、折壁は相馬鞠子というホステスからの依頼を受ける。鞠子は、母親を開業医・加茂信介の処方された、糖尿病の治験薬により殺害されたと語る。そこで、加茂を殺害して欲しいというのが鞠子の依頼だった。

そしてもう一件、霊媒師・醍醐光臨に脅されているという窪川房子の依頼により、醍醐光臨を殺害して欲しいというのが依頼だった。この2件の依頼を折壁は引き受けることになったのだった。

まず折壁は、ホステスの鞠子に、醍醐光臨へと接触させる。醍醐光臨は、胃潰瘍を患っており、鞠子は「いいクリニックがある」と加茂の医院を紹介するのだった。醍醐光臨は受診し、そこで処方を受けるのだった。

薬剤師と名乗った折壁は、「薬剤の取り違えがあった」と謝罪し、処方箋を書き換えた上で醍醐光臨に併用禁忌薬であるクラリスロマイシン、ピモジドの薬を、致死量をはるかに超えた量で渡すのだった。

醍醐光臨は死亡し、内縁の妻を名乗る女性に加茂は「訴える」と脅される。折壁は弁護士に扮して加茂の待つホテルの部屋へと向かい、そこで脳内出血を起こさせて殺害する。

2人の依頼を完了した折壁は、横倉弁護士から「加茂と醍醐光臨は、悪徳投資信託会社にカモにされていた。2人はなかなか示談に応じなかったため、『悪どいことをして稼いでいる』という噂をもとに調べたら、彼らを恨んでいる被害者がおり、依頼を受けた」と明かされるのだった。

 - 小説