サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「遺産争族 第2話」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) 結婚式の後、河村育生(向井理)は突如、カワムラメモリアル会長・河村龍太郎(伊東四朗)に「私にもしものことがあれば、全てを託したい。引き受けてくれるか?」と言われる。

2) 次女・矢幡月子(室井滋)や、三女の凜子(板谷由夏)は、龍太郎に気に入られるようにし、育生が遺産を奪いにやってきたと疑いだす。

3) 龍太郎は、金沢利子(真飛聖)弁護士に遺産相続について相談する。「義理の息子や、3人の娘たちには遺産を相続させたくない」と話し、やはり孫の楓(榮倉奈々)や、育生に相続させたいと考えていたのだった。

4) 月子はついに、育生が遺産を奪うつもりだと暗に仄めかして言う。だが、そんな月子に育生は、「言っておきますが、俺は遺産など1円たりともいりません。金持ちは、近づいてくる人間をすぐカネ目当てだと思うが、そんなヤツらばかりじゃない。みんな、バカみたいだ。カネに踊らされてる」「僕には、河村家に来た大事な目的があるんです。それは…楓を幸せにすることです」と言い切るのだった。

起:龍太郎の突然の告白

結婚式の後、両家の顔合わせで、河村育生(向井理)は突如、カワムラメモリアル会長・河村龍太郎(伊東四朗)に「私にもしものことがあれば、全てを託したい。引き受けてくれるか?」と言われる。

次女・矢幡月子(室井滋)や、三女の凜子(板谷由夏)は反対する。育生は、「引き受けます。全てを託したいというのは、治療を頼みたいということですよね?」と言ってかわす。龍太郎は、周囲の反応を見た上で、「その通り。よろしく頼むよ」と言って笑う。

承:疑惑

育生は河村家に婿入りし、楓(榮倉奈々)の実家で新婚生活を送ることになる。だが、龍太郎(伊東四朗)の言葉や育生の存在で、次女・矢幡月子(室井滋)や三女の凜子(板谷由夏)たちは、育生が「河村家の遺産を狙っている」と勘ぐるようになる。

一方、楓は、育生が母・華子(岸本加世子)に「婿入りしたのは、考えがあるからだ」と以前言っていたことを知り、「開業資金を出してもらうためなんかじゃなく、もっと大きなことを考えてるんだ」と言っているのを聞いてしまう。

転:龍太郎の意思

龍太郎は、金沢利子(真飛聖)弁護士に遺産相続について相談する。「義理の息子や、3人の娘たちには遺産を相続させたくない」と話す。龍太郎は恒三(岸部一徳)に会社を騙し盗られたと考え、娘たちは働かず、浪費ばかりしている、と考えていた。

龍太郎は、「孫の楓と、育生に譲りたい」と言う。だが、相続権の問題や遺留分の問題もあり、それは別の手を打つ必要がある、と金沢弁護士は指摘する。さらに、金沢弁護士は、知り合って間もないこともあり、「育生さんの素性を、よく調べた方が良いです」とアドバイスする。

わずかな荷物で河村家にやってきた育生は、周囲に気を遣いつつ生活を始める。そして、恒三から早速、「気の利いたことでも言いたまえ」などと言われてしまう。また、「婚姻届は私が出しておこう。私もそうしてもらった」と言い、恒三は婚姻届を預かる。

結:育生の目的

恒三は婚姻届を出さず、自室のデスクの中に入れてしまう。恒三のもとへ、育生の母・華子が訪れてくる。華子は育生の婿入りを心配し、涙ながらに「よろしくお願いします」と言うのだった。

楓は、育生のことが分からなくなり、また、月子や凜子が様々なことを吹き込むため、疑心暗鬼になりつつあった。龍太郎は恒三と会い、「家族だからこそ、遺産を無駄にする連中に渡したくないと考えている。それなら、他人に渡して世の中のためになった方が良い。私は本気だ」などと言う。

「朝食は食べない習慣」と言ってコンビニで食べていたり、朝早く出かけた理由を「日課のランニングです」などとウソをついているのを知ってしまい、楓は育生に不信感を抱くようになる。また、龍太郎と話していることも知っており、それを隠す育生に「いきなりウソが多すぎるよ。私と結婚するの、何か変な目的があるんじゃないの?」などと楓は責める。

食卓を囲んだ際、ついに月子が暗に「育生が遺産を奪いにやってきた」と仄めかす。育生は呆れ、「言っておきますが、俺は遺産など1円たりともいりません。金持ちは、近づいてくる人間をすぐカネ目当てだと思うが、そんなヤツらばかりじゃない。みんな、バカみたいだ。カネに踊らされてる」と指摘する。

「僕には、河村家に来た大事な目的があるんです。それは…楓を幸せにすることです」と言い切る。そんな育生に、楓は「ごめん、育生のこと疑ってた」と謝るのだった。

【関連記事】
次話:「遺産争族 第3話」あらすじ・ネタバレ

前話:「遺産争族 第1話」あらすじ・ネタバレ

 - 遺産争族