映画「トランスポーター」あらすじ・ネタバレ・結末

元特殊部隊員の運び屋フランク・マーティンは、依頼料は高額であったが、どんな品物も指定時間以内で目的地に運ぶと評判だった。そんな彼は、
・一度決めた契約は厳守し、変更しない。
・依頼人の名前は聞かない。
・依頼品を開けない。
の3つのルールを守っていた。

そんな彼は、ある時、50 kgの荷物を運ぶ依頼を受ける。だが、パンクの修理中に中身が動いているのを見て、つい「依頼品を開けない」のルールを破り、中を見てしまう。その中身は、ライ・クワイ(スー・チー)という女性だった。

一度は逃げられるが、フランクは彼女を捕らえ、指定された場所へ届ける。受け取ったウォール・ストリート(マット・シュルツ)は、再びブリーフケースを運ぶよう依頼するのだった。

ところが、そのブリーフケースには爆弾が入れられており、車が爆発する。自分が爆殺されかけたことを知ったフランクは、ウォールに復讐しようとする。だが、ウォールは不在であり、組織の車を奪って逃走する。その車の中には、ライが乗っていた。

フランクはライを自宅に連れ帰る。タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)が爆発した車の件で話を聞きに来るが、ライがニセのアリバイを証言をし、事なきを得る。

ウォールの手下が現れ、フランクたちは襲われるが、間一髪逃げ出す。ライは、ウォール・ストリートが自分の家族を含め、400人の中国人を人身売買しようとしていると話す。

ところが、ウォールはライの父親ミスター・クワイ(リック・ヤン)もまた人身売買業者であり、パートナーであると明かすのだった。

ミスター・クワイが現れ、手下はフランクを捕らえる。そこにタルコーニ警部が現れ、「フランクは、ライを誘拐した」と言い、タルコーニ警部はフランクを逮捕する。だが、タルコーニ警部はその後に逃がすのだった。

フランクは、ウォールたちのいる埠頭へと向かい、人々の入れられたコンテナをトラックに積む。ところが、ウォールの手下たちが発見し、フランクは彼らと戦わざるを得なかった。

フランクはウォールを倒すのだが、そこにミスター・クワイが現れて反撃される
。ところが、ライはそんな父親を射殺し、売り飛ばされそうになっていた400人の子供たちを救出することに成功するのだった。



洋画

本日の人気記事

人気記事