映画「孤狼の血 LEVEL2」あらすじ・ネタバレ・結末

「孤狼の血 LEVEL2」簡単なあらすじ

呉原東署の日岡秀一刑事(松坂桃李)は、尾谷組の若頭・一ノ瀬守孝(江口洋介)に手引きを行い、五十子会の会長・五十子正平(石橋蓮司)を殺害させる。この事件をきっかけに、大上章吾(役所広司)の後を継いだ日岡刑事は、五十子会と尾谷組を和解させ、抗争を終結させる。

映画『孤狼の血』あらすじ・ネタバレ・結末

だが、その平和は五十子会の上林成浩(鈴木亮平)が出所することでかき乱される。上林は看守の神原に逆恨みし、妹の千晶を眼球は抉った末に殺害する。この事件を発端にして、上林は五十子会系の綿船組・若頭である溝口明(宇梶剛士)、二代目五十子会の会長・角谷洋二(寺島進)らを次々に殺害する。また、五十子正平会長の落とし前をつけるべく、尾谷組への抗争を企てる。

日岡刑事は、スパイとして上林組に送り込んだ近田幸太(村上虹郎)を殺害され、大きく心をかき乱される。日岡刑事は、相棒である瀬島孝之(中村梅雀)に慰められ、上林組と尾谷組の抗争を止めるべく行った作戦会議の中で、3年前の五十子正平殺害事件で手引きを行ったことを告白する。

その後、瀬島は広島県警本部の管理官・嵯峨大輔(滝藤賢一)が送り込んだスパイだと判明する。日岡刑事は、県警本部が上林を検挙させずに暴れさせたのは、尾谷組と裏で組んで暗躍する自分を追い落とし、3年前の事件を告白させて弱みを握ることだと気づくのだった。

日岡刑事は記者に神原千晶殺害事件で県警本部が証拠を握りつぶしたとリークし、記事にさせる。嵯峨管理官は激怒し、日岡刑事を軟禁させるが、そんな中で上林組の尾谷組襲撃を聞きつけて脱出する。

日岡刑事は激しい応酬の末に上林を殺害し、広島県北部の山奥に駐在として左遷させられるのだった。その山の中で一瞬、絶滅したはずの「狼」を目にするのだった。

「孤狼の血 LEVEL2」詳しいあらすじ

呉原東署の日岡秀一刑事(松坂桃李)は、尾谷組の若頭・一ノ瀬守孝(江口洋介)に手引きを行い、五十子会の会長・五十子正平(石橋蓮司)を殺害させる。なおかつ一ノ瀬を裏切って逮捕し、五十子会と尾谷組を和解させ、抗争を終結させる。

日岡は大上章吾(役所広司)の後を継ぎ、広島に平和をもたらした…かに見えた。だが、平成三年、五十子会の上林成浩(鈴木亮平)が出所し、事態が一変する。上林は出所後、看守の神原に逆恨みし、妹の千晶を眼球は抉った末に殺害する。

上林の関与が疑われ、広島県警本部の管理官・嵯峨大輔(滝藤賢一)により、日岡刑事が召集される。上林は、公安部上がりの瀬島孝之(中村梅雀)とともに捜査に当たる。だが、鑑識官の「証拠不十分」との見立てで、上林は検挙できないということになってしまう。

上林の過去を探った日岡刑事は、上林が幼少期に両親を殺害した事件を探り当てる。上林は父親に暴力を振るわれており、「いつか殺されてしまう」と思い父親を殺害したと自供している。母親は見ているだけで何もしてはくれず、そんな母親を憎んで殺害、さらに眼球を抉っていた。このことから、日岡刑事は神原千晶の事件を上林の犯行であると確信する。

上林は、五十子正平のかたきを討って落とし前をつけるべく、五十子会の跡目を継いだ綿船陽三(吉田鋼太郎)らをけしかけるが、動こうとはしない。そこで綿船組・若頭である溝口明(宇梶剛士)、二代目五十子会の会長・角谷洋二(寺島進)らを次々に殺害する。

一方、上林組の組員も暴走しだし、尾谷組の組員を襲撃する。結果、上林組と尾谷組が抗争寸前となり、日岡刑事は尾谷組の復讐を阻止する。

一方、日岡刑事はスパイである近田幸太(村上虹郎)を上林組に構成員として送り込み、上林の動向を伺わせる。だが、何者かの密告により幸太は疑われ、上林により殺害されてしまう。日岡刑事は幸太の姉・真緒(西野七瀬)と親しい間柄にあり、信頼されて幸太を預けられていた。その幸太を殺害されてしまい、真緒は日岡刑事を激しく責める。

自身を責め、落ち込んだ日岡刑事を相棒である瀬島孝之は慰める。そこで、瀬島は過去の事件を糸口に上林組と尾谷組の抗争を止めようと提案する。日岡刑事は、3年前の五十子会の会長・五十子正平殺害事件について、自分が一ノ瀬守孝の手引きをして殺害させたことを告白するのだった。後に、瀬島は管理官・嵯峨のスパイであり、自らの告白を引き出す役目だったと判明する。

日岡刑事は、記者の高坂隆文(中村獅童)に動向を探られており、高坂が情報をリークしたと思って掴みかかる。だが、高坂は否定し、「なぜ証拠だらけの神原千晶の事件で、上林を検挙できないのだと思う?県警本部からの圧がかかったからだ」と指摘する。全ては、上林に暴れさせ、裏で尾谷組とつるんでやりたい放題している日岡刑事の告白を引き出し、弱みを握ることが目的だったのだった。

日岡刑事は、高坂記者に「神原千晶殺害事件は、県警本部が証拠を握りつぶした」という記事を書かせる。管理官・嵯峨は激怒し、日岡刑事を警察署に軟禁するが、上林組の尾谷組襲撃を聞きつけて脱出する。

上林は、トラックで尾谷組に突っ込み、襲撃する。激しい銃撃が行われる中、日岡刑事は上林を誘うようにして激しいカーチェイスを繰り広げる。激しい衝突が起こり、乱闘の末に上林を逮捕する。

嵯峨管理官に詰め寄られた日岡刑事は、嵯峨の拳銃を奪って上林を撃って殺害する。この上林の死の顛末は公表されず、日岡は広島県北部の山奥に駐在として左遷されるのだった。一方、近田真緒は、弟・幸太を死に追いやった瀬島に復讐すべく、酔った瀬島を道路に突き飛ばしてトラックに轢かせて殺害するのだった。

村人の「狼を見た」という相談により、日岡は山を捜索することになる。そこで日岡は、絶滅したはずの狼を一瞬見かけ、駆け寄ろうとするのだった。



邦画

本日の人気記事