サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

長瀬智也 主演ドラマ「フラジャイル 第7話」あらすじ・ネタバレ

   

岸京一郎(長瀬智也)は、放射線診断医・高柴善太郎(志賀廣太郎)に宮崎智尋(武井咲)の指導を依頼する。だが、岸はそのことを宮崎には伝えていなかった。

呼吸器科のカンファレンスに、宮崎は岸の命令で1人で行くことになる。一方、岸は、佐田直人(津田寛治)に無理やり経営会議に出席させられる。

同じく呼吸器科カンファレンスに出席した高柴は、宮崎に丁寧に挨拶する。そこで高柴医師は、CT画像のみで骨転移と診断する臨床医に対し、「CTで検査しただけで、私も誤って診断したことがありましてね。私も勉強させて頂きたいので、腰部MRIを撮っていただけませんか?」と深々と頭を下げて依頼する。

高柴は、読影レポートで骨転移ではないと診断して提出していたが、臨床医は読んでいなかった。無闇に化学療法を行わないよう、仕方なく高柴は下手に出て検査を追加するようにしたのだった。

佐田は、病院理事長(志賀圭二郎)に、病理の診療相談外来の開設を褒められる。だが、人員整理を含めたさらなる経費削減を求められる。さらに、理事長らが「放射線科には、さらに経費縮小できるところがあるでしょう」と言っているのを岸は聞いてしまう。

細木まどか(小雪)医師は、北山奈央(ハマカワフミエ)を胃癌と診断。奈央は「私、結婚前に病気がないか検査しにきただけなのに…」と動揺する。そんな彼女に、まどかは「大丈夫。消化器外科に転科しても、私が相談に乗るから」と言う。

宮崎は、森井久志(野村周平)と火箱直美(松井玲奈)で飲みに出かけると、そこに佐田医師がいた。宮崎は、高柴が佐田の指導医であったことを知る。「高柴先生は昔、自分の考えや、やり方を押し付ける偏屈な人でね」と愚痴る。そんな高柴は、現在、佐田の部下となっていた。

直美は、森井に「どうして医学部辞めちゃったんですか?」と、彼の過去について訊く。「医学部にいたことは、言わないでくださいね」と森井が言うと、直美は「その代わり、私の言うこと聞いてくださいね」と言う。

胃癌患者の奈央を担当した副院長・岡崎(中丸新将)は、「早期胃癌であったため、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術:Endoscopic Submucosal Dissection)を行った」と説明する。さらに、「腹部CTで影が見つかりました。肝臓への転移が疑われるため、化学療法後の切除をする方針だ」と言う。

高柴は、肝転移かどうかを調べるため、さらに精査すべきだと指摘する。だが、岡崎は「検査は、あなたを納得するためにするものじゃない」と応じない。まどかや宮崎も、「患者さんは、結婚を控えているんです。癌ではない可能性がある中で、化学療法を行うのは…」と検査を行うべきと主張する。だが、岡崎は「治療が遅れて、誰が責任をとるんだ?…私だ」と言い、意見を聞き入れない。

佐田は、高柴を呼び出し、他の科のカンファレンスに出るのではなく、画像診断だけを行って欲しいと注意する。だが、佐田は「放射線科診断医は、医者の下請けではありません」と言う。佐田は、「態度を改めないんですか?」と言うが、高柴は考えを変えるつもりはないという。

岡崎は、奈央の化学療法を開始する。腹部CTが実施された結果、奈央の肝臓の病巣、は縮小するどころか増大していた。癌ではない可能性がある、と宮崎は岡崎に言うが、岡崎は「感染症の可能性がある。抗生剤を投与する」と言う。まどかと宮崎は、肝生検を行って病理検査を行うべきと主張するが、岡崎は「それこそ患者に負担をかける」と言って取り合わない。

高柴は、岡崎に意見をもとめられるが、黙ったままだった。宮崎は黙ったままの高柴に食ってかかるが、高柴は「今月いっぱいでここを辞めます…老兵は去るのみです」と言い、宮崎は落胆する。

愚痴る宮崎に、岸は「あの人は、カンファレンスに出たり、治療結果などを調べるなどの答え合わせを行い、臨床医の下請けであろうとはしなかった。そのやり方を他の医師に押し付けた。結果、この病院を追い出されたんだ」と言う。

まどかは、奈央に話を聞きに行ったところ、ベッド上で奈央は腹部を押さえて激痛にもだえていた。病変が腹膜を刺激し、痛みを発していたのだった。肝生検すべきと宮崎は考えるが、岡崎は自分の非を認めないだろう、と岸は考える。

宮崎は、高柴を探しに行く。高柴は、カルテ保管庫で「まずは100%の診断が必要です」「患者さんの命がかかっているときに、ルールなんて関係ない」という宮崎の言葉を思い出していた。そのカルテ保管庫に、岸が訪れる。

「辞めるそうですね」と言う岸に、高柴は「下もついてこない、佐田部長も上の顔色をうかがっているばかり…40年、僕のやり方は間違っていたんですかね」と言う。そんな高柴に、岸は「いいですか、あなたは失敗したんです。認めてもらえなかったんです。負けたんです、医師として。だからこの病院を去ることになったんです…まだ宮崎の方が価値がある。危なっかしくても、患者を救うために意思を貫いている」と、自己憐憫や後悔ばかりを行う高柴の目を覚まさせようとする。

未だに肝生検を実施しない副院長の話を聞き、高柴は宮崎に「岡崎先生はやりません。…針生検は、放射線科診断医の仕事です。これくらいのルール違反、昔はよくやったものです」と言う。高柴は、エコーガイド下に肝生検を実施する。

岡崎は病理診断科に飛び込んでくる。「誰の許可で検査をしているんだ!」と怒鳴る岡崎に、高柴は「一切の責任は私にある」と言う。

だが、組織を見た岸と宮崎は、アメーバ赤痢と診断する。奈央は、アフリカで慈善活動を行っており、そこで感染したと考えられた。だが、岡崎は「そんなレアケース、予想つくはずがないだろ」と、あくまでも非を認めない。岸は、岡崎副院長に「誤診を行い、誤った治療で患者を苦しめた。すぐにすべきことがあるんじゃないですかね」と、メトロニダゾールの投与が必要であると指摘する。

「誰にそんな口を聞いてるんだ!病理医の分際で…」と岡崎は言うが、岸は「病理医だから言ってるんですよ。あなたが医者である限り、僕の言葉は絶対だ」と言う。

高柴は、宮崎と岸以外に見送りもなく病院を去ろうとする。だが、最後に佐田部長が現れ、恩師に頭を下げる。

高柴は薄く笑い、岸に「僕の気持ちを焚きつけるために、宮崎先生を僕に預けたんですね」と言う。高柴は、画像診断専門のクリニックを開設し、診断を継続するのだった。中熊教授(北大路欣也)は、高柴のクリニックに推薦文を書いていた。

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 全巻セット 1-5巻

価格:3,240円
(2016/2/3 22:52時点)


前話:長瀬智也 主演ドラマ「フラジャイル 第6話」あらすじ・ネタバレ

 - フラジャイル