サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第4話」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/09

簡単なあらすじ

1) 藤堂比奈子(波瑠)は、吉田佐和(中島亜梨沙)とともに、佐藤都夜(佐々木希)によって連れ去られる。比奈子は、都夜を挑発して自分に注意を向けつつ、隠し持ったナイフで反撃する。

2) 都夜へと殺意を向けるが、その現場に東海林泰久(横山裕)と中島保(林遣都)が駆けつけ、都夜を確保する。比奈子は左肩を刺されながらも、無事だった。

3) テレビ局に、「スイッチを押す者」という送り主の名前で、DVDが送りつけられる。そこには、殺人犯・宮原や鮫島らの死に際の映像が入っていた。そして、新たに単なる自殺として処理された精神科医の映像も含まれていた。

4) 東海林は、猟奇自殺した犯人たちが、ハヤサカメンタルクリニックと中島に関連があることを突き止める。そんな中、新たなな事件が発生する。現場では、5年前の少女殺人事件と同様に、口にはキャンディが詰め込まれた遺体と、周囲にその包み紙が散乱している様子が再現されていた。

起:都夜の逮捕

藤堂比奈子(波瑠)は、吉田佐和(中島亜梨沙)とともに、佐藤都夜(佐々木希)によって連れ去られる。都夜は、女性たちの遺体から一部のパーツを切断し、その皮を繋いで完璧な「皮膚のスーツ」を作ろうとしていた。

比奈子の顔を気に入った都夜は、彼女の顔の皮でマスクを作ろうとしていた。比奈子にハサミを突きつけるが、比奈子はナイフを隠し持っていた。

比奈子は、ロープで手を縛られていた。都夜に犯行を自供させながら、ロープをナイフで切っていた。そんな中、都夜はモデルを辞めた原因を、「頭のおかしなストーカーに、硫酸をかけられたの」と明かし、ケロイドだらけの背中を見せる。

都夜は、佐和に手をかけようとしていた。そこで比奈子は、「醜い…あなたは爛れた背中以上に、醜い考えをしている。女性たちの皮を剥いで、完全な自分になれるわけないでしょ」と言う。

激昂した都夜は、比奈子の左肩を断ち切りハサミで刺す。殺意に歪んだ表情を見て、比奈子は「そう、その顔が見たかった」とつぶやく。都夜の頬に傷をつけた比奈子は、ナイフで立ち向かおうとする。

そんな中、中島保(林遣都)と東海林泰久(横山裕)が現れ、東海林は都夜を取り押さえる。比奈子は出血して意識を失ってしまい、救急搬送される。

承:怪物

比奈子は、父親に「あの子は、怪物だ。いつか人を殺す」と言われていた。そんな比奈子を母親は、女手一つで育てたのだった。そのことを、夢の中で比奈子は思い出していた。
比奈子は目覚め、中島に「初めて人を殺すかと思いました」と告白する。そして、機械を分解するのが好きな子であったこと、父の「あの子は、怪物だ。いつか人を殺す」という言葉を言われたことについて語る。石上妙子(原田美枝子)は、病室を訪れて中島と比奈子の仲を疑う。

テレビ局に、「スイッチを押す者」という送り主の名前で、DVDが送りつけられる。そこには、殺人犯・宮原と鮫島の死に際の映像が入っていた。

比奈子は、退院してしばらく休養し、復職する。彼女が戻ると、比奈子と中島が付き合っていると石上が噂を流しており、困惑する。

中島は、都夜逮捕の現場で拾ったナイフを比奈子に返却する。比奈子は、中島に「先生が私に興味があるのは、患者としてですよね?」と訊ねる。中島は、「医師としてというよりは、人としてですね」と言う。比奈子は、「意外でした。私がどのような人間と知り、好意を抱いてくれるのは」と言う。

中島は、「世間に怪物はいないと思っています。犯罪者も、人間なんです。人の罪は、人として裁かれないと」と語る。

中島は、キャンディの掴み取りをする比奈子が、キャンディを落としてしまったことで、記憶がフラッシュバックする。ひどく動揺した様子の中島を見て、比奈子は不思議に思う。

転:神の裁き

テレビ局に送りつけられた映像が、テレビで放送される。番組には、中島の上司でハヤサカメンタルクリニックの院長・早坂雅臣(光石研)が出演していた。「これがもし自然発生した何らかの現象ならば、”神の裁き”とでも言うべきものだ」と発言する。さらに、「凶悪犯罪に対する、抑止力となるでしょう」と言う。

厚田巌夫(渡部篤郎)や比奈子たちは、テレビ局に向かう。封筒を渡され、中には「スイッチは誰にも存在する。公表を妨げるものは、殺人者同様に断罪する」という手紙が同封されていた。

さらに東海林と比奈子は、早坂に話をする。「本当に、神の意志による者による裁きだとお思いですか?」との質問に、早坂は「科学者としてはまずかったかな。ただ、犯罪の減少を望む者としての意見ですよ」と言う。

テレビ局から押収したDVDには、白衣姿の医師が、注射で自殺する映像も存在していた。そこから、宮原や鮫島、大友らが脳の扁桃体に腫瘍が存在していたことが石上らとともに話し合われる。さらに、東京拘置所の監視カメラ映像が流出したことについて、厚田は捜査させる。

中島に「どういうことですか?」と詰問された早坂は、「次の段階に進んだんだよ。今度は、網を広げていくんだ」と、計画が進行しているのだと告げる。

結:再現

映像で自殺していた医師は、世田谷区の精神科医と判明する。強制わいせつの前科があり、患者と裁判沙汰になっていた。さらに、拘置所の監視カメラ映像を流したのは、壬生という刑務官の疑いが濃厚だった。壬生は既に退職し、行方をくらませていた。

東海林は、情報屋から自殺した犯人たちの人間関係の情報を手に入れて驚く。5人とも、ハヤサカメンタルクリニックと中島に関連があったのだった。

そんな中、聞きこみを行っていた東海林と比奈子は、パトカーが急行しているのを見かけ、駆けつける。その現場では、5年前の少女殺人事件と同様に、口にはキャンディが詰め込まれた遺体と、周囲にその包み紙が散乱している様子が再現されていた。

FOD(フジテレビオンデマンド)ならすぐに放送済みエピソードが観られます。

次話:「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第5話」あらすじ・ネタバレ

前話:「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第3話」あらすじ・ネタバレ

 - ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子