サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「検察側の罪人」あらすじ・ネタバレ・結末

   

要約

老夫婦強盗殺人事件が起こり、容疑者として松倉重生(酒向芳)が浮上して東京地検の検事・最上毅(木村拓哉)は驚く。松倉は、23年前の根津で起きた女子中学生殺人事件の容疑者であり、殺害された少女・久住由季は最上検事にとって妹のような存在でった。

松倉は、証拠不十分で逮捕されなかった。その無念を晴らすべく、最上は別件逮捕された松倉を、証拠隠滅・捏造、真犯人である弓岡嗣郎(大倉孝二)を殺害してまで起訴に持ち込もうとする。最上検事に疑問を抱いた部下の沖野啓一郎(二宮和也)は、辞職して松倉の冤罪を証明しようと動き出す。

最上検事が執念を燃やす一方で、松倉は釈放されてしまう。人権派で知られる白川雄馬(山崎努)弁護士のパーティーに参加した後、松倉は交通事故に見せかけられて殺害されるのだった。

沖野は最上検事に対峙し、弓岡を殺害して埋めたという自供を得る。検事として一線を越えてしまった最上を前にし、正義とは何なのかと分からなくなり、混乱した沖野は叫び声を上げるのだった。

あらすじ

東京地検の検事・最上毅(木村拓哉)の下に、教官時代の教え子である沖野啓一郎(二宮和也)が配属されることとなる。最上検事の強い正義感に共鳴し、沖野は検事を志したのだった。

沖野検事は、老夫婦強盗殺人事件を担当することとなった。老夫婦は年金のほかに、アパート貸しの家賃収入を得て生活をしていた。さらに、夫は競馬仲間たちに金貸しをしていたことが明らかとなる。金銭のトラブルが原因と考えられ、その借用書から容疑者が絞り込まれる。その中の一人、松倉重生(酒向芳)の名前を見て、最上検事は驚く。

松倉は、23年前の根津で起きた女子中学生殺人事件の容疑者であった。殺害された少女・久住由季と最上検事は親しく、妹のように思っていた。そのため、松倉が証拠不十分で逮捕されずに時効を迎えたことを悔しく思っていた。

最上検事は、松倉を逮捕・起訴することに執念を燃やしていた。松倉の勤務先であるリサイクルショップでの横領による別件逮捕を行い、取り調べを行う。

松倉は犯行を否認し、さらには事件発生時刻と考えられる時間、中華料理屋で食事をしていたと判明するレシートが出てくる。最上検事は、そのレシートを握りつぶし、証拠隠滅を行うのだった。

一方、犯行を吹聴しているという人物が浮上する。最上検事はそこで、その人物である弓岡嗣郎(大倉孝二)を逃がすといつわり、山中湖近くへと連れて行く。犯人しか知りえない手口を聞き出し、そして凶器である包丁を手に入れる。

最上検事は、ブローカーの諏訪部利成(松重豊)から拳銃を買い、その拳銃で弓岡を射殺し、山中湖近くに埋めるのだった。その後、凶器の包丁を発見した、と匿名で通報して知らせる。包丁を包んだ競馬新聞には、松倉の指紋が付着していた。

だが、弓岡に「見張りを頼まれた」という男が出頭する。松倉ではなく、弓岡こそが真犯人だと考えられた。最上検事の不自然な行動や言動に疑問を覚えた沖野検事は、最上検事に辞職願を渡し、職を辞する。

事務官の橘沙穂(吉高由里子)が検察内部の情報を探り、本を出版しようとしていると明らかになる。そこで、2人で松倉の冤罪を晴らすべく、小田島誠司(八嶋智人)弁護士に相談し、調査を続けるのだった。

松倉は釈放され、人権派で知られる白川雄馬(山崎努)弁護士のパーティーに参加する。だがその後、松倉は諏訪部の手引きにより交通事故に見せかけて殺害されるのだった。

最上検事に誘われ、沖野は彼の別荘へと向かう。そこで沖野は、最上検事に事件の真相について訊ね、弓岡の遺体を埋めたという自供を得るのだった。

最上検事は、学生時代の友人で国会議員の秘書である丹野和樹(平岳大)の日記を見せる。高島議員の贈収賄を示す証拠であった。だが、すでに検事としての一線を越えてしまった最上と、沖野は互いに相容れない存在となっており、二人で巨悪に立ち向かうということはあり得なかった。

沖野は別荘を去るのだが、「正義とは何なのか」と改めて思い、分からなくなった彼は混乱し、叫び声を上げる。最上は、別荘でハーモニカを手にし、ぼんやりと立ち去る沖野の姿を眺めるだけであった。

 - 邦画