サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「マスマティックな夕暮れ」(世にも奇妙な物語 第527話)あらすじ・ネタバレ・結末

   

真面目な女子高生・凛子(玉城ティナ)は、不良グループに「同心円ってなんだ?教えろ」と絡まれる。「中心が同じで、半径が異なる円」と凛子は教える。なぜ不良たちがそのようなものを描きたがっているのか凛子は不思議に思う。

彼らのリーダーである隆(やべきょうすけ)が事故死してしまい、「黒魔術」の本を拾ったこともあり、「死者蘇生の方法」を試してみようとするのだった。だが、書かれている内容が不良少年たちには分からなかった。

そこで凛子は、魔法陣の描き方を教える。さらには、黒魔術の本には、つるかめ算や水溶液の濃度計算、植木算などの算数・数学の知識が必要であると判明する。凛子は、「一緒に勉強をしましょう」と誘う。

数学が身につくにつれ、彼らは次第に無茶をしないようになった。さらには、文哉(ジェシー)は凛子に告白し、2人は付き合うようになる。また、教師から大学を目指すように勧められる。

凛子も儀式に参加し、元不良グループはいよいよ黒魔術を実行に移す。隆がその場に現れ、蘇る。だが、隆と仲間たちには大きな隔たりができており、凛子は「二度と交わらない夕暮れの漸近線」と思う。その直後、新たな不良から「仲間が鉄パイプで殴られて、意識が戻らない。お前、勉強得意だよな?」と言われる。その黒魔術書は、漢文で書かれていた。

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
演出:紙谷楓

 - 世にも奇妙な物語