サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

ドラマ「下町ロケット ゴースト 第5話」あらすじ・ネタバレ・結末

   

ギアゴーストは、ケーマシナリーとの裁判が近づいていた。だが、決定的な証拠がなく、神谷修一弁護士も決定打を探していた。そんな中、佃製作所の佃航平は、「証拠がないなら、新たな証拠を出してもらえばいいのではないか」と思いつく。

ギアゴーストの顧問弁護士・末長孝明が、ケーマシナリーの顧問弁護士・中川京一と結託しており、内部情報を不正流出させたと明らかにすることを目的とし、末長弁護士に「自供」させることはできないか、と佃は提案する。

その方法とは、ギアゴーストの伊丹大社長・島津裕に末長弁護士と会いに行かせ、そこで末長と中川の親密な関係を明らかとする記事を目の当たりにさせるというものだった。慌てた末長は中川に電話をさせ、結果、末長は中川に「情報漏えいの件、発覚しないようにくれぐれしてくれ」と依頼するのだった。

島津はバッグをわざと忘れ、中に忍ばせたICレコーダーで会話を録音していた。その録音内容を神谷弁護士は末長に提示し、中川との関係について認めさせたのだった。その証拠が法廷で明らかとされ、結果、中川と末長は不正競争防止法により逮捕されたのだった。

ギアゴーストととの関係を密にできると考えていた佃だったが、事態は思わぬ方に進んでいく。伊丹は、ダイダロスの重田登志行社長に呼び出される。そこで伊丹は、「君の提出した改革案を徹底的に酷評し、総務部へと左遷したのは的場だ」と明かされる。的場のことを信じていた伊丹は、激しい怒りに駆られ、ダイダロスとの資本提携を結ぶのだった。

伊丹のこうした行動に、島津は「ついていけない」と言い、ギアゴーストを退社したのだという。伊丹の裏切りに、佃は苦虫を噛み潰したような表情を浮かべるのだった。

一方、ヤタガラス打ち上げに成功した後、財前道生はロケット開発部門から退く。その異動により、喪失感を抱いていた財前であったが、佃に誘われた稲刈りにより、農業の実情を知り、農業における開発に次なる目標を定めるのだった。

また、殿村はギアゴーストの裁判が勝利に終わり、一人、佃製作所を去る。その去り際、人知れず立ち去ろうとするのだが、佃らにより出迎えられ、ともに裁判の祝勝会へと参加するのだった。

関連記事

ドラマ「下町ロケット ゴースト 第4話」あらすじ・ネタバレ・結末

池井戸潤「下町ロケット 1・ヤタガラス・ガウディ計画・ゴースト・ヤタガラス」までのあらすじまとめ

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」あらすじ・ネタバレ・結末

池井戸潤「下町ロケット ヤタガラス」あらすじ・ネタバレ・結末

 - 下町ロケット