世にも奇妙な物語 20夏の特別編「配信者」あらすじ・ネタバレ・結末

テレビ局のAD赤城良太(白洲迅)は、ロケで疲れて帰ってくるも、残業を指示されてしまう。憂さ晴らしに赤城は、局内にも関わらずPCでネット配信を始めてしまう。

なかなか視聴者数が増えず、「バズりてぇなぁ」とつぶやくと、そこに「バズるネタ、教えてあげようか」というリンクつきのコメントが送られてくる。それをクリックすると別の配信者の画面へと切り替わる。

局の駐車場から始まり、その配信者は警備員を刺殺した後、自分のいる編成局までやってくる。赤城はデスク下に隠れていたのだが、視聴者の「机の下に隠れた」というコメントで見つかってしまう。

逃げ惑い、エレベーターに間一髪乗り込み、地下駐車場の車までたどり着く。エンジンをかけようとするもかからず、配信者に消火器で窓を破られようとしてしまう。だが、視聴者の「通報します」というコメントで配信者は退散する。

だがその直後、「やっぱり通報やめます。続きが気になる」とのコメントが書き込まれ、車内に配信者がいる映像になる。視聴者数1万人を超え、「バズってよかったね」の配信者の一言の後、ナイフは赤城の方へと向けられる。



世にも奇妙な物語

本日の人気記事

人気記事