サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

真田丸 第32話「応酬」あらすじ・ネタバレ

      2016/08/21

簡単なあらすじ

1) 石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)が激しく対立。三成は、真田昌幸(草刈正雄)に家康暗殺を依頼するが、失敗に終わる。

2) 家康は、有力大名をたちを宴に招き、次々と自陣へと大名たちを引き込む。伊達政宗や加藤清正らと、婚儀を用いて関係性を強固なものとしていた。だが、それは秀吉の遺言である「五奉行の総意で決めていく」という意思に反していた。

3) 三成は、五奉行から家康を外そうとする。だが、家康は「婚儀は、五奉行に伺いを立てる必要があると、忘れておった」ととぼける。他の五奉行も、家康を恐れて糾弾することができない。三成はついに「五奉行から外れていただく」と声を上げる。だが、家康は「それこそ、殿下のご意向に背くこと。五奉行で全てを決定していくというのに、そのようなことを口にするとは」と言い、三成は反論することができない。

4) 家康と三成との関係の亀裂が決定的なものとなり、三成は一晩の熟考の後、「家康に夜討ちをかけて、首をとる」と信繁に宣言する。

詳細なあらすじ

石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)が激しく対立し、三成は真田昌幸(草刈正雄)に家康暗殺を依頼。昌幸は、出浦昌相(寺島進)に暗殺を命じるも、失敗に終わる。昌幸は、再び乱世に戻し、武田信玄の領地を取り戻したいと願っていたのだった。

そんな中、豊臣秀吉(小日向文世)が亡くなる。茶々(竹内結子)は、「一緒にいたところで蘇るわけではない」と言う。三成は、「殿下が亡くなったことは、しばらく伏せておく」と信繁(堺雅人)は言う。秀吉の遺体は、瓶(かめ)の中で塩漬けにし、蔵に安置されることになった。

信繁は、三成に家康の暗殺について話すが、三成は素知らぬ顔をしていた。さらに、秀頼の馬廻りに命じることもできる、と言われるが信繁は三成のもとで働きたい、と願い出る。三成は、「私はほとんど間違えないが、ごく稀に間違えることがある。その時は教えてくれ」と言う。

三成は、家康に対抗するため、前田大納言利家に力添えを頼む。だが、彼は病床に臥せっており、先は長くなかった。そんな中、五奉行が行われ、朝鮮出兵からの引き上げなどについて、家康を含む老衆に確認がとられる。秀吉亡き後、五奉行の確認をいちいちとらねばならぬことに三成は頭を悩ませていた。

家康は、秀忠(星野源)を江戸に戻す。そのことについて、昌幸は「信長の二の舞いを避けた。信長は、息子ともども討たれ、徳川は滅んでしまう。だから、江戸に返したのじゃ」と信繁たちに理由を説明する。

秀吉が亡くなったことは伏せられていたが、既に周知の事実となっていた。だが、三成は「朝鮮から兵が全て引き上げてからです」と、葬儀の時期について話す。

家康は、有力大名をたちを招いて宴を開いていた。そんな中、伊達政宗は「すでに殿下は亡くなっているとの噂を聞きましたが」と言うが、信幸(大泉洋)は噂について明言を避ける。家康側の宴が盛り上がる中、三成も対抗して宴を開くが、出席した大名たちは少なく、寂しいものとなっていた

きり(長澤まさみ)は、キリシタンになりたいと細川ガラシャに相談する。だが、「キリシタンとなり、犠牲となった者たちもいます。そのような目に遭う覚悟はありますか?」と問われ、きりは二の足を踏む。

三成は、朝鮮から戻った加藤清正(新井浩文)に、「これから、我らで秀頼様をお支えする」と言う。三成は、宴を中座したことで、清正に「お前のそういうところが気に食わんのだ」と言われてしまう。

伊達政宗様の娘と、松平忠輝(家康の六男)の婚姻が決まったことについて、五奉行の許可なく話を進めたことを、信繁は家康に問いただす。だが、家康は「遺言は本人が亡くなってはじめて効力を発する。殿下はまだ亡くなっていないのではなかったか?」と言う。

さらに、清正も家康側に傾く。三成は、家康を五奉行から外そうとする。だが、大谷吉継(片岡愛之助)は「今、家康を外しては、政(まつりごと)が立ち行かん」と諌める。

吉継は、あくまで五奉行の話し合いの場で決着をつけようとする。評定の場で家康は「婚儀は、五奉行に伺いを立てる必要があると、忘れておった」ととぼける。上杉景勝(遠藤憲一)を巻き込もうとするが、上杉は家康を恐れ、声を上げることができない。

五奉行が家康に異論を唱えることができず、三成はついに「五奉行から外れていただく」と声を上げる。だが、家康は「それこそ、殿下のご意向に背くこと。五奉行で全てを決定していくというのに、そのようなことを口にするとは」と言い、三成は反論することができない。

さらに、家康は三成に「儂を追い出し、それほど政(まつりごと)を独り占めしたいか」と、三成の腹積もりについて指摘し、家康と三成の亀裂は決定的なものとなる。三成は一晩の熟考の後、「家康に夜討ちをかけて、首をとる」と信繁に宣言する。

U-NEXTならすぐに放送済みエピソード、過去の大河作品が観られます。

次話:真田丸 第33話「動乱」あらすじ・ネタバレ

前話:真田丸 第31話「終焉」あらすじ・ネタバレ

 - 真田丸