サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「嘘の戦争 第10話 最終回」あらすじ・ネタバレ

   

簡単なあらすじ

1) 一ノ瀬浩一(草彅剛)は、二科興三(市村正親)により警察に追われる身となってしまう。逃げ出して身を潜めた浩一は、三瓶守(大杉漣)に声をかけられる。三瓶は、浩一の父に殺されたOLの解剖所見を託された、と明かす。そこで、浩一は三瓶に協力してもらい、「具体的な証拠」が現れたように見せかける。

2) 浩一は、手術支援ロボットの設計図と引き換えに、興三と隆を警察による尾行がない状態で直接話をしよう、と持ちかける。海辺の家で、浩一は近くの小屋に楓(山本美月)を監禁しているかのように見せかけ、興三に「罪を認め、謝罪しろ」と迫る。

3) 興三は拒否していたが、楓のいる小屋を爆破する、と言って脅され、ついには謝罪する。だが、小屋が爆破されると、楓が死亡したと思い、興三は泣き叫ぶ。ところが、楓は死んではおらず、時間差の映像を流すというトリックで騙していたのだった。

4) 浩一は、晃(安田顕)に協力してもらい、刺されて崖から落ちたかのように見せかけて姿を消す。その後、約束通り手術支援ロボットの設計図データを隆に返す。浩一は、十倉ハルカ(水原希子)の前から姿を消すが、ハルカはタイにいる浩一を探しに行くのだった。

詳細なあらすじ

一ノ瀬浩一(草彅剛)は、二科興三(市村正親)により警察に追われる身となってしまう。逃げ出して身を潜めた浩一は、三瓶守(大杉漣)に声をかけられる。三瓶は、浩一の父に殺されたOLの解剖所見を託された、と明かす。

浩一は、六車の発言から、「託された証拠」が何なのか、具体的なことは分かっていないと推理する。そこで、浩一は「解剖所見ではなく、もっと具体的な証拠であると思わせればいい」と言い、三瓶は浩一に「協力させてください」と言う。

ニシナコーポレーションは、銀行からの借入金の一括返済は免れた。さらに、手術支援ロボットは株主に好印象だと興三たちは安心する。そんな中、隆(藤木直人)に浩一から電話がかかってくる。「新たな証拠と、証人がみつかった」と浩一は言う。

隆は、興三に「六車に手を出させないでください」と言う。だが、興三は「始末させろ」と言う。六車は、三瓶を拘束していた。そんな中、隆は八尋カズキ(菊池風磨)が手術支援ロボットのデータを盗み出したことに気づく。

浩一は、カズキを問いただし、「最後に手を貸せ」と言う。その後、養護施設に向かうと、そこには百田ユウジ(マギー)から「隠れ家」を聞いた刑事たちが張っていた。

六車は、三瓶に拳銃を向ける。そんな中、刑事たちは六車を包囲して、逮捕する。浩一は、百田に言って、警察官を誘導したのだった。浩一は去り際、三瓶に頭を下げる。

隆は、「復讐なんか、別の恨みと悲劇を生み出すだけだ」と言う。だが、浩一は「二科興三の謝罪と父の名誉回復、30年前の真実公表」を求めるのだった。隆は、「父は謝らない。そういう人なんだ」と言う。

だが、浩一は興三の謝罪をなおも求め、設計データを返す代わりに、隆と興三と直接会って話をする約束を取り付ける。

浩一は、楓の前に現れる。楓に「今夜で全部終わりにする。お父さんを説得してくれないかな」と願い出る。浩一は、「人を憎み続けるなんて疲れる。だから、終わりにしたい。終わったら、二科家の前から姿を消す」と言う。

楓は、「何があっても浩一さんを受け入れる、許すって言ったのに…私も嘘つきだね」と言う。だが、浩一は「あれだけ騙したんだ。怒って、憎んでくれた方がずっと楽だ」と言う。

カズキは、携帯電話を預かった上で、隆と興三を迎えに行く。クルマに乗る2人を、ひそかに晃(安田顕)が見ており、「俺が片を付けないと…」とつぶやく。

海辺の家に、隆たちは連れてこられる。家の中には、カメラが用意され、浩一はネット中継で興三に「30年前の真実を語り、家族に謝れ」と迫る。

興三は、「断る」と言う。そこで、ハルカが楓を拉致・監禁しているかのような映像を流す。「お前の一番大切なものだから…小屋には爆薬が仕掛けられている。このスイッチを入れれば、小屋は燃え上がる」と言う。

楓は、カメラを通じて「私は大丈夫…30年前のことを謝って欲しいの」と言う。

興三は、カメラの前で「私の部下が3人を殺した」と発言する。だが、「部下が勝手にやったことだ。私は知らん。警察が見逃したことだ」と言う。

興三は、「もういいだろう。卑怯なことをしおって。…お前の父親が事実を隠蔽しなかったのも、本当に正義感からか?カネがもっと欲しかったんじゃないのか?名誉が欲しかったんじゃないのか?」と言う。

浩一は、起爆スイッチに手をかける。ハルカも「やめさせて」と言う。興三は、「私が悪かった…」と罪を認める。だが、浩一は「今更遅いよ…お前みたいなウソついが大嫌いなんだ」と言う。

浩一はスイッチを押し、小屋は炎上する。ハルカは、「なんで殺すの?なんでよ…」と泣き崩れる。興三も、「楓!」と名を叫び続ける。浩一は、「あんたが殺したんだ…あんたは、俺に同じことをしたんだ。大切な人を目の前で殺し、手も足も出ない。夢の中で今度こそ助けようとするのに、助けることはできない」と言い放つ。

泣き叫ぶ興三に、浩一は「あんたでも泣いたりするんだな。これが俺が30年前に味わった地獄だよ」と言う。

立ち去る浩一を、隆は追いかける。だが、そこで浩一は「楓は生きてる。簡単なトリックだ。楓の映像は、1時間前の映像だ。あの小屋には、もう誰もいなかった」と明かす。楓は、電話越しに「心配かけてごめん」と謝罪する。

隆は、「やられたよ。まんまと騙された」と言う。だが、そこにパトカーがやってくる。秘書の七尾が会長に命じられて警察に通報したのだった。

追い詰められた浩一を、晃がナイフで刺す。腹部にナイフが刺さったまま、浩一は崖下に落下していった。晃は、殺人未遂の現行犯で逮捕される。「俺が片を付けるしかないんだ」と晃は言い残して、隆の前から連行されていった。

一週間後、隆は楓とともに晃に面会しに行く。浩一の遺体は発見されていない、と隆は報告する。

隆は、「いつから組んでた?アイツと…」と言う。晃は、浩一に「俺にまだ借りがあるだろ」と言っていた。「俺を殺してくれないか」と浩一は提案していたのだった。浩一は、腹に雑誌と血糊を仕込んでおり、刺されたかのように見せかけたのだった。

隆は、楓に「アイツは生きてる」と言う。そして、晃に「なんでこんなバカなことを…」と言う。だが、晃は「30年前の罪はもう償えない。だから、ウソの罪を償う…それに、身の安全が確保されたら、警察に連絡してくれるって」と言う。

興三は、マスコミに追われていた。一方、百田は手術支援ロボットの設計図を売ろうとしていた。だが、そのデータは既に偽物とすり替えられていた。

ハルカは、三瓶のもとを訪れる。すると、浩一は既に引き払っていると、ハルカに伝える。すでに電話番号も変えられており、ハルカは「ヒドイよ」とつぶやく。だが、三瓶は「きっといつか戻ってくるよ」と言う。

浩一は、空港に隆を呼び出していた。そこで、浩一は手術支援ロボットの設計図を返す。隆は、「そうやってつきつづけるのか?嫌いなウソを」と浩一に言うが、浩一は「あんたも一緒だろ。家族に言えるのか?30年前に何があったのか、どんなことが今回、起きたのか…ウソをつかない人間なんかいない。だが、ウソをつき続けていたら一つぐらい本当になるかもな…一ノ瀬浩一という、復讐に囚われ続けた男は消え、別の人間になれる」と言う。

隆に「パスポートの名前は?」と問われた浩一は、「内緒だよ」と言う。

百田は、「俺がボートで海に落ちた浩一を助けたんだよ」と恨み言を言う。USBメモリをすり替えたのは、カズキだった。

バーのオウムは、「チャオプラヤー」と言う。浩一が教えたと考えるハルカは、浩一がタイにいるのではないか、と思う。そして、そのままタイへと浩一を探しに向かう。一方、浩一は、再びタイでカモに声をかけていた。

フジテレビオンデマンドならすぐに放送済みエピソードが観られます。

前話:「嘘の戦争 第9話」あらすじ・ネタバレ

 - 嘘の戦争